ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 続々・国家中枢そぞろ歩き その1 日比谷見附
2015/09/01 Tue 16:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●国家中枢そぞろ歩き、サードシーズン(笑

久々のαネタとなります。とは言っても5月に撮った写真の掲載なのですけれども。 当ブログは主に山手線の東側、上野~東京駅~新橋あたりをメインに撮り歩いています。 ですのでそこからちょっと離れただけで私にとっては大冒険、というわけでこのように大々的にネタにしてしまうという。 「国家中枢そぞろ歩き」と大層な名前をつけておりますが、 何の事はない、官公庁街や政治中枢の近隣を撮り歩く、というシリーズであります。 最初のシリーズは「日比谷~霞ヶ関~国会議事堂」と歩きました。 セカンドシーズンは「迎賓館~赤坂~虎ノ門」と歩きました。 そして今回のサードシーズン(笑)まあたぶん今回で完結編となるでしょう。とりあえずイッテミヨー

・見附って何よ

スタート地点はこちら、日比谷見附跡です。 見附とは何か? お城の入口に門がありますよね。その門をくぐったら、直角に曲がって続けてまた門があったりしますよね。 ざっくり申しまして、そこの部分の事です。「見張り小屋・防御機能付き城門」と言う表現が良いのかな?分かりませんが。 江戸城には見附が外堀内堀にいっぱいありまして、そのうち主だったものを集めて「江戸城三十六見附」などと呼ぶそうです。 現存していなくても地名に残っていたりしますよね。赤坂見附がその最たる例でありますが、 日比谷見附も石垣が現存し、有名な部類なのではないでしょうか。 DSC03476

・石垣の上にのぼってみる

その石垣の上にのぼってみます。 江戸の香り…はしませんね。遊歩道とベンチが整備されていて、ビジネスマンやOLの憩いの場所となっているようです。 DSC03475

・海の名残り?

日比谷公園にある「心字池」です。しんじいけ、と読むはず。 ぐねぐね曲がった形をした池を「まるで『心』の字のようではないか」ということで、他にも同じ名前の池があるそうです。 さて。 日比谷は昔海だった、ということを、以前当ブログでも書いたことがあります。 入り江ですね。日比谷入江。日比谷や丸ノ内の部分がえぐられるように海だった、というわけです。 今現地に立ってそんなことを言われても「うそん」の一言で済まされかねないレベルに海の印象が無い場所になっていますが、 日比谷のお堀と、この心字池は、日比谷入江の名残り、なのだそうです。 てことは!てことはですよ!この池の水!なめたらショッパイんですかね!?興味津々、心字池。 DSC03473

・雰囲気のあるレストラン

ここを通るたび、また、このように写真を撮って記事にするたび思うんですけど、雰囲気いいですよね。 こういった場所で仕事帰りにビールでかんぱーい!とかいうアーバンライフのビジネスメーンに憧れた時期が、私にもありました。 時にはそういうことをしても良いような気もしますね。 というわけでまたそのうちオフ会やりましょう DSC03479

●久々のαネタ

冒頭で書きました通り、今回の撮影機材は久々登場のソニーαです。 現在の我が家のエース機「α7II」であります。 α7RIIはスルーでございます。「お金が無いから」というのが最大の理由ですが、 「うちにはα7IIがあるから」というのも非常に大きいのです。 「EVF←→背面液晶の自動切り替え」と「動画手ぶれ補正」以外は大満足しています。 α7RIIには及ばないのかもしれませんが、これぐらいメリハリが効いていれば、私には充分です。 DSC03484

・今回のテーマは「手ぶれ補正」

この「続々・国家中枢そぞろ歩き」シリーズ、3~4回続くと思いますけれども、撮影の上では大きなテーマがありました。 すなわち「暗所でのスナップ」であります。 私は通常ISO感度を上限を「1600」までしか使いません。 α6000をお借りした時にはISO3200でも遜色ない、と思いましたが、結局今でも使ってないですね。 今回の記事の写真は、まだ空は青く、暮れ切っていないですからそれほど苦労はありませんでした。 写真としても「今回はまあブレてないよね」ぐらいの印象ですけれども、 実はこの先の記事で、足元もおぼつかないほど暗いところに進んで行くことになるのです。 いかに撮り歩くか、その悪戦苦闘ぶりが本シリーズのテーマのひとつとなることでしょう(笑 DSC03483

●今回はこの辺で。

暮れゆく日比谷公園の写真だけで終わってしまいました。すみません。 次からサクサク行くぜぇ!行けるといいなあ! 久し振りのαネタですから、機材話も織り交ぜてまったり進行したいと考えております。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC03478
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1298-4135bac1