ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「85mm F2.8 SAM SAL85F28」その5 日本橋・くまみこ・α7II
2015/11/06 Fri 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●ソニー「85mm F2.8 SAM」で撮り歩き

ソニーのAマウントレンズ「85mm F2.8 SAM SAL85F28」関連エントリとなります。 前回銀座から京橋近辺まで進みまして、今回は日本橋八重洲あたりの写真を掲載します。 夜撮りのボリューム感は少なめですがとにかくイッテミヨー DSC04327 日本橋タカシマヤ、髙島屋東京店です。 DSC04323 この時私は日本橋に用事がありました。 上の写真にある髙島屋東京店…ではなく、そのお向かいの丸善日本橋店です。 私が現在唯一単行本を購入している漫画「くまみこ」の最新刊が発売された日でした。 丸善でも漫画コーナーで平積み、しかも結構減っていましたので、あのビジネス街でも買っていく人が多数いたものと推測します。 くまみこ オフィシャルサイト テレビアニメ化も発表され一部で話題沸騰!いつから始まるんだ!続報きぼんぬ

くまみこ
日本橋丸善でくまみこ5巻無事(σ・∀・)σゲッツ!! ほっこりしながら東京駅まで歩き、そこから電車に乗って帰りました、という話でした。 なんと、85mm F2.8 SAMの写真ネタは今回はここまで! DSC04358

●α7IIよ、イライラさせやがるぜ(ベジータ調で

85mm F2.8については概ね良好な印象を持っています。 が、ボディの方に不満ありでございます。それも「ただひとつの仕様」がすべての元凶という。 以前から散々書いてきたことではありますが、久々にαを集中して使っていますので、そのアラが目立ってしょうがないのです。 電子ビューファインダー(EVF)搭載カメラで撮影する際、被写体を追いかける手段として、 「EVFを覗いて撮る」と「背面モニターを見ながら撮る」という2つの方法が用意されています。 状況によって「EVF」と「背面モニター」を使い分ける、というのがスマートな使い方というわけです。 さて、α7IIは、EVFと背面モニターの表示切替を、自動で行うことができます。 昨今のEVF機なら当たり前の機能ですが、その表示切替を何をもって判断するか、がメーカーごとに考え方が異なっています。 ソニーα7II(というかα7系全般)は、その切替判断を「アイセンサー」と言って、EVF上部についている赤外線センサーで行なっています。 普段は背面モニターに表示されるものが、顔をEVFに近づけると、EVF表示に切り替わるというわけです。 しかし、α7IIはこのアイセンサーがダメダメでして、 背面液晶を水平に持ち上げて(上から見下ろせるようにして)カメラをウェストレベルで構えると、 何とお腹に反応してEVFに切り替わりやがるんですよ。これでは使いものにならない。 荒い言葉を使いますと「チルト液晶の意味が無いクソ仕様」です。 私がここでこの点を指摘するのは今更な話で、あちこちで声が上がっている事柄ですからそう思っていらっしゃる方が多いのでしょう。 個人的には「プロなり、開発なり、テストした人が使い心地をフィードバックしなかったのか?」とすら思います。 高名なプロはファインダーしか使わなかったために気づかなかったのかもしれませんが。 センサーが頼りにならないならば、せめて手動で行いたい。 しかし現在のメニュー構成では「メニューボタン→項目を探しだす→設定を変える」ということを、毎回やらされます。 どのぐらい面倒かと例えますと、EVFからモニター、モニターからEVFと撮影スタイルを変えるたびに内蔵時計を合わせ直すレベル、 と言えば伝わりますでしょうか。 自動切り替えは役に立たない、手動切替は操作が煩雑すぎる。 私はこの「EVF・背面モニターの切り替えのストレスが大きい」のがα7II最大の弱点だと考えており、 この一点さえ改善されればα7IIは殿堂入りの名機であるとすら思っております。 ですので、たびたび来るソニーのアンケートメールに対して、あと、αアンバサダーミーティングでも、 「(今更アイセンサーの調整などできないだろうから)EVF/背面モニターの切り替え」をカスタムボタンに割り振れるようにして欲しい、 と要望してきました。 もちろん私だけではない、そう要望する人は多いはずです。 一発切換できれば、すべてのストレスの元凶を無くすことができるのです。 しかしそれはこれまで実現してきませんでした。まあ仕方がない、単なる末端ユーザーのワガママですからね。 結局α7IIではなく、新型モデル「α7RII」でその「EVF/背面モニター切り替え」をボタンに割り振ることができるようになったそうです。 α7RIIを購入するお金がない私は横目でそれを羨みながら「α7II」でもファームアップで対応してくれないかな… と思っておりました。 そうしたらここ昨日から今日にかけてTwitterを見ていますと、α7IIファームアップの予告があったようですね。 当ブログにも > LA-EA3で位相差AFができるファームウエアがでるようなのでAマウントのレンズも購入候補になったですが、 > LA-EA4を既に買った人の気持やこれからのAマウントを考えるとちょっと複雑ですね。 というコメントを頂戴しまして、どうやらファームアップがあるのは本当のようだ、と。 どうもかなりの機能強化があるようですが、私個人的にはそれは後回しでいいです。 今回のファームアップで「EVF/背面モニター切り替えのカスタム項目化」が実現するかどうか。興味はその一点であります。 α7RIIと比べましてα7IIが持っていないカスタム項目(カスタムボタン一発設定に割り振れる項目)は、以下の6項目となります。 ・ブラケット時のセルフタイマー ・ISO AUTO低速限界 ・ブライトモニタリング ・MOVIE(動画) ・サイレント撮影 ・FINDER/MONITOR切換 人それぞれ用途が違いますから何にときめくかは十人十色。 私の場合は「MOVIE(動画)」と「FINDER/MONITOR切換」の2つが盛り込まれるか否か。期待して待ちたいと思っています。

●今回はこの辺で。

盛大に脱線しました。申し訳ございません。 次回も「85mm F2.8 SAM」関連エントリの予定です。 あと、忘年会企画が水面下で始動中です。実現しましたらあらためて告知いたします。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC04311
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1347-7c61acdf