ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > 「2015年のアクセス数から見る当サイトの閲覧数上位記事」年末まとめ その1
2015/12/29 Tue 00:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

●当ブログの2015年アクセス数上位記事10傑

今年もあと数日で終わりですね。色々なことがありました。 場末のブログではありますが、一年の総括ネタを今年もやってみます。 1/1~12/26のページビュー数を基準に、本年度上位10のネタを挙げていきます。 ランキング集計対象の記事は2014年11月以降の日付がついたものとします。 私の記事の書き方や掲載時期の違いによる有利不利もありますが、ある程度フェアな集計になるかな? 同一機材を扱う記事が複数ランクインした場合は、この記事では原則としてその最上位記事のみをランクインとします。 ですので「本来はx位のはずなのにここで採り上げられていない」という記事も出てくる場合もありますが、 それ以上の作為、つまり「元々箸にも棒にもかからない圏外記事をゴリ押しするようなこと」はいたしません。 今年も10位から、カウントダウンで行っていきます。 お越しくださった皆様にあらためて感謝申し上げますm(_ _)m

・10位:横浜そごう「ファウンドリー」の絶品スイーツと、実店舗のSNS写真撮影への対応のあり方など

横浜そごう「ファウンドリー」の絶品スイーツと、実店舗のSNS写真撮影への対応のあり方など 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今回はスイーツ、洋菓子について書きます。 うちのママのたっての希望で「FOUNDRY(ファウンドリー)」というお店を見に行ってきました。 ...
デパ地下スイーツ、横浜そごうの名店「ファウンドリー」にケーキを買いに行った際、 ショーケース撮影可ということを知り、撮らせていただきました、という記事です。 使用機材はα7IIとAマウント単焦点、単発ネタとしては異例の上位入りであります。 お○○○みるく!お○○○みるく欲しいのおぉぉぉぉ! DSC02580

・9位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」その3 ズーム全域で最短撮影距離70cm

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」その3 ズーム全域で最短撮影距離70cm 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
ここから少しの間、初心者向けとして書いてみます。最短撮影距離の話を簡単に書きます。 「んなもん知っとるわ」という方は読み飛ばしてください。 ...
オリンパスの高級望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」関連の記事です。 発売後数ヶ月経過してからの導入でありアクセス数については期待していませんでしたが、 やはり注目度の高いレンズのレビューとは人目に触れるものなのだなあと思いました。 限定版春香さんが頑張って紹介してくれました。 EP580673

・8位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」その1 開封編

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
納期1ヶ月とも言われ、メーカーの通販サイトでは予約受付すらしてもらえないことがあるらしい、 そんな中で私が手に入れることができたのは、まったくのたまたまでした。 ...
続けてオリンパスのPROレンズ記事がランクイン。こちらは「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」です。 入手困難な時期に展開したことも幸いしたのでしょう、アクセス数は順調でした。 EP582831

・7位:ソニー「α6000」その7 KITTE屋上庭園が三脚使用禁止になっていた #αアンバサダー

ソニー「α6000」その7 KITTE屋上庭園が三脚使用禁止になっていた #αアンバサダー 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今や都内有数の夜景撮影スポットとして有名になったのですが、ここにきてちょっと異変がありました。 「(以前はOKだった)屋上庭園における三脚・一脚が使用禁止」になっていたのです。 ...
ソニーのブロガー囲い込み企画「αアンバサダー」に幸運にも当選でき、 お借りしたα6000で撮りに行った東京中央郵便局・KITTE。 以前は使用OKだった「三脚・一脚」が使用禁止になり、大きな貼り紙まで貼られていた、という記事です。 ソニー公式サイトからリンクを貼っていただいていたのでこの順位になったものと思われます。 今は落ち着きましたが公開直後の来訪者数はかなりのものだったと記憶しています。 DSC00413

