ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 六本木ヒルズ「Artelligent Christmas 2015」青いけやき坂 クリスマス2015 その4
2015/11/12 Thu 23:50 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●六本木ヒルズ

都内イルミネーションスポットの中でも一二を争うメジャースポット、六本木ヒルズです。 季節ごとに大きなイベントを、どどん、どどんと打ち出しますよね。ハロウィンも凄かったと聞きます。 今回の記事では六本木ヒルズイルミネーション名物「けやき坂」に挑んだことを書いてまいります。 Roppongi Hills Artelligent Christmas 2015 DSC04693

●けやき坂だけだった

その前に。私はものすごく大きな見落としをしていました。 私が写真を撮りに行ったのが11月10日。実はこの段階で六本木ヒルズのクリスマスイベントはまだ完全には出揃っておらず、 けやき坂の他には展望台だけ、展望台は有料ですから「無料で回れるところ」を旨としている私にとってはけやき坂オンリー、 66プラザやクリスマスマーケットといったイベントが始まるのは来週以降というのを完全スルーしておりました。 ここには12月になったら再出撃するしかないなあ。 DSC04744 けやき坂の上に、歩道橋がかかっておりまして、そこが撮影名所です。 いちばん上の写真、向こう側に東京タワーが見えるシーンが有名でもちろん撮るわけですが、 私達スナップ派は、反対側も押さえておかなくては。 DSC04687 MFにしてピントリングを思い切って回し、丸いボケだけで構成する写真。 記録としてはほぼ無意味ですが、「こういう色で構成されているんだよ」ということを感じ取っていただくことはできそうです。 上半分の中央に縦に並んでいるオレンジの丸ボケは東京タワーであります。 DSC04701 六本木ヒルズといえば森タワー、東京タワーと並んで「都内のあちこちから見ることができるランドマーク」であります。 ここに来たからには被写体にするしかない、ここで全体を押さえるか一部分を切り取るか、というセンスが問われます。 今回は中望遠レンズを使ってビルの一部を切り取り、イルミネーションを前ボケにしました。 使用したレンズはソニーAマウントの「85mm F2.8 SAM」です。 前ボケにはもっと思いっきり大きくボケて欲しいところでしたが、F2.8だとやはり限界があるのかなあ。うーんもう一息! DSC04706 港区内を走るコミュニティバスでしょうか。 車体の塗装?ラッピング広告?とにかく模様がけやき坂に溶けこむかのようです。 DSC04710 「FE 28mm F2」にワイドコンバーターを取り付けて、21mmF2.8相当で撮りました。 右上隅の街灯を構図で切れなかったのは残念でしたが、 これは下の方で並んで東京タワー方向を撮っているギャル2人組を優先させたからであります。 街スナップである以上、全てが自分の思い通りになるわけではない。写真の出来はともかく、自分が何を生かしたいか、 それが瞬間ごとに試される…と書くとものすごく考えて撮っているように見えますね。実際はあまり考えてません(笑 DSC04704 車道の向こう側を撮ってみます。高級ブランド店の派手な店先が印象的でした。 よく見ますと三脚やスタンドを持ち歩く歩行者が多いですね。ゴツい方はどこかの撮影スタッフかな? DSC04715

●今回はこの辺で。

けやき坂イルミネーションといえば青白ですよね。 しかし30分ごとかな?色がガラリと赤色に変わるのです。 次回は「赤いけやき坂」の写真を掲載する予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC04705
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1351-20f3ef32