">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > 著作権のお話 その3 許諾の必要性
2015/09/12 Sat 23:50 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

●今回のテーマは「著作権との向き合い方」

最初に書いておきます、今回は音楽の話になります。 「ユーザーであり、また、クリエイターでもある立場として、私達がどのように著作権を尊重するか」 という話のひとつとしてご覧いただけると嬉しいです。 写真の話は今回はちょっと少なめかなあ。

●BGMの使用許諾

写真の話、と言って始めたはずの著作権シリーズなのにこの内容はどうなのよ、とは思いましたが、 当ブログ的にはきわめて重要な課題ですので、書くことをお許しいただきたい。 私も含めて、何らかの形で動画を制作し、YouTube等の共有サイトにアップロードしている方は意外に多いことと思います。 もちろん「撮影したもの撮って出しをそのまま掲載」する場合も多いのですが、一方で、 「動画編集ソフトを使用して映像素材を切り貼りしてテロップやBGMを足して(これを『編集』と言います)動画を作り上げ、掲載する」 という方も多いのではないでしょうか。 私は目的に応じて両方の手法を活用しています。活用というほどではないですね。マイナーなアカウントですので。 当ブログのYouTubeアカウント 今回は「撮って出し、そのまま掲載」の方は置いときます。 編集の過程で行われる作業のひとつ「BGMの選択」について、実例を挙げて触れてまいります。

・「孤独のグルメ オリジナル・サウンドトラック」は著作権フリー?

みんな大好きドラマ「孤独のグルメ」。今秋新シリーズが始まるそうですね。 私も楽しみに見ているクチですけれども、ドラマの内容と同時に、私の興味は別の事にも向いていました。 「BGMが、著作権フリーだって、まじか」ということであります。 動画に使用するBGMについて慢性的に飢餓状態である私は、一も二もなく飛びつきまして購入したのであります。 EP502857

 一般には珍しい「JASRAC非登録」という存在

「孤独のグルメサントラが著作権フリー!?」発売当時、このことは大きく話題になりました。 原作者でBGMも担当している久住昌之氏がTwitterでこのようにつぶやいたのが引き金になったそうです。 ですが、この事についてはレコード会社が明確に「否定」しました。 地底レコードオフィシャルサイト「著作権問題」 発端となった原作者久住昌之氏の「著作権フリー」という言葉の選び方が違っていた、ということです。 後に本人も訂正をしています。 「著作権フリー」ならぬ「JASRACフリー」ということなのですが、 では「JASRACフリー曲」と「JASRAC登録曲」とでは、何が異なるのでしょうか。

 実はあまり違いはない、のか?

「孤独のグルメ オリジナル・サウンドトラック(以下『孤独のグルメOST』)」の著作権は「ザ・スクリーントーンズ」にあり、 販売している「地底レコード」というレコード会社が「著作隣接権」を持っていることになります(著作隣接権の話はひとまず置きます)。 この点は前々回の記事で触れたとおり「著作権は無方式主義により自動的に発生する」ため、自明です。 ですので、「孤独のグルメOST」の楽曲をBGMとして使用させてもらおうと思ったら、著作者に許可をとらなくてはなりません。 その点ではJASRAC楽曲と、メカニズムは同じです。 じゃあ「孤独のグルメOST」の楽曲利用は結局「手続き」が必要なのか?話が違うな! …その通りです。「無許可で無制限に利用できる」わけではない、ということなのです。たとえCDを購入したとしても。 ただ、その「手続き」は、簡便そのものです。書類の提出が必要なわけではありません。 久住氏や地底レコード者のTwitteerアカウントにメッセージ、でも構わないようです。 また、「非営利」「非アダルト」であれば許可はもらえるらしい(重要、後述)ですので、看板に偽りがあるわけではありません。 一方のJASRAC楽曲。こちらは大変ですね。 楽曲の元音源を使用したければJASRACに対してではなく、「音源製作者(レコード会社等)に許可を取ってくれ」ということだそうです。 Screenshot (4) 著作権法で認められる範囲内での引用 JASRAC 動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 さて、例えば私が自分の動画でサザンオールスターズの歌をBGMとして利用したい、と思ったとします。 どこに許可を取ればいいのでしょうね。上にある通りJASRACではないらしいですから、ビクターでしょうかね。 仮にビクターだとして、どこが窓口なんでしょうね。どのように申しこめばいいのでしょうね。 ちょっと検索してみましたら、手順が記載されたページがありました。 …ん?ちょっと待て?よく見たらこの方法でもダメですね。  個人運営のホームページ、ブログへの音源、アーティスト写真、ジャケット写真、映像のご使用に関しましては  すべてお断りいたしております。  また、YouTube等の動画投稿・共有サイトにおける個人のご使用につきましても、同様にお断りいたしております。 との文言がありました。こりゃ残念。 楽曲の元音源の使用についてはJASRACは「レコード会社に許可取ってくれ」というスタンスで、 肝心のレコード会社は使用を認めない、ということですから、これは「詰み」ということになります。 一方で「孤独のグルメOST」については、そのような事態にならない、極めて簡便な方法で使用許可を得ることができる、 というわけです。 じゃあJASRACは何のために存在するのか? ここで書いているような「個人的な用途の楽曲使用」のためにあるのではなく、 日々多数の楽曲を扱い多くの著作権者に許可をとらなくてはならない、具体的には映像制作や放送の会社の手続き簡略化のために、 「うち(JASRAC)が間に入ってやるから、とりあえずうちに年間定額制でお金払っておいて、あとは好きに使いなよ」 と斡旋する役割なのですね(これを「包括契約」と呼ぶそうです)。 ですからそういった会社にとっては逆に「孤独のグルメOST」のようなJASRAC未登録の楽曲を使用するためには、 久住氏や地底レコードに個別に許可を取りにいくしかなくなる、という不便な状況になるようです。