・6位:ソニー「α7II」その3 ピクチャープロファイル「s-log2」を写真撮影に応用したらどうなるか

ソニー「α7II」その3 ピクチャープロファイル「s-log2」を写真撮影に応用したらどうなるか 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
このピクチャープロファイル、動画向けの機能ではありますが実は写真撮影にも適用できるものですから、私もダブルに興味を持ちました。 ...
ピクチャープロファイルというのはソニーのビデオカメラに搭載されている色調整機能の名称です。 圧縮前に色を調整するため結果としてトータルで画像劣化を抑えることができる、という機能ですが、 これが実は写真撮影にも適用できると知り、ニッチなネタとして採り上げてみました。 それにしても、こんなドマイナーでニーズもない記事がどうして上位に来たんだろう。 確かに当時は積極的に連載記事にしましたけれども。こういうこともあるんですね、分からんもんですわ DSC00752-0

・5位:ソニー「FE 28mm F2」その6 足りないピースを埋めるがごとく~カメラ談義~

ソニー「FE 28mm F2」その6 足りないピースを埋めるがごとく~カメラ談義~ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
当ブログの写真をつらつらと眺めていただくと何となく伝わるかもしれませんが、 うちの売り、というか主な撮影対象は都市の夜風景です。 ...
うちのブログは、皆様思っておられる通り非常に「あざとい」タイトルをつけています(笑 その割に機材の運用話は年に数回ということで、 クイズ番組のはずなのにクイズが少ないぴったんこカンカン、みたいな印象を持たれているかもしれません。 そんな中の貴重な機材運用トーク、だからこその上位入賞なのかもしれませんね。 来年はもうちょっと機材話にも花を咲かせてニーズにも応えていかねば。 EP570684

・4位:「ザ・ボイス そこまで言うか!」場外乱闘 激論!ラジオパーク大決戦 in 日比谷

「ザ・ボイス そこまで言うか!」場外乱闘 激論!ラジオパーク大決戦 in 日比谷 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
ラジオ番組「ザ・ボイス そこまで言うか!」初の単独イベントが、本日開催されました。 場所は日比谷公会堂、ニッポン放送の「ラジオパーク」というイベントの一環、なのかな?とにかく隣接する形で行われました。 ...
ゴールデンウィークに日比谷公会堂で開催されたラジオ番組の公開イベントについて書いた感想記事が、 今年の単発ネタでダントツの伸びを示しました。 毎年、「なぜこんなに見られてるの?」みたいな記事が一つはあるのですが、今年についてはこの記事がそれに該当します。 「ザ・ボイス 日比谷」みたいな検索をかけると、うちは公式サイトに次ぐあたりの上位表示がされますので、そのおかげでしょうね。 DSC03302

・3位:オリンパス「OM-D E-M5 markII」その1 開封編

オリンパス「OM-D E-M5 markII」その1 開封編  某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
箱から出して手に持った時の感触はとても良いです。OM-Dシリーズでいちばん良いように思います。 ...
発売後半年ぐらい経過してからの導入でしたのでアクセス数には影響しないだろ、と思っていましたが、 フタを開けたら年間トップ3ですよ。皆さんオリンパス大好きなんですね(笑 ちょっと過激な論調で記事を書きましたから「煽り効果」みたいなものもあったのかな? いや、あの程度で煽り記事とは言えませんよね。カメラについては「イイネイイネー」って書いていたわけですから。 DSC07241

・2位:パナソニック「LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.」その1 開封編

パナソニック「LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私はオリ45を「初めて一眼デビューしてマイクロフォーサーズを触る方にオススメする、キットズームの次に買うべき優れたレンズ」 と思っておりその意見を変えたことはありませんでしたけれども、このレンズは良い ...
ここ数年この「アクセス数上位記事の集計」というのをやっていて思ったのは、 「高級機よりも普及機、高いレンズより安価なレンズ」の方がアクセス数が多い傾向にある、ということであります。 私も含めてやはり「自分が購入するかもしれない機材のレビュー記事」に興味が向くのだ、と思うと自然な結果ですよね。 10万超えするオリンパスのプロレンズよりも、E28mmも含めた「せいぜい5万程度の『比較的手に入れやすい』レンズ」の方が、 結果として上位に来ることが多いのだということが、よく分かりました。 この記事はその代表例だと思います。 EP540703

