">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 当サイトについて > FC2ブログのInstagram連携機能を試してみた 前編
2016/10/12 Wed 23:20 ブログ | ブログ | 当サイトについて

FC2ブログにInstagram連携機能なんてものがあるのか!


昨日、友人2人とFC2ブログの仕様について色々と話していた時に、管理画面を見て初めて気づきました。
いつの間にか「Instagram連携 ON/OFF」なんて設定項目が増えているではないか!
insta.jpg

私は現在はブログの設定などはほとんど変更することなく、記事だけを積み重ねる感じで使用しています。
有料プランにしてスマホ広告も完全非表示にしていますので、新着記事の閲覧だけであればスマホから見た方が便利かも。
FC2ブログ長年の課題である「スマホ版でユーザータグの使用(検索・絞り込み等)が不可能」という問題がありますから、
サイトを掘り進むにはPC版からの方が圧倒的に便利、ではあります。これは余談。

そんなわけでとにかく最近は「ブログ設定」をいじらなかったものですから、
Instagram連携なる機能が増えていることにまったく気付きませんでした。


「Instagram」とは何か


Instagram(インスタグラム)とは、写真投稿を主体としたSNSです。
「SNSとは何か」は端折ります(笑)一言で表しますと「写真版Twitter」とでも言うべきか。
もちろんTwitterとも色々な面で異なる部分があります。
Instagram


私は今までInstagramを全く活用してこなかった


このInstagram、私はずいぶん前に登録して、当初はちょぼちょぼ使いましたが、現在はほとんどさっぱり活用できていません。
登録最初期に投稿した写真です。むしゅめが銀座を歩く様子。まだばぶばぶ言ってますやん
2010年12月ですって。6年前か!

ひとりで銀ブラ。

てーあいさん(@tilandmark)が投稿した写真 -



活用しなかった理由は要するに「私にInstagramの良さを理解する力が無かった」からであります。
その上で思ったことを率直に書きますと、
・画像の表示が遅い…これはTwitter上でInstagramの投稿を開くたびに感じます。
・よっぽど積極性を持っていないと、フォロー・フォロワーが広がらない…私は基本的に「後ろ向きな使い方」しかしませんので。
あと、Twitterで言うところの「リツイート」に相当する機能が無いのだそうですね。
だから「拡散性はTwitterに劣る」と。なるほど。
その穴を埋めるが如く、ハッシュタグ文化が発達したそうです。
自分の投稿の存在を知ってもらうために、とにかく何でもかんでもハッシュタグを付けまくる、というのがセオリーらしい。
そのあたりの感覚はTwitterとはちょっと違うように思いますね。
Twitterは文字数の兼ね合いで、併記できるハッシュタグの量にも限りがありますから。

今後はInstagramをどしどし活用しよう!


そんな折、こういう記事を読ませていただく機会がありました。
主要SNSのユーザー数推移です。
【最新版】2016年7月更新。11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

この記事によりますと、Instagramの国内アクティブユーザー数が2016年9月の段階で約1200万人とな。
Twitterが約3500万人とありますので、1/3程度の規模ということになります。
が、この一文に目が止まりました。

「10代20代を中心とした女性の日常生活の一部と化している!」




「10代20代を中心とした女性の日常生活の一部と化している!」






「10代20代を中心とした女性の日常生活の一部と化している!」

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
俺の70-200もガチピン写真館

というわけで、私も遅まきながら投稿を充実させていきコミュニケーションを図り、
以てInstagramの、ひいては日本の写真文化の深化と発展にささやかながらも貢献させていただくべく、
準備を始めようと決心したのでありました。


FC2ブログにおける「Instagram連携」とは


さて、そんな風にニワカにマイブームになるかもしれないInstagramですが、
正直申しまして「FC2ブログとの連携」ということを知らなければ、そのまま放ったらかしにしていたであろうことは疑いありません。
せっかく(今更ながら)見つけた連携機能ですので、活用するとしたらどのような形になるのか。

咄嗟に思いついたのは、「Instagramの投稿という形で、そのまま引っ張ってきて掲載する」ということ。
上に載せたむしゅめのばぶばぶ銀ブラ写真がその典型ですよね。
比較対象にするために、ええい、もうひとつ載っけておけ!

test2

てーあいさん(@tilandmark)が投稿した写真 -




しかし、上のフクロウツイート、じゃないや、フクロウインスタは「FC2ブログによるInstagram連携機能」ではありません。
Instagram側の「ウェブサイトへの埋め込みタグ」生成機能を用いて貼り付けたものであります。
FC2ブログの「Instagram連携機能」とは、具体的にはこういう見た目になります。


記事投稿画面に「Instagramから画像を引っ張ってくるボタン」があり、それを押すと、紐付けたInstagramアカウントの画像がずらりと表示され「さあどれを選ぶ?」となる。
選んだ画像はサイズをカスタマイズでき、当ブログで言えばこのように表示させることができる。
それが「FC2ブログにおけるInstagram連携機能」であります。
こういった感じですね。
印象としましては「ブログ掲載写真の置き場所」として使えるのではないか、という感じです。
insta2.jpg
分かりやすいっちゃあ分かりやすいですし、使いやすいな、とも思いました。

現在当ブログの写真の多くは「Flickr」からの埋め込みという形で掲載しています。
それをInstagramに切り替えることができる!というほどの価値があるか。
私個人的な興味は、そこですね。
Flickrのインターフェイスに慣れたということもありますし、それをやめてまでInstagramに入れ込む価値があるかどうか。

今回はこの辺で


Instargramネタというわけですが、まあ、今更ですよね。
世間ではとっくに流行っていて、私はジェットコースターに乗り遅れたモッサリ一般大衆であるに過ぎない。
今どきの若い女の子は、ラーメン屋を探すにもGoogleではなくInstagramの検索機能を使うとかいうではありませんか。
んなアホな、と思いつつ横目でにらんではいましたが、このような形で記事にすることになるとは思わなかった(笑
まあ、ロートルなおっさんの戯言と思ってご笑覧いただければ幸いです。

次回は後編です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1558-0ff075d5