ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その10 試し撮りは丸の内で
2016/01/17 Sun 23:50 マイクロフォーサーズ

●パナソニック「未完の大三元ズーム」を携えて、写真撮りに出撃です

パナソニックのレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX GX8」関連エントリです。 当ブログでGX8について触れるのは今回で10回目ということになりますが、その大半が動画ネタ。 おいおいGX8は写真機だぜい、履き違えてんじゃねえかブログの管理人さんよぉ、という声が聞こえなくもありません。 …嘘です。まったく聞こえません。 GX8は2015年8月に発売されたカメラです。私は約4ヶ月遅れで手に入れ、そしてさらに1ヶ月経過してこの記事になった。 注目度は無いですね。そうでなくともパナソニック機です。カメラクラスタのメインストリームには乗らない(笑 旬の話題、というには遅きに失したこのネタに、今更「写真がどうの、動画がどうの」というようなナーバスな反応があるわけがないですね。 私自身、このネタを今更「注目機種の新型でガジェットネタのはてブガッポガッポ」みたいな感覚でやっているわけではなく。 乏しいおこづかいで手に入れた機材ですから、骨までしゃぶる意味でささやかながらネタにしよう、ということであります。 もちろん、多少でも「良い面」が伝わって、GX8、ひいてはパナソニック機の購入動機に寄与し、 以ってマイクロフォーサーズが盛り上がることにつながっていくならば、それがいちばんだとは思っています。 P1010313

・試し撮りはいつもの丸の内

今回は「写真ネタのために」丸の内で撮ったものを掲載します。 最初に書きます。写真撮影能力って言うんですかね、出来上がる写真の画質面では、もはや比較して云々することはありません。 一定レベルを超えれば一緒で、各メーカーの現行機種は写真に関してはその一定レベルを超えていると思っていますから、 私の視点で恐縮ですが「画質を語る」というよりは「操作性を語る」ということに、どうしてもなってしまします。 というわけで、この記事でも「写真の見栄えは」今までと大差ないはずです。 違いがあるとするならば、シャッターチャンスをものにする性能、 これはシャッターラグ「だけ」の問題ではないですよ。 ぱっとカメラを向けて、瞬時に適切なピントと適切な露出をはじき出し、被写体を捉える力。 それを実現する操作性と、それを使いこなす撮り手の力量。 カメラの総合力が問われる、と言っていいのではないでしょうか。 P1010315

・大丸有は「箱庭」である

このエリアに日常訪れている人たち、いやそういう言い方ですと私もその中に含まれてしまいますが、 この地にお勤めの皆さん、と言った方がいいのかな?それらの方には申し訳ない。 私はここらへんを「観光地の一種」と思っており、それゆえに、カメラを向けることに躊躇がありません。 もちろん「特定の人物を狙って、モロ顔を正面から」みたいなのは自制します。当たり前ですね。 しかし、風景に写り込む方々に対して、他のエリアに比べて気使いが少ないことは認めます。 大丸有、つまり大手町・丸の内・有楽町エリアということになりますが。 日本屈指のビジネスエリアですよね。 と同時に「日本屈指のビジネスエリア然とした観光地」だと思っています。 思っている、と書くと私の主観に収まってしまいますね。言い直します。観光地ですよね。 ですから私としては大手を振って写真を撮らせてもらっています。 周囲が「帰宅路を急ぐサラリーマン」だったとしても、それはそれで風景の一部として撮らせてもらっています。 P1010277 私は以前から「モノクロで撮るならば、説明できるだけの理由があるべきだ」と、当ブログで書いてきました。 ですので「一介のデジタルエフェクトとしてではなく、首尾一貫してモノクロで撮る、それによって意味を知る」という勉強をしているつもりです。 が、ここではこの1枚だけモノクロです(笑)理由は後日別の記事で。 P1010287 風にそよぐ一輪の花、キュアブロッサム! こういうのをAFで(いやMFでも)捉えるのは難しいです。特に風が強いと。 この写真は何枚も挑んだ上でベストのものを選んだのですけれども、 パナソニックにはそれをより簡単に実現することができる「フォーカスセレクト」という機能が搭載されました。 いずれそちらについても感想を書く機会があるのではないかと思っています。 P1010311

・今回はこの辺で

写真ネタをサラリと終わらせてしまいました。 毎回丸の内でお茶を濁すような記事になってしまっている気がします。 が、それはそれで、他のブログには無い当ブログの特徴、と思ってもらえることができるかもしれません。 まあそれならアリかな(笑 操作性は良いと思います。 慣れが必要ではありますがそれは他のメーカーでも同じことですよね。 次回はGX8の動画ねたになると思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010304
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1410-8838134a