・1位:ソニー「α7II」その2 約1500枚撮った段階で感じたこと

ソニー「α7II」その2 約1500枚撮った段階で感じたこと 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今週はじめに無事ゲットしたソニーの新型カメラ「α7II」関連エントリです。 月曜日に入手して、5日ほど使用して約1500枚の写真を撮りました。 ...
それらすべての記事を押しのけて今年トップだったのは「α7II」関連記事でした。 例年マイクロフォーサーズ関連記事が上位を独占し、今年もその傾向であることは間違いありませんでしたが、 今年は1位に関してはα7IIネタがゲットしました。今なお当ブログアクセス数上位の記事です。大したこと書いてないのに(笑 α7IIについて申しますとモニター・ファインダーの手動切換が今なお実現していない、その一点を除いてはすべて満足です。 α7IIがある限り、例え高感度に強かろうがα7SIIの増備に40万の価値を見出だせません。モニター手動切換以外は。 ああ、だからソニーはα7IIにモニター切換ボタンを用意しないのか。買い替えなくなるものね。 DSC00372

・今回はこの辺で。

10記事中、 αネタが4つ(α7II、FE28mm、αアンバサダー、ピクチャープロファイル)、 マイクロフォーサーズネタが4つ(パナ42.5、E-M5markII、オリ7-14、オリ40-150)、 単発ネタが2つ(ザ・ボイス日比谷、横浜ファウンドリー) という結果となりました。 例年と異なりα勢がちょっと巻き返している印象ですね。α7II、出番多かったものなあ。 それにしてもこうして見てみると横浜ファウンドリーの強さは何だったんでしょうね。確かに有名店ではありますが。 やっぱり「お○○○みるく欲しいのぉぉぉ!」の破壊力でしょうか。 変なことを書くな、ですと?○○○はもちろん「ケーキ」ですよ。何を言ってるんですかあなたは 今年は私個人的に色々と「冒険した記事」があったのですが、それらはことごとく上位進出することなく圏外でした。 私個人的に頑張ったと思い出深いのは以下の2つの関連シリーズでしたが、 残念ながら両方共圏外も圏外、ド圏外記事でございました。ぬるかったか、すまぬ(笑
オリンパス「OM-D E-M5 markII」その4 動画後編「ビットレートとALL-Intra」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
そうしますと次に「じゃあIPBで充分じゃんよ、All-Intraって何のために搭載されたんだ!?」という疑問が生まれます。 ...
著作権のお話 その6 著作権法とアイデア、当ブログのスタンス 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
アイデアの話から始まり、BGM使用許諾の話や肖像権や私有地での撮影マナーなど。 もちろん全部を網羅したなどと自画自賛するつもりは毛頭ございません。 ...
動画についても著作権についても、私がそれに相対するにあたって考えをまとめておこうという意図で書いたものです。 ただ、大まかには分かっているつもりでも「そのソースは?」というのをひとつひとつあたっていく作業はある意味面倒なものでもあります。 特に「著作権シリーズ」については、関連の法律を延々読みながら「いつ投げ出そうかな」と思っていたぐらいでして(笑 内容もどこか間違っていたら意味無いですし、 まあ理解できなかった部分は「それは私には分かりません」と書いてるからいいんですけど、 とにかく記事と格闘した、という点で当ブログとしては珍しく「読み物に偏った」内容となりました。 来年も主題はともかくこういう記事をいくつか書いてみたいところです。その時はぜひお付き合いください。 次回も2015年の年末まとめ記事の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1397-fe48273a