ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 銀座界隈のイルミネーション 中編「東京スクエアガーデン」 クリスマス2015 その20

●銀座とその周辺のクリスマスものを撮り歩きました、続編です

前回に続き、銀座とその周辺をクリスマスモノを求めて撮り歩いた、という記事を書きます。 2015年度クリスマス記事も今回で20弾、今年はほぼこのネタで通す予定でおります。 「イルミネーションかよウンザリだぜ」と思われる方は年明けにお越しいただければと思います(笑 冗談はともかく、クリスマスをモチーフにしてはおりますが、その上でしっかりちゃっかり街スナップを撮っている、そこも見どころだということで。 写真の見方というのは人それぞれ、多面的であるべきだ。まあ余談ですけれども。 EM546170

・今回は京橋「東京スクエアガーデン」

東京スクエアガーデンという複合施設が京橋にできたのは2013年でしたか。もう2年経つのですね。 銀座から東京駅八重洲口に至る私の散歩コースのひとつ「京橋ルート」では必ずここを経由します。 狙って目指すわけではないのです。何の気なしに歩いていたら知らず知らずにたどり着くという。 つまりはそれだけ東京スクエアガーデンの立地がツボを押さえたものなのだ、ということになるのであります。 EM546173 京橋駅直上、銀座と東京駅前エリアの中間にある施設です。 見方によっては中途半端、しかし実際は空白を埋めるかのようにできたというべきなのでしょう。 明治屋近辺の再開発など、京橋地区はこれからどんどん変わっていくようですので目が離せません。 そして東京スクエアガーデンといえばこちら、獺祭バーであります。 私は日本酒は飲まないタチですが、ここはチャンスがあったら行ってみたいなあ。 EM546175 ここまでクリスマス関連記事を書いてきて、チェックしてくださった方にはもしかしたら伝わっているかもしれません。 私はイルミネーションは「基本的に単色」なのが好みです。丸の内然り、恵比寿然り。 それ以外の要素があるスポットは「若い人向けですね」で片づけてしまっている傾向があります。 その価値観で申しますと、東京スクエアガーデンのイルミネーションは好みではない、ということになるでしょうね。 これをご覧の方がどう思われるか、「華やか」と見るか「やり過ぎ」と見るか。いかがでしょうか。 EM546178 ここまでの写真はちょっと電飾のつぶつぶが目立ち過ぎ、というものでした。 ここから気を取り直して他の要素に目を向けてみます。 東京スクエアガーデンのビルの入り口です。 ここの雰囲気はどちらかと言うと丸の内の施設に通じるものがありますね。 EM546181 1階にあるテラス席を擁するレストランです。 フレンチビストロ「レ ロジェ ビストロ ド ロア」だそうです。覚えた!(嘘 フレンチなんですか。予約なしでふらりと行くには敷居が高そうですが、機会があったら入ってみたいお店ではあります。 EM546182 そのテラス席を撮らせてもらっています。 お客さんが座ってないので(この季節ですからみんな屋内席に座る)、このように写真にできるのです。 EM546183 MFにしてピントリングを思いっきり回して撮りました。今年よくやっている撮り方です。 要素を色にしてしまって、そのスポットの特徴を表現しようという試み。うまくいっているかと言えば、まあ微妙でしょうね(笑 EM546167

・今回はこの辺で。

京橋は大人の街なのです。 銀座は中国人の団体とかで騒々しい印象になってしまいましたが、その波は押し寄せていない印象です。 だからかな、飲食店などの混雑度もそれなり、まだ余裕があるようです。 ゆったり過ごしたい私には、銀座よりこっちの方がいいかもしれんね。 街の夜撮りをした後はバーとかで写真談義、洒落てると思いませんか?どうですこれを見ているカメラ女子! 次回はこの続きで近隣の地域のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM546176
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1376-902b6f97