ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > カールツァイス「Batis 1.8/85」その3 大手町試し撮り

カールツァイス「Batis 1.8/85」 

カールツァイスから発売されているフルサイズEマウント対応中望遠単焦点レンズ「Batis 1.8/85」関連エントリです。 前回も少し触れましたが、ソニー設計のツァイスと比べてこちらは「本家ツァイス」と呼んでもいいのかな? そのあたりはよく知りませんが毎回断りを入れるのも面倒ですので、当ブログでは都度呼び分けたりせず、ごっちゃにしていきます。 ご不満な方はこちらからどうぞ 出口 EM180034

大手町から東京駅まで

行ったところは大手町です。東京駅まで歩きました。 いつもいつもすみません…と断りを入れながら遠慮がちに書いていますが、それは別に卑下することはないのかな? 人それぞれ生活エリアというか行動範囲がありますよね。 私の場合、東京駅を含む区間で定期を買っているから「タダで行ける」というだけなんですよね(笑 それはそれで当ブログの特徴と言えるのであろう、と考えることにしました。 DSC05977

スナップレンズとして使います

85mmでF1.8というレンズです。 ですから世間的には「ポートレート」を期待するでしょうし、メーカーもそういう使い方を想定して発売したのだろうとは思います。 私もポートレートを撮りたいとも思いますし実際撮ってもいますが、諸々の事情でそちらは非公開、当分の間は街スナップで行きます。 CP+ではお姉さん撮りの主役になってもらい、記事に掲載するつもりでもありますので、その際にはぜひご覧ください。 DSC05965

ある意味テーマパーク

前回の記事で「谷中銀座は写真撮影に厳しくなった」という話題について触れまして、 「谷中銀座は『生活空間の延長としての商店街』であるから、私は撮るのを躊躇する」という趣旨のことを書きました。 対義語として「観光地の一部として機能している商店街」という言葉を出しましたが、 商店街でこそありませんが、この大手町~東京駅~丸の内エリアは後者、観光地の一部として機能しているエリアだと言えます。 このように、整然と並んだ高層ビル街の向こうに、100年前、大正時代の建物が見えるとか。 DSC05984

大人のエリアですので

私は大手町や丸の内に勤めているわけではありません。よそ者です(笑 ですが、ちょくちょく撮りに行きますのでどこにどんな風景があるのかはある程度覚えました。 通勤(もしくは退勤)のサラリーマンをイメージとして捉えた写真を撮るのは容易です。 このエリアを歩くのは圧倒的に社会人、いや、社会人ばかりですよね。 ですから、私のスナップモノでは、カメラに収める人物像は社会人ばかりになる傾向があります。 大手町丸の内の特徴、であるはずなのに、人間って不思議なものですね。それ以外の場所でも無意識のうちに社会人を狙ってしまうという。 学生街とかでは「通行人をどのように入れようかねえ」と、ちょっと立ち尽くしてしまうような感覚があります。 DSC05991

和田倉噴水公園は開店休業中

大手町パレスホテルの隣りにある和田倉噴水公園、古くは会津藩の屋敷だったこともあるそうでつまりは江戸城下のウルトラ一等地、 現在でも超一等地と言えるこの公園は現在、工事などをしているらしくて立ち寄る人も少なく、閑散っぷりに拍車がかかっています。 DSC05989

行幸通り、久々に行きました

しばらく体調不良だったこともあり、カメラを持って出掛けること自体を控えておりました。 ですのでこの行幸通りに行ったのも、私としては久し振りでした。 撮る写真は毎回同じようなものです。これ以外の撮り方ができんのか!?とも思うのですがこれがなかなか。 DSC05990

今回はこの辺で。

85mmでのスナップというのは、私にとってはなかなかに難しいものです。 そもそも画角が狭いですから「好きなモノを好きなように撮ることができる」というわけではありませんよね。 その上最短撮影距離が85cm、ぶっちゃけ「寄れない」わけです。 この「微妙に被写体を選ぶ感」があるレンズをどのように使うか。 ものすごく今更ですが、その探求の旅が再び始まった、という気分でおります。 次回もBatis関連記事のつもりです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC05993
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1432-a9a4fc13