">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「第18回国際バラとガーデニングショウ」その2 Aマウントで出撃
2016/05/17 Tue 22:30 季節の花たち | 写真 | ソニーα

2016年「第18回国際バラとガーデニングショウ」行ってきました

前回に続き、2016年度の「国際バラとガーデニングショウ」関連エントリとなります。 堪能させていただきましたので、この先数回記事にさせていただきます。よろしくお願いします。 DSC05469.jpg

「二大見どころ」のひとつ、バラ

ここまで散々書いてきました通り、この「国際バラとガーデニングショウ」の二大見どころは「バラ」と「ガーデニング」であります。 てか、とりあえずバラでしょ、というわけで、このように撮りまくらせていただいているのです。 西武ドームに一歩入った途端バラの香りを感じる、というほどに濃密な空間で、これは他の場所ではなかなか体験できるものではありません。 DSC05548 バラの品種も様々なら、展示方法もさまざまです。 これが「国際バラとガーデニングショウ」の魅力なのであります。 会場(=西武ドームのグラウンド)全体に趣向をこらした展示が溢れており、見ていて飽きません。 入場料約2000円、まあ好みの問題はありますが、じゅうぶんに元はとれると思います。 DSC05487

「二大見どころ」のもうひとつ、ガーデニング

バラを最大限に活用して作られたガーデニングの展示、これがまた圧巻です。 ガーデニングの展示ゾーンにおいては、バラにこだわらない魅力ある展示がずらりと並んでいます。 先の記事でその魅力を拙い写真であれお伝えしたい。 DSC05492 今年のテーマは「パリ」だそうです。 従来はどちらかと言うと英国の雰囲気が色濃いイベントだったと思いますが、今年は堂々ライバル国のフランスをフィーチャリングしているという。 この「メインテーマのガーデン」は、ガーデンデザイナー吉谷桂子さんによるものだそうです。 吉谷桂子さんはガーデニング業界では知らぬ者のない有名人だそうで、いわばガーデニング界の馬場先生という感じかしら。 DSC05498

今回のカメラは「伝説のAマウント機」

今年の国際バラとガーデニングショウには、Aマウント一式を持ち出しました。 レンズは Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA の4本です。 ツァイスレンズの名前ばかり並べますと何だかお大尽な風に見えますし「また機材自慢かよ」みたいなトンマな感想を持たれることもあるかもしれませんので書きたくもないところを敢えて書きますが、 これ、10年かけて自分の生活を切り崩しながら一生懸命集めた結果ですので(笑) 私の何を知っているというのか。 まあその話はいいや。 そんなわけで、Aマウントレンズには悲喜こもごもそれなりに思い入れや愛着を持っているわけですので、 今回は久し振りに「Aマウントボディを持ち出して、それを使った記事を書こう」と思いました。 持ち出したボディは「α900」です。 ご存知「Aマウントデジタル一眼『レフ』最高峰」カメラであります。 ライブビューもありませんし、動画も撮れませんし、ISO感度も拡張MAX6400。 2008年に登場した時点で他社メーカーユーザーからはロートル扱いされたりもしました。 が、私はこのカメラに多くの感動をいただき、また、私の人生にも多くの影響を与えてくれました。 ですからこの先もこのカメラだけは手放すことはございません。 E-M1や、GX8や、α7Rを手放すことはあっても、このカメラは手放さない。壊さないように使うぞー 久し振りにガッツリ使い込んでいた最中、ボディの端々に擦り傷や使用痕があるのに今更に気付き、 ちょっとウルウルしたのは内緒です。

今回はこの辺で。

というわけで、2016年の「国際バラとガーデニングショウ」編は、終始α900+ツァイスレンズの組み合わせによって撮ったものを掲載する流れとなります。 ご覧いただいていて感じられたこととは思いますが、8年前のデジタルでも、現行の最新機種に劣らないですよね。 状況次第、と条件をつけざるを得ませんが、それでも今なお戦える機体なのであります。 次回も国際バラとガーデニングショウ関連記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC05480
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1482-a7a285d4