">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その5 八重洲口試し撮り

「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」で久々の東京駅

パナソニックから先日発売されたマイクロフォーサーズ用ライカブランド大口径広角単焦点レンズ、 「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」関連エントリです。 本格的にどしどし撮っていきますよ!(笑 私個人的にはものすごく久し振りの東京駅夜撮りであります。 P1020561.jpg
LEICA DG SUMMILUX 12mm|交換レンズ|デジタルカメラ(交換レンズ)|Panasonic

八重洲口を歩いた

当ブログにとってド定番の撮影スポット、東京駅。 しかしここ数ヶ月、記事になる機会は極端に減っておりました。 実は東京駅へ行く頻度は全然下がっていなかったことは書いておきたい。 カメラを取り出す気が起こらなかっただけでして、むしろそれが問題なのかもとは思いますが、 とにかくこの記事をもって平常運転!と行きたいところであります。 P1020560 行ったのは21時前後だったと思います。この時間帯になりますと八重洲口は人が少なくなります。 もちろんバスターミナルには行列が出来ているんですけど、それ以外の部分は比較的閑散とするのです。 P1020567 グランルーフの定番スポットから見下ろして撮ってみました。 八重洲口というと、ここから見る景色が私としては定番ですね。 P1020572 八重洲口も再開発が進んでおりまして、新しいビルが色々建っているのです。 こちらは鉄鋼ビルディング、南館だそうです。 上層階は富裕ビジネスマン&外国人観光客のためのウィークリーマンション、上級国民用語で「サービスアパートメント」とか言うそうですが、 とにかくそういう豪勢な建物が、このビルに限らずどんどこどんどこ建てられているのでありました。 P1020579
日本 | サービスアパートメント と コーポレートハウジング| オークウッド アジア
でもって、そんな金持ち向けリッチゾーンが並ぶすぐ近くで、このような庶民的なちょうちん居酒屋が賑やかに営業している。 その「ごった煮感」が八重洲口の魅力、なのであります。 P1020582

今回はこの辺で

とまあそんなこんなで、八重洲口を歩いていたのでありました。 レンズの話を少ししますと、最近私は換算14mmとかいう超々広角も多用しているものですから、このレンズの持つ「換算24mm」という画角を少々狭く感じてしまいます。 もちろんこれはレンズに対する不満ではありません。私の目が広角慣れしてしまっていることが問題なのであります。 あとこれは主観ですが、このレンズはちょっとソフトな写りをする印象ですね。 パナソニックのボディは「とにかくカリカリに仕上げよう」という思想があるのでは、と勝手に思っておりますが、 そのパナソニックボディをもってしても、このレンズで撮ったものは何となくソフトというか優しいというか、そんな気がするのです。 まあ、こんな感想なんて使っていけばゴロゴロ変わっていくわけですからここで決め打ちするつもりも無いんですけど(笑 次回も「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」について触れてまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1020568
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1523-c32e1e36