">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > α・PEN所有者として、現時点のソニーNEXが買いかどうか考える
2010/05/26 Wed 04:44 日記・時事・業界
Twitterに掲載した文章をつなぎあわせてちょっと加工して本エントリにしています。
なので、文章が相当淡白です
m(_ _)m

先日、銀座ソニービルへ、発売直前となっている「ソニーα NEX」の展示を見に行ってきました。
画像持ち帰り厳禁とはいえ触らせてもらえるので楽しみにしていましたが、
「NEX」、実際にいじってみると欲しくなりますね。
購入検討中であります。

このエントリは、
ITmedia-デジタル処理は再現性から 作品性へ―オリンパス
http://bit.ly/cgumHl
という記事に触発されて書き始めたエントリです。

アートフィルターはソニーNEXにない魅力。
撮像素子の大きさ「だけ」で写真を撮るわけではない。
一方PENはシャッターラグが大きいのが辛い。
この点NEXは秀逸でした。 #NEX

NEXは背面液晶がチルトします。
PENはしません。
シャッターラグの件も合わせて考えると、静止画の子供撮りにはNEXの方が明らかに適していました。
一方カメラ上で「遊べる」度合いは私はPENの方が上だと感じました。
アートフィルターと正方形フォーマットが理由です。

DSC03970.jpg


操作系カスタマイズの自由度はPENが優れています。
NEXは多くの操作がメニューから掘っていくしかないので厄介でしたが
その分一本道でシンプルなので慣れるのは早いと思います。
不満を言うレベルではないと思います。

レンズについては自分が撮った写真のデータをPCで見ていないので何とも言えませんが、
操作上はPENと似たようなものでした。
距離目盛がないのはミラーレス機のトレンドというか小型軽量化を優先したのでしょうか。
まあAFオンリーなら不要か。

私はデジイチαとPENのユーザーですが、
NEXで残念なのは、AマウントアダプターでAFが出来ないことでした。
だったらPEN+ノボフレックスのアダプターで充分かと。
ソニーには「AマウントアダプターのAF化」を公約して欲しいところです。

DSC03968.jpg


私はデジイチαとPENのユーザーですが、
私にとってNEXは「小さくてレンズ互換性が低いα」であり、
メリットは小型ボディとチルト液晶による取り回しの良さの2つ、
それを得るために所有レンズのAFと手ブレ補正を捨てることに。買いかな?

私はデジイチαとPENのユーザーですが、
共通点は「ボディ内手ブレ補正」。
PENはマウントアダプター経由でも焦点距離を入力すれば手ブレ補正が効きます。
私は露出はマニュアルも併用するので、
NEXとPENどちらがαレンズを活用し易いかというと

NEX「APS-C,AE,チルト液晶,シャッターラグ小」対
PEN「手ブレ補正,正方形,アートフィルター」と考えると、
後者の方が良いかなと感じます。
私的にNEXが逆転するには「αレンズのAF化」は必須です。

これはワガママ承知で言いますが、
ぜひSAM,SSM無しのレンズもAF化して欲しいです。
135f1.8と85f1.4と35f1.4を「AF付きで」NEXで遊びたいなあ。
てゆうかソニーはそれを実現させるために悪戦苦闘しているんですよね?

操作性や現時点でのAマウントへの対応度を考えると、
既にPENを所有し、かつNEXにデジイチαとの融合を期待する私としては
「AFに対応したNEX7?」
「フルサイズ化したNEX9?」
を待つのが得策に思えます。
と言いつつ結局買うでしょうがw

DSC03975.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/151-c1cd04b8