・「BGMを使わせてもらう」別の方法

JASRAC登録曲の音源をそのままBGMにすることは、個人で行う場合は事実上不可能である、というのが結論になります。 では「孤独のグルメOST」以外の曲を使いたい場合はどうすればいいんだ?映像に合った曲がどこかに無いのか? という疑問も出てきます。 もちろん存在します。しかも多数。私も実際、それらの楽曲を使用させていただいています。 ここでは大きく2つの方法を提示します。 「世間のユーチューバーが既に散々行っている手法」であり、私の独創ではございません。

 編集ソフトウェアに付属の音源を使用させてもらう

動画の編集には主に、パソコンのソフトウェアを使用します。 たいていのソフトには「ご自由にお使いください」という音楽が用意されています。それを使用する方法です。 ソフトウェアに収められている楽曲はそのソフトメーカーが権利を持っていて、その上でユーザーに使用を開放しています。 ですのでそのソフトウェアを自分で持っているならば、そのソフト上で自由に使っていい、ということになります。 ここでは1曲例示します。アップル「iMovie」収録の「Buddy」です。 (メーカー公式が見つかりませんでしたので「演奏してみた」から引用掲載。) 曲自体も洒落てますし、曲リストを表示させた時にこの曲は頭文字が「B」ですから上の方に出てくる、という点も大きいのでしょうね。 YouTubeのガジェット系動画を中心にめちゃめちゃ使用頻度が高く、マックユーザーでない私でもよく知っています。 「この動画はiMovieで作りました」ということをアピールしたいのか、ぐらいよく耳にします。 私も「この曲をBGMにしたいから」という理由だけで、一時Macbookの購入を検討したほどです(笑 なお、YouTubeにも現在同様の趣旨でBGMが大量に用意されていますが、そちらはまだ私が使いこなせていないこともあり、 ここでの言及は差し控えます。 現時点での感想は「ちょっと使いづらいね」というものです。 使用頻度が高い曲だけまとめてすぐに呼び出せる、とかあればいいんですけどね。

 無料音楽素材サイトの音源を使用させてもらう

もう一つの方法は「音楽素材サイト」の楽曲を使用させていただくというものです。私は現在これをBGM作業の主流にしています。 著作権はもちろん作曲者さんにあるんですけれども、使用する権利を開放してくれていて、柔軟に使わせてもらえます。 作曲者の方によっては用途を限定したりすることもあるようですが、「無料&目的自由」のところが多いです。 著作者人格権の問題もありますから極端な改変は控えるべきですが、尺の調整のために途中でカット、ぐらいは許可されています。 ここでは私もお世話になっている音楽ダウンロードサイトをご紹介します。 DOVA-SYNDROME http://dova-s.jp/ フリー音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/ 甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/ 著作権フリーの音楽配信「デコリオン」http://www.troisvoix.com/decorion.html 私がBGMを探す場合には、現在はこちらの4サイト様をあたらせていただいています。 いずれもクオリティが高く、私の好みの曲が見つかるもので、重宝しています。 これをご覧の方、他に良いサイトさんがあれば教えて下さい。「JAZZ・BOSSA系が充実」しているところが嬉しいです。

●今回はこの辺で。

写真の話どころか、全部音楽の話で終わってしまいました。 本当は今回で全部書ききるつもりだったのですが。 記事内の「JASRAC楽曲の使用」というのは、全部、元の音源の話ですので。 歌ってみた、とか、演奏してみた、というのとはまったく別の話ですので、その点だけご承知いただければと思います。 自分でBGMを作れる!という方は、そうすればいいさ!羨ましい! 次回はこの続きとなります。たぶん写真の話になると思います。 また是非お立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1307-409f552f