">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その5 対角魚眼レンズを使って4K動画

●GX8のフルオート撮影機能を使って試し撮り

パナソニックのレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX GX8」関連エントリです。 これまでマイクロフォーサーズ機といえば私にとってはオリンパス、まあ今回はオリンパスについては何も言いませんが、 2014年にGM1、2015年にGX8を手に入れて、パナソニック機がカメラ持ち出しローテーションの一角に加わるようになりました。 その最大の動機が「動画撮影機能」にあった、というのは以前に書いたとおりです。 特に4K、これが目下最大の課題なのでした。 で、その4K動画ですが。 現行(2016年1月現在)のパナソニック機…GH4、G7、GX8の3機種、かな? それらを使用して撮影した場合、画角がレンズ本来のものより少し狭くなります。 焦点距離で言うところの換算1.3倍相当でしたっけ、1.2倍相当でしたっけ、とにかく「一回り狭く」なります。 処理の問題だとか、内部的な理由があるらしいのですがそういうのはどこか他所の詳しいサイトを探してください。 仮に1.3倍だったとしましょう。換算24mmのレンズで4K動画を撮ろうと思ったら換算約31mm相当になってしまう、と。 よほどの広角レンズでないと、例えば街中などの狭いところでビルをてっぺんまで収める、などということができないですね。 少し考えて、ふと思いました。 魚眼レンズを使って4K動画を撮影したらどうなるだろうか。 EM576385.jpg

・パナソニックの対角魚眼レンズ

実はマイクロフォーサーズは魚眼レンズの選択肢が多いマウントです。 一般に最も身近だと思われるボディキャップレンズ、安価で性能の良いサムヤンのMFレンズなど。 パナソニック・オリンパスの2大メーカーからもそれぞれ純正対角魚眼レンズが発売されています。まさに魚眼銀座。 その中で私が所有しているのはパナソニックの「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」であります。 今回はそのレンズを使用して撮影した動画をご覧いただこうと思います。 P1010085

・魚眼レンズも「広角レンズ」の一種であることには違いなかろう

魚眼レンズ最大の特徴は、その湾曲っぷりにあります。 例えばこんな写真です。まっすぐ伸びているはずの街路樹をぐにゃりと曲げ、その向こうの道路も曲がっている事が分かります。 周辺部分へ行けば行くほどそれは顕著になります。 P1010082 さて、現時点でのパナソニックLUMIX Gシリーズの4K動画では画角が狭くなる、という話を冒頭で書きました。 中心部分を使い、周辺部分を切り捨てていることになりますね。 となると、もし対角魚眼レンズを使って4K動画を撮ったら「最もドギツく湾曲している部分」を使わないことになります。 ならば「魚眼レンズを使ってはいるものの魚眼効果は抑え目で、事実上の『超広角レンズ』として運用できるのではないか」 と考えました。

・魚眼レンズ

というわけで、みんなー!動画のじっかんっだよー! PCからご覧の際には、動画画面右下の歯車マークから「画質→2160p 4K」をお選びいただきますと、 モニターの解像度に関わらず、フルHDを上回る解像感が得られます。 対角魚眼レンズ本来の画角に比べると大幅に狭いことがよく分かります。 写真と比べると一目瞭然ですね。 最後のシーン、有楽町マリオン前ですけれども、この写真と見比べていただくとハッキリします。 P1010100 GX8での4K動画ですと、対角魚眼レンズは本来の力を発揮しません。 が、「事実上の超広角レンズとして運用できるのではないか」という期待には応えてくれたように思います。 確かに湾曲は残っていますから好き嫌いが分かれる映像ではありますね。 しかしまあ、私はこれを「味」だと思って使うことができそうです。 この「魚眼としては中途半端な湾曲っぷり」を利用して、印象的に撮ることができる場所もあるかもしれません。 ですので、また挑戦することに致します。 なお、GX8でもフルHDでの動画撮影時においてはレンズ本来の画角で撮ることができますので (厳密には「よりレンズ本来の画角にちかい状態で撮ることができる」ですね。4:3と16:9の違いがありますから) 魚眼を魚眼として使いたい場合には無理して4Kにこだわらなければ可能、ということです。

・今回はこの辺で

GX8を持ち出すに当たってどんなレンズを随行させているか。 現在はほぼ傾向が固まってきて、3本のレンズが固定メンバーとなってきました。 いずれその事にも触れる記事を掲載するつもりですがここで言いたいのは。 その3本の固定メンバーのうちの1本が今回採り上げた「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」になりつつある、 ということだったのであります。 我が家はマイクロフォーサーズのレンズコレクションは多い方だとは思っていますけれども、 まさか魚眼がレギュラーの座を掴むことになろうとは(笑 次回もGX8関連の記事になる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1405-aa672ad8