">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その4 続々・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り

パナソニック「LUMIX GX7mk2」を実際に使用して書いた記事です

先日パナソニックから発売された「LUMIX GX7mk2」の関連エントリとなります。 前々回・前回に続き、フィギュア写真です。今回までです。 P1010024

今回も「コトブキヤ秋葉原館」ネタですよ

フィギュアといえばコトブキヤ! というわけで、撮らせていただいた分だけ宣伝を(笑 ソーシャルで拡散することを想定して「店内撮影OK」となっているコトブキヤ秋葉原館、 お店の姿勢に甘えて撮らせていただいているのです。これまでも、そして、これからも。
秋葉原館 | KOTOBUKIYA
フィギュア撮影というとちょっとマニアックな印象を受けますね、てか印象じゃなくて、実際マニアックか(笑 ただ、この記事で目指しているのは「GX7mk2の使い心地検証」と「写真撮影のポイントを勉強」というふたつが大きな要素を占めていて、 決しておっぱいばいんばいんを撮りたい!というわけではないんです。ないんですったら! P1010047

オタク界隈の知識はありませんので念のため

この手の記事を掲載する際に最近書き加えていますのが、 「『この写真に写っているフィギュアは何というキャラクターですか』という質問にはお答えしません」というものです。 理由は簡単、私が知らないからであります。 作品に対するリスペクトが無い、と言われてしまえばそれまでですし別段反論もしませんが、 造型に惚れて撮らせていただいているわけですので馬鹿にしているわけでもない。 それに、「何一つ知らない」というわけでもありませんし。 こちらは森雪ですよね!知っとるわ! P1010009 こちらは「To LOVEる ダークネス」の黒咲芽亜ですね。これも知ってる! 初期の単行本は読んだもので! それはそうと、眼にピントがしっかり合っています。 MF+ピーキング(ピントが合った部分に色がつく、ライブビュー&EVF特有の機能)を丁寧に使っていったら、 こんな感じにメリハリの効いたものを比較的容易に撮ることができます。 P1010027

ピーキングは「念のため」を合言葉に

上で「ピーキングを使って丁寧に狙って行ったらきちんとピントが合った写真を撮ることができる」と書きました。 一方こちらはピントが(人物撮影のセオリーたる眼に)合っていません。 しっかり狙ったつもりだったのですが、持ち帰って確認したら外していました。 狙ったところにピーキングの色付けがついた=ピントが合った、と思っても、実際には狙い通りになっていないことがあるようです。 ピーキングの色がついた!ピントが合った!と思っても、「いやいや念のため」ともうちょびっとピントリングをいじってみる、 その癖がついたら歩留まりが上がるのではないでしょうか。 P1010031

顔か、尻か

ピントをどこに合わせるか、というのは「撮り手がどこをいちばん見せたいのか」ということでもありますから、 直感的であれ計算の結果であれ、その場で「主役を見出す作業」が必要になりますよね。 そんなの当たり前、なんですけど状況によってはそれが難しいこともあります。例えば花束とか。 で、こちらもそういったケースなのかなと。 非常に扇情的なフィギュアですけれども、このフィギュアを撮る場合、どこにピントを合わせるのが良いのか。 私はふたつのポイントのどちらかについて迷った結果両方押さえましたので、ここに2枚載せてみます。 ひとつめ、顔にピントを合わせたものです。 向かって手前側の眼にしっかりピントが合っており、 写真の評価はともかく「キレの良さ」を印象づけることができている、と私は思っています。 P1010043 ふたつめ、お尻にピントを合わせたものです。 こうやってあらためて写真で見返してみますと、えらくリアルですね。 P1010046 顔がこちらを向いている以上、セオリーは「やっぱり顔にピントの方がいいかな」ということなのかもしれませんけれども、 私の嗜好センスですと、このようなポーズのものに惹かれたのであれば、お尻にピントが合っている方がいいようにも思います。 欲を言えば、お尻はお尻でも向かって手前側、左尻の網タイツにピントが合っているというのが理想だったのかもしれませんね。 まあ、私がそう思ったということを書いているだけです。 私以外の他人である皆様はお好きなようになさってください。

今回はこの辺で。

というわけでコトブキヤ秋葉原館展示フィギュアの撮影ネタは、ここまでです。 やばい、カメラの話をしていない! 良いカメラですよ。キレッキレの描写がとても気持ちいいです。 次回も「GX7mk2」関連エントリとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1491-3da1be26