ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > CP+2016 その2 初日オープン直後、滞在30分間
2016/02/26 Fri 23:50 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

CP+2016、初日に行ってきました


今週末はウキウキウォッチンな救いようのないカメラオタクのみなさんこんにちは。
待ちに待ってたCP+2016、木曜日から開幕しておりまして世間的には明日・土曜日がピークであろうかなと。
私ももちろん土曜日にも参戦しますが、実はこっそり初日木曜日に行ってたのでした。
この記事ではその初日風景をお届けします。


先にオフ会告知!(参加を検討中の方はお読みください)


その前に!
明日、当ブログ主催のオフ会を、CP+閉場後に開催予定です。
それはこれまでも告知してきました。

従来は「予約不要・意思表示不要、当日集まった面子で出たとこ勝負」を謳っていました。
が、日にちが近づくにつれ、人数が増えてくるにつれ、大丈夫か?予約無しじゃ不安だな、と思うようになってきました。

んでもって、予約してしまいました。チキンな私を許してください。
このことが何を意味するか。参加表明が必要になった、ということであります。
お店は人数変更にはまだ(限度はあるにせよ)対応できるらしいのですが、申告する時刻にも制限があります。

そこで。
明日2月27日(土)の当ブログ主催オフ会に参加をお考えの方のうち、私にそれをお伝えくださっていない方。
掲示板に参加表明の旨を書き込んでいただけませんでしょうか。

既に参加表明を(何からの形で)私宛に送ってくださっている方は対応不要です。こちらでも把握できています。
飛び込みをお考えだった方がもしいらっしゃるならば、予約の兼ね合いがありますのでお教えください、ということです。

その連絡無しで当日集合したらどうなるか。
ひとりふたり、ぐらいならゴリ押しして何とかなるようにも思いますが、人数が多いとパンクします。
ですのでここはご協力をお願いしたいと思っています。どうかご理解ください。
よろしくお願いいたします。

掲示板



CP+2016、初日に行ってきました


さて、本題に戻ります。
2月25日(木)、1時間ほど時間ができたので(お昼休みとも言う)、CP+に行ってきました。
みなとみらいまでの移動時間も考えると会場で過ごせるのはせいぜい30分間程度だなと。
それでも行きたい!という欲求に抗えず、パシフィコへ行ってしまいました。
みなとみらい駅を出たら「フォトイメージングエキスポ」以来のお約束、ハクバの垂れ幕です。
私はこれを見るとテンションが上がります。ハクバもそれをよく分かっているのでしょうね。素晴らしい「お約束」であります。
DSC06056


初日一般開場の瞬間


開幕初日の午前中は報道関係や招待客だけが入ることができるプレミアタイム、
有料で開放したこともあったようですが今年もそうだったのかな?
まあ私はそんなところには縁がございません。一般入場者の列に並びました。
そしたら開幕を今か今かと待っていた前のめりなカメ爺の大群衆が。私もそのうちの一人ですので他人を嗤えないのですが。
DSC06061


ソニーブースの人気っぷりに驚く


私が最初に驚いたのは、ソニーブースの大盛況っぷりに対してであります。
入口すぐのところにある立地の良さ、それを置いたとしてもソニーブースの人出はかなりのもので、
私が見る限りでは贔屓目を差し引いても隣のオリンパスはおろかキヤノンニコンすら凌駕していたと判断します。
これにはやはり「αが本格的にブレイクしている」という勢いを感じましたし、これでα事業も安泰だ、と安堵もしました。
やはりα7シリーズですね。それ以外にはあり得ない。
私もソニーブースを見て回りましたが、Aマウント?どこに飾ってたっけ?ぐらいにα7系押しだったと思います。
APS-C?コンパクト機?ああ、確かにそれもあったけどね。
DSC06062

Gマスターが主役だったかな?と、私の主観ながらそう思いました。
24-70mm、70-200mm、あと85mmの単焦点。注目も集めていますし人気もあるようです。
実機もあるようでしたが私はそちらは(並んでいたみたいなので)パス。展示モデルを撮らせてもらうだけにとどまりました。
DSC06064

中井精也氏のトークショーです。黒山の人だかり、この時間帯見て歩いていて、贔屓目無しで圧倒的な集客力でした。
入口至近という立地、中井精也氏の力のもとに、ソニーがいよいよカメラメーカーとして認知されつつあるのだなとも思いました。
DSC06090


タムロン85mmF1.8


CP+開催直前に発表されたタムロン85mmF1.8。
俄然興味を持ちましたので、早速見に行きました。
手に取ってファインダーを覗くこともできます。これは良いですね。
ただ、大きさはかなりのものです。F1.4並ですね。「コンパクトにするためにF1.8にとどめた」ということではないようです。
私がキヤノン・ニコンのユーザーだったら購入候補にしていたかもしれません。
DSC06082


パナソニックブースは淡白でしたな


この1年半ほどで我が家でも急速増備したパナソニック。
今年は私としても「主要見回りポイント」と位置付けて早速行ってみました(オリンパスより先に行ったぞ!)。
が、どうも微妙ですね。主観で恐縮ですがあまり面白くなかったです。
まあ土曜日にも行こうと思っていますから感想は変わるかもしれません。いや、変わると信じたい。
DSC06076


ニコンのセミナーだって見ますよ


以前にも書きましたが、私はトークショーについてはメーカー問わず足を止めて聴くようにしています。
私の期待の外でとても楽しいお話をされていることもある、まったく油断できません。
しかしその上で、トークショーについては明確に当たり外れがあります。
実際に聴いてみて「これは微妙」と感じられたなら、本当にビミョーな内容であることもあります。
私などは以前に、とあるレンズメーカーのセミナーを一生懸命聴いていたら、知らない間に「合成写真」を引き合いに語られていたことがあります。
アドビがやってるなら分かるよ!?レンズメーカーのセミナーで合成写真を見せて何を語るのか、とガッカリしましたね。
そう言えばあれ以来そのメーカーのセミナーは見なくなったかな。おっぱいセーターのお姉さんは可愛いんですけど。
話を戻しまして、こちらは阿部秀之さんです。有名な方ですよね。
DSC06075


カシオブースはオシャレでしたよ


CP+へ行く方の多くは「レンズ交換式」のユーザーなのではないか、と私は勝手に想像しています。
ですのでコンパクト機専業のメーカーは肩身が狭かろう、とも思っていますがカシオブースは毎年大きいですよね。
今年も目立つ&オシャレでした。
私は「EX-FR100」に興味があった(もしかしたら仕事で使えるかも)ので立ち寄りまして、説明をじっくり聞かせてもらいました。
面白いカメラですね。バカチョンカメラですし慣れが必要だとは思いましたが、いっこ持っていても良いかもしれません。
説明員のお姉さんも可愛かったですし(結局そこかよ
DSC06085


今回はこの辺で。


というわけで私のCP+2016初日は終わりました。
時間に制約があることは分かっていましたから持参したα7IIにレンズはEマウントの24mmゾナーをつけっぱなし、
開場の雰囲気を撮るので精一杯でしたのでお姉さん撮りはしませんでした。
土曜日は頑張るぞ!

次回もCP+ねたになると思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC06059












今回の
撮影機材





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1435-d1e321f0