ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α6000」その3 東京国際フォーラムと丸の内 #αアンバサダー
αアンバサダーキックオフミーティングのモニター機貸出企画により貸与された「α6000」を使用して撮った写真を掲載している記事です。
全10回掲載を目標に鋭意撮り歩いておりますが、当ブログ的には定番スポットばかりで代わり映えしないかも?
同じ所へ何度も行っても、そのたびに切り取り方が違えばよいのだ!と開き直ろうにも切り取り方も同じなもので(笑
これもう行く意味あるのか?みたいな状態ですがとにかく始めてまいります。
新機材試し撮り定番スポット・東京国際フォーラムです。
DSC00182


※当記事はソニー「αアンバサダープログラム」の規約に従う趣旨で掲載している記事です。  今回の提灯度数 ★★★☆☆ (5段階の3) 当ブログのαアンバサダー関連記事はこちらからまとめてご覧いただけます。 ソニー公式「αアンバサダープログラム」サイトはこちらからご覧いただけます。
柱を何となく見上げて撮ってみました。 このような原色・直線・サンセリフが私にとって東京国際フォーラムから連想するものでもあります。 DSC00184 東京国際フォーラムは今回はサラリと流して(笑 馬場先門からお堀を眺めてみます。 こちらは「なんちゃってブリーチバイパス」で撮りました。クリエイティブスタイル「Clear」でコントラスト最大・彩度最小・シャープネス最大です。 DSC00194 αアンバサダーキックオフミーティングで品川のソニー本社へ行った際、 1階ロビーに「αで撮った写真」を大きくプリントしたものが展示されていました。 で、その写真が何故か「ビルばかり」だった印象なもので、なんでやねん、解像力を見せたいからか?と思いつつ触発されまして、 ソニー本社の写真はこんな撮り方ではなかったのですが、とりあえずビルの写真です(笑 DSC00208 馬場先門交差点に面した角っちょの区画が再開発らしく、歩道までつぶしてビルの解体工事をやっていました。 帰宅してから検索してみましたらどうやらこれのことのようです。2017年竣工との事で。 丸の内再構築第2ステージ第5弾プロジェクト(三菱地所のプレスリリース) 工事用の仮囲いに写真が展示されていました。 写真にあります「Marunouchipix」というのは、丸の内ドットコムで行われているInstagramを利用した写真投稿企画であります。 Instagramということで気後れしていましたが(うちの端末はInstagramの読み込みが遅いのです)やっとけばよかったなあ。 これだけ散々撮り歩いてるんだから、私も参戦する資格ありだと思うしなあ。 DSC00188 ビジネス街と思いきや地上はカフェや洋服屋さんなど、おしゃれなお店がずらりと並ぶ場所です。 独特の雰囲気がありますよね。 DSC00187 明治生命館とMY PLAZAの隙間?っていうんですかね? 両方まとめて丸の内マイプラザなんでしょうけど、この先にある吹き抜け空間が好きでちょくちょく行かせてもらっています。 DSC00219 その吹き抜け空間にあったチューリップの花を主題に向こう側をぼかしてみました。 奥の広い部分は明るいのですがチューリップは陰になっていて極端に明暗差があったもので私の腕では両方生かすことができませんでした。 ですのでこの写真は加工をしました。チューリップを思い切り持ち上げています。 DSC00222 明治生命館の外観を撮ってみました。ちょうどランプに灯りがともる時間帯で、空は暮れきっていない、今の時期だけ撮れる写真というやつです。 この写真も向こう側の空の色を出して夕暮れ感を出すことは加工すれば不可能ではありませんが、今回はそのまま掲載します。 いずれ1枚1枚キッチリRAW現像して掲載するようになるのでしょうか?いやそれは無いな(笑) 敷居を上げたくないという気持ちがありますので。 DSC00215 今回はこの辺で。 α6000軽快ですよ。気に入って使わせていただいています。αアンバサダー当選して良かったです。頑張って記事更新してまいります。 αの良さを広める、と書くと洗脳する気満々、みたいにとらえられてしまうかもしれませんが、もちろんそういうつもりは無くてですね。 当ブログのコンセプトでもありますが「私が面白がって使っているのをご覧いただき『楽しそうだなあ』と思っていただれば」ということ、なのです。 正直者ですのでα6000が箸にも棒にもかからないしょうもないカメラだったらそれをそのまんま書くことになる、どうしよう、 という心配はありましたが杞憂に終わりました(笑 不満点を強いて挙げますならば、前ダイヤルが無いことかなあ。無くても何とかなるんですけども、前ダイヤルはあった方がいい気がします。 まあ今はいいや。α6000自体についての感想は、最後に返却する時にまとめて書くことにいたします。 次回はα6000丸の内編、この続きとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00180
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1248-0dccfe5c