ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 続々・国家中枢そぞろ歩き その3 三宅坂
2015/09/03 Thu 21:54 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●国家中枢シリーズ第三弾も中盤戦

日本の官公庁が集中するエリアを夜撮りしながら歩く不審者っぷりが良い企画「国家中枢そぞろ歩き」シリーズ第三弾。 日比谷見附からスタートして桜田門をかすめ、更に歩いてまいりました。 皇居のお堀沿いを進んでいる、というイメージです。 今回のスタートはこの国会前の交差点から。とにかくイッテミヨー DSC03505

・今回は三宅坂

この「日比谷から桜田門方面の、お堀沿いの道」は、ゆるやかな上り坂となっています。 この坂がいわゆるひとつの三宅坂、首都高のジャンクション名にもなっていますからラジオなどで耳にすることも多いですよね。 また、かつて近隣にあった社会党本部もその地名から「三宅坂」という異名がつけれられていました。 私は20代前半の頃に一度(社会党とはまったく関係ない)イベントで三宅坂ホールに行ったことがありますが、 その時すでに建物は老朽化が著しい、えらく古びた建物だったなという記憶があります。 まあそのことはよろしい。今回は社会党の話ではありません。 DSC03515

・最高裁前の公園から眺める

三宅坂交差点の角っちょに、最高裁判所があります。 と、さも詳しいかのような書き出しですけれども、私は今回初めてその事を知りました。 名前には聞く最高裁、ここにあったのね。 生活直接縁がない施設ですので。時間帯がアレですから中に入れるわけでもなし、そもそもどこが入口か分からずじまい(笑 DSC03525

・国家中枢はドローン禁止

この撮り歩きを敢行したのは実は5月でした。3ヶ月も前じゃーん。 で、その当時話題になっていたのが「官邸ドローン事件」であります。 ドローンとは無人機のこと、転じてラジコンヘリコプターを指します。マルチコプターですね。 それが首相官邸の屋上に落ちていて、しかも長いこと誰も気づかなかったという。 「そんなものの侵入を許すとは何事か!」と担当が怒られた、かは定かではありませんが、 その後監視が厳しくなったのは事実でありまして、 私がこの最高裁前の小さな公園に行ったのは事件の直後あたりでしたので、 そうか、この辺も警戒態勢になっているのだなとあらためて思ったのでした。 DSC03521

・246の起点

そしてその三宅坂交差点が、かの有名な国道246号、青山通りのスタート地点だという。 私は年頃の男の子ですから、そういう地理的なものや地図を見ながらグヘヘみたいなことが好きでして、 車に乗っていた時にはただ通過するだけだったこの場所に今回自分の足で立った、そのことについて奇妙な感慨がありました DSC03526

・治安が良いって素敵なことね

三宅坂交差点から青山通りの歩道に入り、少し歩いてみます。 最初に感じたのは、歩道が暗い、ということでした。 車道は煌々と照らされていて明るいのですが、街路樹が生い茂りその光が歩道に届いていないという。 足元が分からない&すれ違う人に気付かないレベルです。この写真は明るく撮れていますね。 最高裁の脇の歩道です。交差点ごとに警察官が見張りに立っているような街なのに。うちの近所の歩道すら街灯が光って明るいのに。 色々と理由なり土地柄なりがあるのでしょうね。 公的施設が並んでいて民家が少ないこと。 千代田区に住む世帯はたぶん富裕層でしょうから、夜に徒歩で出歩いたりしないだろうという事。 あと勝手に想像したのは、歩道が多少暗くてもただちに犯罪に結びつかない、治安維持にそれだけの自信があるのだろうな、と。 ともあれ、治安の良さはぎゅんぎゅん感じられるエリアですので、暗かろうが薄気味悪さのようなものとは無縁でありました。 DSC03527

●今回はこの辺で。

三宅坂という名前は「三宅土佐守の江戸屋敷があった」ことから名付けられているそうです。 ではそのお屋敷は現在で言うどのあたりにあるのか。 ブラタモリなら古地図片手に専門家の補足解説付きで歩き回れるところですが、 一般人たる私は時折立ち止まってスマホ地図を確認し、ベンチに腰掛けて検索し、そうやって彷徨うのであります。 道に迷うこともありますね(笑 というわけで、次回からは道に迷いながらやっとの思いで辿り着いたエリアを書いていきます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1300-1989c3b0