ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「85mm F2.8 SAM SAL85F28」その6 日比谷・丸の内・東京駅
2015/11/07 Sat 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●ソニー「85mm F2.8 SAM」

ソニーAマウントレンズ「85mm F2.8 SAM SAL85F28」関連エントリとなります。 相変わらず東京駅近辺でお茶を濁すブログでございます。 ただ、転んでもただでは起きまへんで!ちょっとずつ絵面を変えとるんじゃ! 昔の記事と比べるのは堪忍してね というわけでスタートはここ、例によって銀座四丁目交差点ですが、 今回は日比谷から東京駅にかけての写真を掲載します。 DSC04546

●日比谷

晴海通りからちょっと入ったところ、丸の内仲通りの南端近くで撮っています。 ペニンシュラホテルやニッポン放送があるあたりですね。 このあたりは丸ビル近辺に比べてまだ雑然としている印象です。 DSC04550 雑然とした印象の有楽町駅日比谷口界隈から、通りを挟んだ向こう側、お堀沿いを歩きます。 一転して都心とは思えない、いや都心であることには間違いないのですが、ここでしか見られない風景に出ます。 お堀沿いは仕事帰りのサラリーマンが時々、あと、内堀通りを走ってりゃいいのに皇居ランナー。 DSC04558 日比谷交差点に近いお堀沿いです。定番のシーンですね。 微妙に水平が取れてないあたりが、今の私の実力を示していてちょっと残念。 DSC04554

●丸の内

お堀沿いに歩いて、丸の内に向かいます。 どうしてもここに目が止まってしまい、歩み寄ってしまう悲しい性よ。 明治生命館です。 昭和初期の建築で、戦災をくぐり抜けて現存する重要文化財です。 丸の内マイプラザという複合施設の一部、という形で、これはもう今後もずっと残っていくでしょうね。 DSC04570 丸の内仲通りです。イルミネーション開始まであと一週間を切りました。 私はこの、ブリックスクエアから行幸通りにかけてのエリアが持っている独特の雰囲気が好きで、よく通りがかります。 通りがかるだけという悲しさ(笑)その都度洋服とか買ってる余裕なんてありませんもの~ DSC04572 丸ビルのお店外観を切り取ってみます。 85mmでスナップというのは存外に難しいものですね。センスが問われるような気がするなあ。 もっとも、35mmだろうが50mmだろうがセンスが問われるのは同じことなんですけど。 DSC04617

●東京駅

ちょっと早い時間の東京駅近辺です。行幸通りから撮りました。 周囲はビジネス街ですからカメラを取り出してスナップ、というのにちょっと引け目を感じる方もおられるかもしれませんが、 この行幸通りは観光地です。みんな思い思いに撮りまくっています。 DSC04603 東京駅丸の内駅舎の北口ドームと南口ドーム、写真は北口ですけれども、ライトアップされる色にバリエーションがあります。 私は赤と青を見たことがありますが、他の色もあるのでしょうかね。黄色とかレインボーとか。 DSC04574

●今回はこの辺で。

ちょっと駆け足になってしまいました。 85mm F2.8でのスナップについて思ったのは、やはり夜はシャッタースピードを稼げなくてちょっとツライね、という事でした。 私は撮影意図から外れたところでのブレ・ボケを極力排除していきたいと考えていますので、 無敵の手ぶれ補正機能を持つオリンパス機に慣れている現状、なまってしまった身体の手ぶれ防止癖から、 脱していかないといけないなあと思いました。 「85mm F2.8 SAL85F28」についての集中掲載はいったんここまで、次回は別のネタになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC04614
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1348-3d360c5a