">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」 vs オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」まとめ

αとマイクロフォーサーズの「中望遠単焦点レンズ」対決シリーズ

我が家の2大「100mm超中望遠単焦点レンズ」を持ち出して撮り比べ、というシリーズです。 採り上げますのは ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」 オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」 の2本です。 今回はシリーズ最終回です。 24592731762_c7860c31e4_c.jpg

スペックの比較はしていないと何度言ったら(略

その前に。 誤解を招かないように、また、読み終わった後で「期待と違った」とか無駄足を踏ませることの無いように、書いておきます。 このシリーズ(に限らず、当ブログ全体)のスタンスは、 理論に基づいた正確なスペック検証ではなく、現場で実際に使用した上で得た体験をベースに感想や意見を書く、というものです。 そもそもキッチリ条件を揃えて撮り比べて等倍比較して「こっちはこうだ、あっちはああだ、だからこっちがこれだけこうなんだ」 というような検証は行うつもりもありません。私の力量も不足していますし、他に優れたサイト様はいくらでもあります。 うちは、主観だ感想だ印象だ運用込みだ現場主義だ、って最初から散々書いてますよね? そういうのが気に入らなければ他所へ行ってください。出口 だったらタイトルに「vs」とか入れるなよ、とかツッコミがあるかもしれませんから蛇足を承知で敢えて書きますが、 AとB、両雄並び立たせることを主眼に置いた作品のタイトルに、対決なんかしてなくても「A 対 B」とつけるのは、 「マジンガーZ対デビルマン」以降の現代日本のお約束事のひとつでございます。 そういった記事中の元ネタや文脈、言葉のチョイスを読んで、波長が合う方にニヤリとしていただくのも主眼であります。 そういうのが気に入らなければ他所へ行ってください。出口 大事なことなので二回言いました! (殺伐としないように、雰囲気を変えていきましょう)

結局何が書きたかったのか

別のところでもちょっと書きましたけれども、この2本、マウントは違えど、その立ち位置は実によく似ています。 片方は135mmでF1.8、もう片方は換算150mm相当でF1.8です。 「マウントや対応するセンサーサイズが全然違うんだから別物だよね」とか、そんな話をしているのではないですよ。 持ち出して実際に使う上では、これらの2本の役割は似ているよね、ってことです。

風景を切り取る

ではその「役割」とは何か。 まずひとつはやはりこれ「一部分を大きく切り取る」ということですね。 街中で見かけた印象的なモノを、大写しにするという。 Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA DSC05205 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 EM576102 ※写真を2枚並べましたが、比較検証のためではございません。

背景をボカす

役割その2です。やはり「ボケ」を期待しますね。私の場合は。 そりゃ焦点距離もセンサーサイズも違うんですからボケ方も違ってきますよね。当たり前。 同じ所から絞り開放なのを揃えて、カメラをとり替えて撮ったらオリ75の方がボケが硬い。当たり前。 その事を私は「オリ75の方がナーバスに見える」という表現を使いました。 その上で、それぞれをボケの「質の違い」とでも言うべきものを活かせる使い方があるのかもね、という話をしております。 Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA DSC05231 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 EM576082 ※写真を2枚並べましたが、比較検証のためではございません。

それぞれのマウントで、孤高のレンズ

ゾナーとオリ75。 それぞれマウントは全然違いますし接点もありません。写真として出てくるものも違います。 が、私はそれでも申し上げたい。立ち位置は似ています。両方持ってて使っていてそう思うんだから、しゃーない。 どちらのマウントにも、同じ焦点距離をカバーする優れたレンズが存在します。70-200とか、そういうやつですね。 しかしそれらはいずれも開放F値が2.8とか4とか。ゾナーと焦点距離が同じの「STF」もT値4.5とかですよね。 今回採り上げた2本のレンズは、それらの競合品に比べて「圧倒的に明るい」のが魅力です。 私は「街の夜撮り」が主戦場なのですが、そこへ持ち出すと他のレンズとの差が歴然としてきます。 と同時に、「使用感が似てますなー」と思った、と。 それが今回のシリーズを書こうと思った動機のひとつだったのでした。 P1010611

今回はこの辺で。

「どっちがおすすめなのか」とかは、それこそまったく意味が無いですね。マウントが違います。 ゾナーもオリ75も良いレンズですから、お持ちのマウントに合った方を手に入れれば後悔はしないんじゃないでしょうか。 ただ、目的次第ですよね。かなり用途が制限されるでしょうから、そこにバチッとはまったら「買い」だと思います。 それはそうと、「そんな比較意味ねーよ」という声って、けっこう大きいものなのですね。 ですので次に準備していた「ソニー85プラナー vs ノクチクロン ポートレート対決」は、掲載するのやめます。 プラナーで撮ったらこうだった、ノクチクロンだとこうだった、使っていてこんな違いがあるのだなという感想を持った、 というのを書いても、「絞りもセンサーサイズも違うから比較にならん」とか言われちゃうんでしょうね。 掲載OKの素人モデルさんを紹介してもらうの、苦労したんだけどなあ。まあ人脈が出来ただけでもメリットと考えよう。 というわけで次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010605
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1422-414b9ba9