ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 我が家の夏休み その3「サングラスと玉ねぎと量産型」

●六本木ヒルズ「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」

前々回・前回に続き、うちの夏休みお出かけ編をお送りしております。 まるでテレビ局のイベントをハシゴしているような印象ですね。いや印象ではなく事実なのですが。 しかしそれも今回までです。お台場や赤坂に行く予定はございません。 家族連れでごった返しておりますよ。 EM183355

・テレビ朝日アトリウムがものすごいことに

テレビ朝日の社屋の1階外周部分がガラス張りの吹き抜け空間になっておりまして、アトリウムと呼んでいますが、 普段もテレビ番組の宣伝などを行なっているところではありますが夏休み向けでさながらテーマパークのようになっています。 番組ごとにブースが用意されていて、主に「番組のセットを再現したから写真を撮っていってね」という企画のようです。 入口と出口が決まっていて逆流不可の一方通行、その入口しょっぱなに用意されていたのがこちら「徹子の部屋」ブースでした。 自分の順番が着ますと「ルールルー♪」と、あのテーマソングが流れる本格仕様であります。 それにしても徹子さんよく出来てますな。本物かと思ったよ(笑 EM183356 で、「よく出来てますな本物かと思ったよ」シリーズその2、タモリです。 今や街を行き交うパンピー共まで「タモさん」と友達のように呼ぶ押しも押されぬ国民的タレントでありますが、 私としては「タモリ倶楽部」と「ブラタモリ」だけでじゅうぶん満足です。 余談ですがブラタモリ、以前に「今のシリーズはいまひとつ面白くない」と書きました(もちろん主観ですよこれ重要)が、 そう思うに至った理由がふたつあることに気付きました。 ひとつは「掘り下げが甘い」点であります。 地方都市を回るのは良いとして、2週でその都市を語らねばならぬ、その急ぎ足から積む内容にも限りがあること、 地元の案内人が「タモリさんここはどういうことか分かりますか」と聞きタモリが「たぶんこういうことじゃないですかね」と返す。 案内人が「さすがですね」と返し、以降はその答え合わせ。という流れですよね。 これがタモリの勝手知ったる都内のスポットですとちょっと事情が違いまして、 案内人が「タモリさんここはどういうことか分かりますか」と聞きタモリが「これはこういうことですよ」と返す。 案内人が「さすがですね」と返し「ではその上でここがこんな風なのはご存知でしたか」ともう一段深く掘り下げる、 というように違いがあるように思います。旧シリーズですと地域を絞ったので放送時間にも余裕がありましたし。 今のシリーズは「ふらりと日帰り旅行に行った結果大量に積み残した」というように見えまして。まあ、私の主観です。 もうひとつは「自分が行ったことがないところだから」であります。 自分が知らないから興味が薄いんだろ、と聞かれると正直反論できません。 ひとつめの理由で延々書いといて結局それかよ(笑 真面目な話をしますと、 従来ブラタモリを見ていて「よしゃ、次はそこへ撮りに行ってみよう」と触発されていた部分も大きいですので、 題材が全国に広がると「撮り歩きネタ帳」的な楽しみ方はできなくなりますね。 え?東京に住む者の傲慢だって?そうかもしれんね EM183358 他局の話が長くなりました本筋に続けます。 こちらがアトリウムでも最大規模の大きさだった「相棒」ブースです。正確には「相棒ブースの一部」です。 今秋新シリーズが始まり、その相棒は反町隆史であるらしい。ここでも大々的に宣伝していました。 そう言えば水谷豊は前シリーズでなるほどくんの悪行を見抜けなかった責任で左遷したとか何とか。 今回はあれですかね、警察犬飼育施設に勤務している水谷豊を反町隆史が迎えに行くところから始まるんでしょうか(謎 EM183372 アトリウムのいちばん奥、出口の脇にあったドラえもんブースです。 のび太の部屋が再現されていて、記念写真を撮って行ってね、と。 無料ということもありこちらも行列でした。 テレビ朝日はアニメ作品も多く放送していますが、ここではひたすらドラえもん押しでしたね。 EM183361

・ええい、六本木ヒルズの営業担当は化け物か!

テレビ朝日を離れます。 今、六本木ヒルズの森ギャラリーではガンダム展をやっているんですね。 機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM 以前もどこかでやっていましたよね。それの巡業が回ってきたということなのかな?行ったことないから分かりませんが。 いずれにせよ、引っ張りだこの企画展でしょうに夏休みのこの時期に誘致したというのは大したものです。 私がエレベータの前を通りがかった時には「30分待ち」というプラカードが掲げられていました。なかなかの人気っぷりです。 EM183352

・ようやくお昼ご飯

そんなこんなで、ようやくお昼ごはんです。 毛利庭園の周辺がフードコートになっておりまして、そこで買ったスナック類をいただきました。 サントリー関連の会社が出店しているようでありまして、プレミアムモルツであります。 そう言えば私は六本木ヒルズで席に座って食事をとるのが初めてか、かなり久し振りです。記憶に無いなあ。 写真は撮りに来るんですけどね。お金をあまり落とさない不良来場者の本領を発揮しておりましたが、それも返上です。 EM183376 庭園の中では池の上にお店が設営され、そこでバーベキューができるようでした。テーブルごとにコンロがありましたね。 ちょっと並んでいたのですが列が進まず、また、ひとり3800円という価格に尻込みし、何より90分制ということで、 行列やら待ち時間やらでさんざん時間を消耗していたところに加えて「食事で90分過ごす」というのもアレだなあと今回は断念、 でも帰宅してから振り返るに、やっぱりこっちに行ってたら思い出作りができてたのかもなあ、と残念にも思いました。 チャンスがあるならオフ会でも考えてみますかね。でも暑いしなあ(笑 EM183378

●今回はこの辺で。

長々書いてしまいました。すみません。 冒頭に書きましたとおり、テレビ局のイベント行脚はここまでです。 テレビ番組のキャラクターを活用し、さながら遊園地のようなイベントをしますから、うちも含めて家族連れで賑わってもう大変。 でも、それらの賑いからちょっと外れたエリアは静かで、見るからに高級な品物を扱うお店が普段通りの佇まいを見せています。 この「日常と非日常のギャップ」みたいなものが、歩いていて興味深く感じた点でした。 よく考えたらそもそもこの場所は「富裕層のテーマパーク」みたいなものでしたね(笑)失礼しました。 次回はまた別のネタを掲載する予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM183326
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1288-6129658c