ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「東京ディズニーシー ホテルミラコスタ」の結婚式に出席した!その3 披露宴

●ディズニーミラコスタ結婚式編、3回目です

友人の結婚式に招待いただき、出席してきたことを、連続して記事にしています。 前回までで、現地入りするところから挙式までを書いてきました。 「東京ディズニーシー ホテルミラコスタ」の結婚式に出席した!その1 現地入り 「東京ディズニーシー ホテルミラコスタ」の結婚式に出席した!その2 結婚式 今回のシリーズの趣旨としましては、あくまでも「機材の活用」に軸足を置いたものを志向してはおりますが、 当然に結婚式風景の写真をもろもろ掲載するという中で、その写真の内容にも触れないわけにいきません。 その上で、友人夫妻の門出を祝すという意味もあり、それなりにレポしていこうと思います。 こいつ真面目な文章も書けるのか、と思っていただけると嬉しいです。 実際、良い結婚式でしたよ。 EM525559

●披露宴会場へ

披露宴会場は華やかなもの、と相場が決まっておりますが、もちろんミラコスタもその例に漏れません。 ホテルミラコスタの入口からもうさんざん豪華なところを歩いてきていましたから麻痺しかかっておりましたが、ひときわ豪華。 写真中央、新郎新婦席の正面に広く空間ができていますね。後々これがミソなのだなと思い知ることになります。 EM525553 各席に用意されている、カードホルダーです。ミッキー&ミニー。 これが適度なズッシリ感があり、ものすごく良く出来ているのです。 友人連中と一緒に感嘆しながら「引き出物もいいけど、これが欲しいな」と言っておりましたら、後で箱詰めにして下さいまして。 ちゃんと持ち帰らせていただきました。これは嬉しい。 また、その後ろのナフキンなんですけれども、それぞれディズニーキャラを見立てて折られていまして、これも嬉しいものですね。 席ごとにキャラクターが異なっていたようですが、私の席はご覧の通り、ドナルドダックでした。 P9990657 飲み物は飲み放題、ちょっと場違いとも思えるような日本酒や焼酎も完備でした。 ディズニーリゾートオリジナルカクテルが人気だったようです。私も数種類いただきましたよ。 でも私にとっての主役はやはりビールですね(笑 P9990710 式の進行はオーソドックスなものです。 新郎新婦の生い立ちからのビデオ上映、来賓の祝辞、乾杯、日本人が慣れ親しむフォーマットに沿って進行します。 そういう部分で安心感を持たせないと、年配の出席者が納得しないから…なのかな?と思っておりました。 まあ、スタンダードは大切。それをキッチリ押さえた上でアレンジが生きてくるのです。思い返せば写真も動画もそうですもんね。 EM185586 一通り、基本の流れを終えたところで、どーん!ミッキー&ミニーの登場です。 正直私は驚いた、ディズニーキャラが登場することは想像もしていたが、いきなりミッキーからですよ。 ウェディングケーキの入刀をサポート、会場の熱気は一気に高まります。 この風、この肌触りこそディズニーよ! そう言えば帰り道、ミッキーを躊躇なく投入してくるディズニーの潔さを私が賞賛しましたら友人が 「いや、ディズニーならミッキーはデフォでしょ」と言うもので、私は納得して 「なるほど、でももし『バンダイミラコスタ』でガンダム結婚式があったら、RX-78は絶対別料金だよ」と言いましたら、 「そうだね、バンダイならそうするね」とみんなで頷きあっていたという。 要するに、ディズニーに「顧客を満足させるためには妥協も出し惜しみもしない」というイズムを、 今更ながらあらためて感じた、ということなのでした。 EM525562 もちろんミッキー&ミニーだけではございません。ドナルドもデイジーも登場します。 ショーを見ているような気分になりました。至福の時であります。 EM185574

●今回の機材話

さて、カメラの話ですけれども。 既に書いております通り、私は「結婚式では望遠ズーム・広角ズームが重宝され、標準ズームは相対的に影が薄い」と思っておりました。 が、今回は様子が違いまして、フタを開ければ標準ズームが大活躍でした。「GM1 + パナ12-35」が過半じゃないかな。 今から振り返りますと、式場の構造と、私の居所による要素が大きかったものと思われます。 会場が「横に広く、縦に短い」構造をしていましたので、望遠ズームを多用する必要がなかった点、 パーティー冒頭に会場全景を押さえた後は、広角ズームがほぼ出番を失った点、 以上のことから「帯に短し襷に長し」と思っていたのに実際には「帯は長くなくてよく、襷は短くなくてよい」という状況で、 結果標準ズームがオールマイティーに活躍した、ということでありました。 教訓としましては「やはり事前の情報収集が大事」ということに尽きます。 まあ、もしこの会場で仮に私がオフィシャルカメラマンだったら標準ズームと望遠ズームの2台持ちをしたでしょうから、 7-14はやはり局地戦用だということになるのでしょうね。ちょっと認識をあらためるきっかけになりました。 EM185591

●今回はこの辺で。

思いがけず(というか、本来そうだったんだとは思いますが)標準ズーム大活躍の局面が続きます。 次回も結婚式編、料理メインです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1333-cf6bd60b