">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「新橋~上野 中央通り全線踏破」その2 銀座4丁目から京橋に至る
2016/09/05 Mon 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
thumb.jpg


ソニー「α7II」を持って、新橋から上野まで、中央通りを歩きました

前回に続き「中央通り全線踏破」シリーズとなります。 中央通りとは新橋駅から上野に至る都心の大動脈であり、 銀座や秋葉原の歩行者天国やってる道のことですよ、と申しますと、ご存知の方にはたいてい伝わります。 その全線に渡って、地下を東京メトロ銀座線が走っており、 また、銀座線は東京で最初の地下鉄路線ということもあって浅いところに路線がありますので利用しやすい、 駅間距離も短いですので、中央通り沿いでちょっと離れたところへ移動しようと思った場合、躊躇なく銀座線を利用できます。 そんな交通利便性の高い道を徒歩で歩き切ろうという今回の企画、 思いついてから実行まで2年ほど温めたな(笑 ともあれ今回は銀座界隈となります。 え?いつもと同じだって?まあねー

銀座通りは光が多い

当ブログの特徴と言っていいかな、そのひとつに「夜の街撮り」というのがあります。 夜に街の風景を撮る、となりますと、そこではそれなりに光量=照明の数、が必要になってきます。 明かりが多いほど、夜景に向いたシーンである。 …これを書いてしまうと「新・日本三大夜景」を肯定するように聞こえてしまうので困りますが。 昨年のことですが、日本三大夜景(従来は北から順に函館・神戸・長崎)が新・日本三大夜景(北から順に札幌・神戸・長崎)になった、というネット記事が流れて、 主に私の逆鱗に触れるという事件がありました(笑 要するに函館が札幌に置き換わったんですがその理由が「札幌の方が光量が多いから」だそうで。 んなアホな。光量の多寡で決まるなら日本三大夜景は首尾一貫「東京・名古屋・大阪」で動かない、 いやもっと言えば東京独占でファイナルアンサーだろ、と。良いとこいっぱい知ってるよ。 確かに夜景の美しさは光量が第一だとは思うが、それが全てではない。 地形とか標高とか、もっと言えば歴史なんかも加味して考え、また、これまでの世評が何よりの証左ではないのか、と。 そんなことも分からない人物が審査員をやって(以下略 そんな話を漠然と思い出しましたが別に私は札幌を嫌っているわけではございません。むしろ好きな方ですよ。 日本三大夜景なんて今更担ぎ出そうという動きがあるから敢えて書いているわけであります。 ともあれ本編に戻ります。 夜景のキモは光量である。 その理屈を適用するとするならば、本シリーズの最大の山場はこの記事であるに違いない、なのです! DSC06291 銀座4丁目交差点、和光ビルのショーウィンドウです。 初代ゴジラが時計台を叩き壊したことでも知られるビルで、 これはWikipediaで知ったことですが後に和光は激怒、ゴジラNGを出したそうですが、 大ヒットしている某映画では無事吹き飛ばされていたはずですので東宝とは関係修復したのかなと。 和光も東宝も銀座を盛り立てるいわば「戦友」とでも言うべき存在ですので、そこらは上手くやってちょうだいよまじで。 DSC06294 そんなことをつらつら思いつつ歩いていた銀座通り、もとい、中央通りですが、 私が到達した時刻が19時近くでした。平日のこの時間帯は銀座のピークタイムとも言えます。 DSC06284 これはもう、正直に申し上げる。この頃はまだ疲れていませんでした。 疲れていなかったので、このようにショーウィンドウに目を向ける余裕があったのです(笑 DSC06288 疲れていなかったので、レンズを取り替える余裕もありました。 Batis 1.8/85をつけていた時にたまたま前を向いて撮ったのがこちらです。 広角21mmなんかでは撮れない写真、ではありますね。 DSC06282 銀座といえばこちら、木村屋さんです。 アンパン一筋、アンパーンチ。 明治初期にアンパンを開発し明治天皇に献上した、という立志伝が「その時歴史が動いた」でも採り上げられていた、はず。 有明の新市場予定地のご近所に本社工場があることは以前に当ブログでも記事にした記憶があります。 DSC06300 もうひとつ、馴染みの銀座風景といえばこちら、アップルストアですね。 以前は正月などに通りがかると徹夜の行列なんかができていたものですが、最近は行政指導があったのか見かけません。 私がほぼアンドロイドに移行したからだとは思いますが、個人的にはちょっと縁遠くなりました。 DSC06301

今回はこの辺で

と、こんな感じで銀座通り、もとい、中央通りをひたすら北へ向かって歩いて行ったのであります。 銀座界隈についてはこれまで写真にしてきたので今更感が強かったのか、ちょっと素通りしてしまいました。 次回はこの先、京橋方面に抜けていくことになります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1540-14467ad3