">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX GX8」その4 フルオートで夜撮り
24063192752_7379539b7f_z.jpg

●GX8のフルオート撮影機能を使って試し撮り

パナソニックのレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX GX8」関連エントリとなります。 私がGX8を手に入れたのが12月中頃でしたので約3週間になりますね。 この間、持ち出すカメラをGX8のみと決めてあちこち撮り歩いておりました。 操作など、なかなか慣れることができない中で使いこなせるよう努力中であります。 で。 今回は写真撮影の話です。 GX8のフルオート機能を使って撮り歩きました。 その時の写真を掲載してまいります。 EM546376

・インテリジェントオート

パナソニックのフルオートモードには「インテリジェントオート」という名前がついています。 露出、色、ピント全ておまかせのモードです。 ですのでこのモードで撮影しようと思ったら、撮影者が考えることは「主題」と「構図」ぐらいしかありません。 被写体に集中できる、それならそれでさぞかし良い写真になるのだろうな、と思いきや、 実際にはそうならない、どうも写真の端々が甘い気がするのは何故だろう。 私自身に「どうせオートだし」みたいな気の緩みがあるのかな? P1000808 一撃離脱の繰り返しとなる街スナップには便利だと感じます。 どういう状況で撮っても、ある程度の結果が出るモードです。 銀座三越の正面入口という、じっくり構えることができない状況でも、 人通りが途絶えたタイミングを狙ってパシッと撮って即離脱。逃げるとも言いますか(笑 P1000826 「インテリジェント」と名はつくものの、撮影者の意図を完全に汲み取るはずもなく。 この構図で構えた時には樹木にピントを合わせて欲しいところでしたが、 GX8は「おっ親分、アップルですかい?」とばかりに向こう側のビルにピントを合わせに行きました。 まあGX8には罪はありません。それより「ここで写真を撮ろう」と思った私のセンスが悪いですね。 街路樹には何かビニールみたいなものが巻きつけられていますし、 中央には標識がアホほどくっついているポールが立っていますし、 アップル松屋はともかく三菱東京UFJ銀行の看板は隠すべきだった。 そういった諸々の気づかいがまったく無い写真です。 こういうのを撮っているうちは偉そうにカメラメーカーを罵倒する資格は無いですね(笑 P1000807 どうも私には、たとえ「インテリジェント」だとしても、オートは合わないなあ。 そう思った写真がこちらです。三原橋です。 かつてあった三原橋地下街の出入口を兼ねていた建物が、さっぱりと撤去されてしまっています。 以前に伺った話ではここはオリンピックまでに公園として再整備されるとか。まあ現段階では囲いが立ってますけれども。 その向こう側には去年辺りにオープンした、まだ新しい三井ガーデンホテルが。 街の風景もどんどん変わっていくのだなあ、と思わざるを得ません、 …という写真にしたかったんですけれども、肝心のピントが合ってない! いや正確な表現をするならば「私が合って欲しいと思っていたところにピントが合っていない」ですね。 その場では手間が余分にかかったとしても普段使い慣れてるAモードできちんと狙っておくべきでした。 P1000832 これは綺麗に写っていますね。窓の中のカーテンがレースかどうかまで分かります。 このような「一発ネタ」はオートモードの得意とするところなのでしょうね。 「撮影者の意図」と「カメラの捉え方」にズレが無い、ということなのだろうと思います。 P1000818

・今回はこの辺で

インテリジェントオート、途中ちょっとネガティブな書き方をしてしまいましたがそれは私の使い方が悪かったことに起因するのです。 特にAF、追っかけたり顔を狙ったり、実はかなり多機能のようでしたが私には使いこなせませんでした。 中央一点(に近い状況)で撮ることもできるみたいですが私にはその設定方法がよく分かりませんでした。 これはむしろ「普段からオート慣れしている人」の方が上手に使えるのかもしれない。 以前にオリンパス機で似たことをやった時にも感じましたが、オートモード自体は馬鹿にできないレベルだと思っています。 あとは使い手との距離感でしょうね。道具と見るか相棒と見るか、みたいな。 またチャンスがありましたら取り組んでみます。 次回もGX8関連の記事になる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1000816
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1404-ff4a10d7