">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「新橋~上野 中央通り全線踏破」その3 京橋から日本橋に至る
2016/09/06 Tue 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
中央通り全線踏破


ソニー「α7II」を持って、新橋から上野まで、中央通りを歩きました

前々回・前回に続き「中央通り全線踏破」シリーズを続けてまいります。 新橋からスタートして銀座をひたすら上がっていく。前回の記事ではアップルストアぐらいまでの写真を掲載しましたっけね。 今回はその先、京橋あたりから始めてまいります。

東京都通称道路名検討委員会

ところでこの記事で、いや、世間的に「中央通り」と、当たり前にあるかのように名前を呼んでいますけれども、 そもそも国道や都道は「国道○○○号線」みたいに数字がついているもので、 例えばここまで、新橋から銀座まで歩いてきた「中央通り」と呼ばれている道は、言うまでもなく国道15号線、であります。 では、中央通りというのは単なる俗称なのか?というと実はそうではなく、東京都のお墨付きがあるのです。 「東京都通称道路名検討委員会」という存在が、それです。
東京都通称道路名検討委員会
この謎の組織は、国道や都道に通称を設けて利用しやすいように、また、観光誘致などで有利になるように、 もちろん災害時に用いることでより分かりやすいように。 そのような様々な思惑が重なり、道路法にある「路線名=本来のルート」とは別に、 一般人に分かりやすい通称を定めよう、ということになったようです。
道路法
で、そこで定められ、公に発表されたのが「東京通称道路名」であります。 これは報道機関などでも用いられる名称であり(てか、それを意図したものだ)、 鉄道でいうところの「京浜東北線」「湘南新宿ライン」などに近いもの、と言えます。
東京都通称道路名~道路のわかりやすく親しみやすい名称~
東京通称道路名は全部で171あるらしく、それぞれに「整理番号」がついています。 これは眺めているだけで結構面白いので、興味ある方はご覧になってみてください。 東京在住の皆様、ご自宅の近所を走る道路が「あんなに先まで続いていたのか!」みたいな発見があるかもしれません。
で、「東京通称道路名整理番号6番・中央通り」は、港区新橋一丁目から台東区上野六丁目に至る、と規定されているわけです。 長々と書いてきましたが、この企画の根拠をつまびらかにさせていただきました(笑

銀座の賑やかさから一転して

さて本編です。 銀座の華やかな明かりから一変して、京橋エリアに入りますと雰囲気がおとなしくなります。 特に夜撮りですから露骨に違いが出ますね。 京橋が基本的にビジネス街であることが大きな理由だと思います。 DSC06309 そんな中でも商業施設というか一般人でも利用しやすい建物が、いくつか立っています。 こちら、銀座線京橋駅直上「東京スクエアガーデン」もそのひとつだと言えます。 アウトドアショップ「モンベル」のドデカイ店舗が入居しており、目を引きます。 DSC06310 更に進むと見えてきますのが「京橋明治屋」です。 昭和初期に竣工し、戦災を逃れた貴重なビルであります。 DSC06314 明治屋も含めた周辺エリアは現在再開発のまっただ中でして、 工事中の仮囲いがずっと張られています。 雰囲気的には近隣のスクエアガーデンに近いものを感じますので、 京橋全体をこういう雰囲気にしたいということなのかもしれません。 DSC06316
京橋二丁目西地区市街地再開発組合
中央通りから横を向いてみます。 東京駅方向です。この道をずっと進みますと、八重洲ブックセンターあたりに出ます。 DSC06319 しばらく歩きますと、大きな通りと交差します。八重洲通りです。 東京駅八重洲口からまっすぐ一直線に伸びる通りの、中央分離帯にある時計台広場(?)から、 東京駅方面を眺めてみます。 DSC06325 この八重洲通りは、高速バスの乗降場としても知られています。 通り沿いに降りたバス利用者がスーツケースをコロコロしながら東京駅を目指す、みたいな風景が日常になっています。 新宿駅で言うところの「バスタ新宿」のような存在ですね。 バスタといえば、ニューおまん。 ニューおまん
NEWoMan

今回はこの辺で

というわけで、新橋から始まったこの徒歩行脚も、東京駅至近のところまでたどり着いたことになります。 まだ半分も行ってない(笑)のですが、疲れてきましたのでここらから写真が急速にしょぼくなっていきます。 え?もとからショボいだと?否定はしませんよ(笑 次回はこの先、日本橋エリアに進んでいくことになります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC06320
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1541-3ea08d13