ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「85mm F2.8 SAM SAL85F28」その2 浅草試し撮り
2015/11/03 Tue 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●久々に買ったAマウントレンズ

私としては久々に入手したAマウントレンズ「85mm F2.8 SAM SAL85F28」関連エントリとなります。 レンズ自体は5年前から世に出ているものであり、世間的な目新しさは無いと思います。 実際私も「うちには85mm F1.4があるもんねー(・∀・)」ぐらいに思っており、スルーしておりました。 が、フルサイズEマウント対応の「軽量小型」中望遠単焦点がなかなか発売されず、 サードメーカーながらようやく出た「Batis85mm」が高い上に品薄らしく今なお手に入る見込みが無い。 そんな中で可搬性を求めて手を出した、というあたりは以前に書いたとおりです。 実際に手に入れて試しに使ってみましたら、意外にしっくり来るじゃないですかこれ(笑 というわけで調子に乗って出掛けてきました。 行った所は浅草です、当ブログにとっては最近はもっぱら機材ネタの舞台として登場してもらっています。 DSC04381

●独特の描写、と言うべきか

私はレンズというか撮った写真に対して、「狙ったピントはピシっと、ボケはゆるゆる美しく」というものを期待しています。 85mmともなれば、私の発想ではボケ狙いに走りそうになります。 が、全体を見せる写真でも当然に使えるわけで。こんな写真でも。 DSC04368 少し前にいただいたコメントで、 > 馬場さんもPlanarとまで行かずとも、近い描写(滲むボケ)をするということで、オススメしてましたな! というお話がありました。 ボケ重視のαレンズ、という看板に偽りなし、なのかな? DSC04362 観光地、人の多い場所で私が用いるド定番の構図です。 人物をモチーフにして、ボケで周辺状況を説明する。逆もありますけど。 大写しになる人物はあくまでもこのシーンを撮影しようと思わせた動機としての主題(モチーフ)ですので、それが誰であるかはどうでもいい、 ですから個人情報とならないように考えて撮る、というわけです。 平たく言えば顔を撮らないという。 DSC04369 おみくじを撮ろう、と思っていたら外国人旅行者が前に出てきたので急遽そちらをモチーフにさせてもらいました。 逆に、多少ボカすことで個人の特定についてグレーゾーンを狙いつつ、撮影意図ははっきりと。 私としては気に入っています。 当初の狙い通りに「ただおみくじを撮っただけの写真」だったらどうなっていたかと思うと背筋がうすら寒い思いです。 DSC04384 結局浅草寺の雰囲気を最もよくあらわすことができるのは、このあたりなのかもしれません。 赤で構成されるところに直線が入る、それに合わせて水平をとる。 私にとっては練習場所でもあります。 DSC04379

●今回はこの辺で。

次回も浅草編です。 結論から申しますと、従来のレンズ(85mm F1.4)と遜色ない使い心地&成果を得ることが出来たと思っています。 もちろん「昼間だから」というのが大きいんですけどね。夜撮りではプラナーの圧勝です。 そういったあたりを踏まえていただきつつ、よろしければまたご覧いただければと思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC04365
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1342-f95caf63