ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > カールツァイス「Batis 1.8/85」その5 銀座スナップで悪戦苦闘
2016/02/24 Wed 23:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

カールツァイス「Batis 1.8/85」をスナップレンズとして使用する。

ソニーフルサイズEマウント用レンズ「Batis 1.8/85」関連エントリです。 85mmレンズの一本勝負で、街スナップに出掛けてみる! …と意気込みまして行ってみたまでは良かったのですが、なかなか難しいものですね。 レンズに見合った被写体を探す、なんてのはスナッパーとしては本末転倒、機材に撮影スタイルを合わせてどうするよ、とも思うんですが、 ひとつの「縛り」という見地からある意味ゲーム感覚でやってみるのも良いなあと思い、取り組んでいます。 舞台は前回に引き続き銀座です。 DSC06038

通行人

この日は小雨が降る天候でございました。 銀座の街に出たら雨がパラパラと。「ん?雨!?まじか」とテンションが下がったのですが、Batisはもしかしたら防滴仕様かもしれん、と。 スマホで調べてみたら防塵防滴(に配慮?)っぽかったので撮影決行、道理で地面が湿ってますね。 平たく言えば私は「購入するまでそのレンズが防塵防滴かどうか」知らなかったということであります。 もっと言いますと「私はBatisがレンズ手ぶれ補正機構搭載」だということを、購入後まで知りませんでした。 まあ私の知識なんてそんなものです。自分の用途に使えることが分かれば、他の要素はぶっちゃけどうでもいい、みたいな。 というわけで、スペックや性能、収差補正やら曲線がどうのこうのという数値的なお話に対して、私は(話は合わせても)本気では食いつきません。 そのレンズを自分で実際に現場で使ってみて、その感想を述べる。 もし当ブログをご覧いただけるのであれば、第一に光栄だと思っていますがその上で、 そういった「前提にしているスタンス」をご理解いただいた上でご覧いただけると嬉しいです。 DSC06037

公衆電話

さて、話がそれました。すみません。 前回の記事で「85mmの被写体としては、1.5m~2mぐらいの大きさのモノが良いのではないか」と書きました。 それはつまり要するに「人間サイズがベストフィット」ということなんですけれども、 そこに引っ張られるように「人間が手にして使うモノで、それなりの大きさのもの」も被写体としてよろしいかもしれんね、と思いました。 ここでは具体的に「公衆電話」を挙げます。 電話機本体はそれなりの大きさで、人間が使うモノですから度を超えた巨大なものでもない。 そのサイズ感が、85mmで撮る被写体として(サイズ的に)ちょうどいいような気がしました。 まあ、当ブログとしては定番のモチーフですから安易な方向に逃げたような気もしますがキニシナイキニシナイ DSC06021

マネキンふたたび

前回も触れました、マネキンです。 被写体としての大きさはまさしく85mmにジャストフィット、そのことはもういいや。 今回はちょっと見栄えを変えようと「モノクロ」で挑んでみました。 お前はモノクロを使う時は終日モノクロ縛りじゃなかったのか!?とお思いのあなた、ご指摘ごもっともです。 この写真はカラーで撮ったものを自宅でPhotoshopを使いモノクロ化しました。 DSC06024 もう一枚モノクロ加工写真です。 「モノクロ化することを撮影段階でまったく意識せずに撮ったものを、後からPCでモノクロ化する」という意味でこれはCG。 厳密には写真ではないような気もしますがそれは私の基準です、他人の考えは知らん。 でも、ピントは爪に合わせに行きました。構図も撮影現場で決めています。街スナップにおけるトリミングは悪魔の技術よねーん(笑 DSC06030

やっぱり「切り取る」時に強みが出ますね

何度でも書きますが、85mmという画角は狭いですよね。 その狭さを利用して被写体を決め打ちし、テーマを尖らせて追求する。中望遠レンズ最大の用途と言ってもいいですね。 そういった特性を持つレンズをどのように使うか。 今回は「提灯と高層ビジネスビル街」の対比に利用してみました。 だから何やねん、と言われると困りますが、まあ広角だと周囲のモノを色々とりこんでしまいますから、これは撮影意図との兼ね合いですね。 DSC06041

「店先」も貴重な被写体

改装リニューアルオープンした銀座の名門文具店「伊東屋」の店頭をスナップしました。 お店の出入口というのは、ただでさえ人が集まるところです。 で、私のスタンスとして「顔は極力写さない、雰囲気が撮れればいい」ということですので、 人の流れが途絶えるのを待つか、もしくは撮ること自体を諦めるか、という選択になります。 この写真を撮った時にはたまたま人が出入りしなかった、ということですね。 DSC06039

今回はこの辺で。

銀座スナップ編はこれで一区切り、次回からは別のネタとなります。 そう言えば明日からCP+2016が開催されますね。 セミナー登壇の写真家の方は大詰めのリハーサルがどうのこうの、というツイッターをしていたりしますから、 そういうのを見ても「いよいよだな」と感じます。 私は2/27の土曜日参戦予定です。楽しみですね。 同日オフ会も予定しています。興味ある方はぜひ。
掲示板
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1434-0601b8c6