">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その8 マリンアンドウォークヨコハマ・前編

パナソニック「LUMIX GX7mk2」を片手に、横浜みなとみらいの新商業施設「マリンアンドウォークヨコハマ」へ行ってきました

パナソニックの新型デジタル一眼カメラ「LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 今回からは久々に「夜撮り」の記事が続くことになります。 「RICOH THETA S」を使った夜スナップと「春のイルミネーションスペシャル」を除けば3月初旬以来3ヶ月ぶりの夜撮りとな!? どんだけサボってたんだ私は そんなわけで行ったところは横浜です。 みなとみらいに今春新たに誕生した商業施設「マリンアンドウォークヨコハマ」初めて行ってきました。 3月初旬オープンだったのだそうですが私が行ったのは今回が初めてです。 上で書いたように私が夜撮りをしなくなった頃と一致したのはたまたまですが、 マリンアンドウォークヨコハマがとても写真映えする場所で、私のテンションも上がったものですから、 これをきっかけにまた夜撮りをこまめに行ければなあと考えています。 P1010413

マリンアンドウォークヨコハマ

3月初旬にオープンしたということで 一言でまとめると「複合商業施設」ということになりますが、そのコンセプトを見てみますと、 "海沿いの倉庫街に街路をつくるという発想から、 海と緑をシームレスに繋ぐことによって生まれたオープンモール。 中央のストリートに沿って並ぶ個性的なファサードのショップ、 四季を彩る横浜の海沿いならではのランドスケープ、ゆったりとくつろげるファニチャーを設置し、 快適な空間と 魅力的な景観を作り出しています。" ~マリンアンドウォークヨコハマ公式サイトから引用~ というわけで、ストリートに沿ってファザードのショップ、ランドスケープがファニチャーしているそうです。 ナウなヤングにバカウケのトレンディスポットでレッツエンジョイ!
MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)

すごく洒落てます

敷地の中はザ・ヨコハマとでも言うべき、ハイカラな雰囲気でした。 近隣の海沿い施設に通ずる「横浜感」みたいなものがしっかり生きていて、歩いているだけで何だか自分が洒落た人になったような気がするという。 P1010415 レンガの壁が隣接する「赤レンガ倉庫」との関連性を想起させます。一体的な雰囲気を出して回遊性を高めようということでしょうか。 公式サイトをたどってみましたら開発したのは三菱商事都市開発という、赤レンガ倉庫を手がけているディベロッパーだそうです。
MCUD
私が行ったのが21時近くという比較的遅い時間でして、主なお店は既に閉まっていました。 飲食店しか開いてなかったなあ。まあこれは仕方がない。 閉まっていたからこそ、このように綺麗なショーウィンドウを正面から押さえることができたのだ、とも言えます。 P1010417 2階建てになっておりまして、吹きさらし?何と呼ぶのか知りませんがとにかく、屋外の階段を上がっていくことになります。 それはそうと、ブレてしまった!なんともみっともない。 こういった写真はシャキッと、特に階段のレタリングなんかはクッキリ綺麗に写すのが道理のはずなのですが、 私がヘタをコキました。修行が足りません。 P1010418 その階段を上がっていったところにあったレストランです。 店内をちょっと覗いてみましたら若干の空席があった様子。 時間帯によっては待ち時間が無いor少ないというわけですから、これは狙い目かもしれません(何の?) P1010419 ふと、上がってきた階段の方を振り返るとこの景色ですよ。 どこを切り取ってもオシャレですね。 P1010420

今回はこの辺で。

あまり期待せずに(失礼)行ったのですが、私個人的には大当たりの施設でした。 みなとみらい写真散歩の楽しみがひとつ増えた、という気分です。 オープン当初の混雑、というようなものからは一段落したのでしょうか、遅い時間帯は比較的空いているように見えました。 次回もGX7mk2で「マリンアンドウォークヨコハマ」を撮った写真を掲載します。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010421
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1495-30e72377