">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 動画・画像処理 > リコー「RICOH THETA S」その8 上野後編・アメ横界隈

リコー「RICOH THETA S」実写編、上野の後編でございます

前回に続き、「RICOH THETA S」上野編です。 駅周辺をウロウロした後、外に出ましてRICOH THETA Sを捧げ銃しまくってきました。 駅の外といえばやっぱりここ、ガード脇のエリアであります。 ueno_201605082116416f6.png 前回の記事はこちらです
リコー「RICOH THETA S」その7 上野前編・駅の内外 #theta360 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

上野山下町

上野駅前の交差点としてはいちばん大きな部類にあたる場所です。 かつて「上野山下町」と呼ばれていた街でして、現在で言うところの上野駅とその周辺一帯なんですけれども、 旧町名である「山下」という地名は、バス停の名前や駅の出口などにその名を残しています。 それにしてもヨドバシカメラ。こうやって見ますと細いですね。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

ガード下は街角写真家のド定番スポット

山手線のガード下を撮ってみます。 このあたりは私を含めた街撮り写真家が「上野」と題して撮ろうという時の定番中の定番、ド定番であります。 モノクロで撮られたような写真を、どこかでご覧になった方も多いのではないでしょうか。 私見ではありますが、こういう雑然とした場所で、写り込む人にそれぞれ自分なりの配慮をしつつ、練習をさせていただく。 上野ガード近辺は、私にとってそういう場所のひとつであります。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

「アメ横」と「上中」

そのガード脇、商店街がありますね。 かの有名な「アメヤ横丁」、通称アメ横であります。 年末にカズノコなどを買い出す方でごった返す様子が風物詩とされる、都内有数の商店街のひとつです。 で、それと平行して存在する商店街が「上野中通り商店街」、通称上中(うえちゅん)であります。 全国的な知名度もアメ横に及びませんが、地元でもそれと意識して呼び分けている人は少ないような。 全部ひっくるめて「アメ横あたり」というような括り方で通っているように思います。 並んでいるお店に多少のカラーの違いがありますので、行った際には両方見て回るのが良いですね。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

ムラサキスポーツ本店も上野なのです

アメ横・上中を「縦軸」とするならば、横軸にあたる通りも充実しています。 その代表格、と言っていいのかな?こちらムラサキスポーツ本店界隈です。 その昔ムラサキスポーツの袋と言えば若い子が好んで持ち歩いていた、 という話なんですが多分私はその頃大阪にいたはずですのでそういうファッションは知りません。 が、上野から我が家も含めて城東エリアで「大きめのスポーツ衣料店と言えばムラサキスポーツ」みたいな雰囲気はあるようでして。 そのご威光は健在のようであります。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

大人のゾーンも押さえています

と、何となく健康的な場所を撮った一方で、このあたりもやっぱりね、私としては押さえておきたいのであります。 大人のお楽しみゾーンですね。オラわくわくしてきたぞ。 余談ですが「これぐらいの大人ゾーン」はまだ写真に撮れますけれど、この近くにある鶯谷やその先にある吉原や三河島、 さらに向う側にある山谷といった都内屈指のディープゾーンでは私は基本的にカメラをカバンから取り出しませんので。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

今回はこの辺で。

上野駅周辺について触れてきました。行くと色々あって面白いのです。 また機会を見て記事にすることにいたします。 次回も「RICOH THETA S」を使用した記事になると思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1477-71077e65