">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」 vs オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」まずはソニー

αとマイクロフォーサーズの「中望遠単焦点レンズ」対決シリーズ

我が家の2大「100mm超中望遠単焦点レンズ」を持ち出して撮り比べ、というシリーズです。 採り上げますのは ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」 オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」 の2本となります。 前回はそのプロローグとして、それぞれのレンズについて大雑把にご紹介しました。 今回から早速実写編とまいります。 対決、と銘打っていますが、スペックや等倍画像を見比べてここがどうとかあそこがどうとか言うわけではありません。 そういうのは他所へ行って見てね(笑 うちはあくまでも「運用込み」、こういう時にこういう使い方ができてこんな写真が撮れました、という話をいたします。 ちょっぴり初心者向けを意識して書いてみます。

ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」

今回の主役はソニーの「135mmゾナー」です。 カールツァイスブランドで登場したAマウントの名品、その実力は文字通りの「折り紙つき」であります。 我が家では2007年に導入、以後「ソニーαの決戦兵器」として、重要な局面に満を持して投入するという、 ラインハルト陣営における黒色槍騎兵のような役割を与えられております。 24684288736_dcb4bebb36_c.jpg

行ったところは浅草です

というわけで毎度のことながら舞台は浅草、浅草寺界隈です。 中望遠のみで乗り込んだわけですので、例えば本堂を端から端まで全部入れて撮る、というようなことは出来ません。 ええい!と割りきって切り取るしかない、と言いますかそれが楽しいんですけれども、 とにかく「部分を印象的に押さえる」という撮り方の繰り返しになります。 DSC05214

ちょっと風に揺れただけで写真が成り立たないピントの薄さ

ゾナーの特徴の一つに、「絞り開放でのキレの良さ」があります。 世間の人は知りませんが私は自他共に認める「開放バカ」です。 何でもかんでも絞り開放で撮る。 開放で撮らんで何のための大口径か!といわんばかりにとにかく開放開放、これだけ開放連呼したら充分か? とにかく真っ昼間からレンズを大口開けて撮っているわけです。 135mmのF1.8ですから、ピントはめちゃうす(アフィリエイト略 ちょっと風で揺れただけで、本来意図したターゲットからピントは外れます。 対策は人それぞれなのでしょうね。連射したり、風が止むのを待ったり。風で揺れている場合は多少絞っても無駄ですもんね。 ですから私の場合、対策は「いったん離脱」です(笑 DSC05216

離れたところを撮れば

これは初心者の方向けの説明になりますが、「ボケの四要素」というのがありまして。 ・接近。…被写体に近づくと、向こう側がよくボケる。 ・望遠。…焦点距離の長いレンズを使うと、被写体の前後がよくボケる。 ・開放。…F値が小さいほうが、ピントが合っているように見える範囲が狭くなり、よくボケる。 ・背景。…被写体と背景との距離は長い方が、背景はよくボケる。 というものです。 逆に言えば、上記のセオリーを外せばボケない、少なくともボケ量の少ない写真になる、ということでもあります。 ですので、開放ブン回しで放っといてもボケるようなこのレンズを使っていても、ちょっと「ボケの四要素」から条件を逸らせば、 ボケていない(ように見える)写真にすることも可能っちゃあ可能です。私はあまりしませんけど。 この写真であれば、「接近」「背景」の条件を外して、ボケないようにしています。 余談ですが、浅草神社です。 DSC05238

背景の整理に最適

ただでさえボカしやすいレンズを、私は更に「絞り開放」で運用することで、さらにボケるように仕向けています。 もちろん私の好みでやっていることですが、他にも理由はありまして。 背景の整理であります。ボケによって「向こう側に何があるか分からないようにする」効果を狙っています。 例えば今回の舞台となっている浅草寺近辺は観光客で年中混雑する場所ですけれども、 このように「真っ昼間でも敢えて開放でボカしに行くことで」被写体の奥がゴチャゴチャしない、 スッキリした写真を撮ることができます。 DSC05203

今回はこの辺で。

うーむ、どうも対決色が薄いなあ。 ゾナーとオリ75を使って撮り比べました、という記事なんですけれども、撮り「比べた」感がないですね。 まあいいや、最後には「どちらの方がどうでした」というような感想に結び付けることができればと思っています。優劣じゃなくてね。 次回はオリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」のターンです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC05239
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1420-8f43cae0