">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 動画・画像処理 > リコー「RICOH THETA S」その5 ソラマチ全天球

リコー「RICOH THETA S」について、本格的に実写編に入ります

さあ盛り上がってまいりました(笑)リコー「RICOH THETA S」関連エントリであります。 全天球撮影をワンシャッターで実現するカメラとして数少ない存在、コンシューマ用途に関してはほぼ唯一の選択肢というこのカメラを駆使して、 従来私が撮り歩いていたエリアをあらためて歩いてみようということで進めてまいります。 今回行ったところは東京ソラマチ、スカイツリーのお膝元であります。 以前は足繁く通った場所なんですけど、最近はめっきり頻度が落ちまして私もクリスマス以来じゃないかな? 何かトピックがないと行かない場所になりつつあるのがなんちゅうか本中華。 Screenshot333.png

押上から入り

東京ソラマチ、この5年ほどで東京有数の観光地にのし上がったスポットです。 「美味しい思いをしたのはスカイツリーとソラマチだけだ、周辺の押上エリアには還元されとらん」という向きもあるのだとは思うのですが、 私自身この「浅草の向こう岸」には従来行く機会がなかったところをこのスカイツリー&ソラマチの開業で一時であれ周辺地域も含めて通ったわけで、 認知度の向上、家賃の安さ、意外に便利な交通アクセスなどでこの先注目を浴びる地域だとは思いますので、 ゆったり構えていればそのうち良いことあると思いますよ。 この写真はその押上駅半蔵門線地下改札と直結しているソラマチ入口の風景です。 当ブログではクリスマスツリーなどと絡めて写真を掲載したことはありますけれども、 実はこのような場所なのです!という説明にはこのような全天球は便利ですね。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

地上に出て

エスカレーターを乗継いで、地上に出ます。 以前には「階段イルミネーションすげぇ!」という記事を筆頭に頻繁に登場した場所なんですが、最近はあまりネタにしなくなりました。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

階段をのぼる

その地上から、階段かエスカレーターを乗り継いで上を目指します。 4階相当の場所に広場があって、そこがスカイツリーを至近距離で撮影できるスポットなのです。 せっかくのRICOH THETA S、せっかくの魚眼ですから寄って撮ってみたい。 というわけで、更に上を目指していきます。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

エスカレーターをのぼる

スカイツリーを被写体に含めるわけですから、どうしても見上げて撮ることになりますね。 私はここで、「エスカレーターに乗って」シャッターを切りました。 私は「エスカレーターの手すりに埋め込まれた照明」がそれなりに役割を果たすだろう、という目論見を持って、ここでシャッターを切りました。 が、上にスカートの女性がいたら、一発で捕まるような状況ですし、そういう状況であれば私もこの写真は撮らなかった。 ですから皆さん、このような写真は「周囲に誰もおらず、迷惑を掛けない時」にしましょう。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

今回はこの辺で。

んでもって、スカイツリーを堂々と見上げることが出来る場所まで上がっていったわけですが、その時の写真は以前にも載せましたのでここでは省略します(笑
リコー「RICOH THETA S」その1 第一印象 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
次回もRICOH THETA S関連記事になりそうです。 業平橋駅から電車に乗って、その先に行ったところの写真を掲載することになるかと思います。 そうそう、 「RICOH THETA S」の撮影によって得られる360度グリグリ画像ですが、 今後当ブログでは他の作品と同様に「写真」と呼称することにいたします。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1474-749a48d9