ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「αアンバサダープログラムキックオフミーティング」その3 そしてモニター機
2015/06/02 Tue 00:00 ブログ | ブログ | ソニーα
ビデオ撮ってるかーい!(もうどうでもいい
今回のイベントはすべてキッチリ映像で押さえられておる!下手な発言はすべて拾われてオルゾ!
ブラックリスト覚悟せい!狙い定める!俺がターゲットォ!(俺かよ
DSC00009

前回に続き「αアンバサダーキックオフミーティング」関連エントリとなります。

※当記事はソニー「αアンバサダープログラム」の規約に従う趣旨で掲載している記事です。  今回の提灯度数 ★★☆☆☆ (5段階の2) 当ブログのαアンバサダー関連記事はこちらからまとめてご覧いただけます。
13時開始、16時終了の約3時間のイベントで、そのうち休憩やら移動やら含めて約2時間がみっつの部屋に分かれてのトークセッション。 何だかんだで盛りだくさん、時間が短く感じられる内容の豊富さだったと思います。 で、その最後をしめくくるのが「モニター機の貸出タイム」であります。 今回私が選んだのは「α6000」、現行モデルのうちではAPS-C機ハイエンドにあたる機種であります。 エントリーモデルですと画質はともかく操作性がまったく違う(かえってややこしくないですか?)と思うので、 妥当というか、まあこれぐらいが使いやすそうで良いのではないかと思いました。 もちろんお触りするのは初めてです。敬語の使いどころがちょっと違うか? DSC04194 キットズーム付きで貸してくださいました。これは私にはありがたい、使ったことないもんね。 焦点距離は16-50mmなんですね。我が家にあるNEX-7に付いてきたキットズームは18-55、ちょっとスペック違うのね。 沈胴式、電動ズーム。どんな挙動をするのでしょうね。それも楽しみです。 貸出期間は6月いっぱい、約1ヶ月間です。私も集中的に使わせていただくことになると思います。 簡単な借用書(とまでかしこまった書類ではありませんでしたが)に記名して提出します。 今回のモニター貸与対象機種は「α6000」の他には「α7」、あわせて2機種でした。 その中で「どうしてα7IIではなく(旧機種という位置づけの)α7なのか」との質問があったようで、 「数が揃わなかったからです、申し訳ありません」との事でした。 その代わりと言ってはなんですが…と、爆弾発言。α7には「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」もいっしょに付いてくる! レンタルとはいえそれは何という太っ腹!と思いましたが、同時に思ったことがありまして。 α7とツァイス55ゾナー、店頭ですと25万ぐらいしますかね。それだけの高額商品を貸し出す割に借用書がえらく簡素なのです。 悪用しようと思ったら、できるよな?ここまで考えて、このイベントの選考基準がおぼろげに見えてきました。 これ、捨てアカ捨てアドで申し込んでも、絶対当選しませんね。 既にウェブ上で本名を出さないまでも活発な活動でパーソナリティが確立している(と判断できる)人の中から選んだに違いない。 あとは運だったのでしょうね。返す返すも私は運が良かった。 次回以降もこのモニターキャンペーンを実施するかもしれないそうですので、 もし当選された方はきっちり期限内に返却してαユーザーの心意気を示しましょう! DSC04196 「αアンバサダープログラム」運営会社のアジャイルメディア・ネットワークから、今回の司会・徳力基彦氏です。 広角で撮らせていただいたシーンですので氏が流れ気味ですが、ご本人はすらりと長身でした。 この日の質疑でもほのめかしておられましたが、参加者の選考は(さすがに基準は明かしませんが)キッチリやった、そうです。 また、貸与機で撮った写真を掲載する場合には「αアンバサダーの企画で貸出されている旨をちゃんと書いて欲しい」との事でした。 「ステルスマーケティング」と誤解されることを避けたい、とも仰っておられまして、その意図もよく伝わってきました。 確かに今回内側を見せていただいて思いました。この方式はステマとは違いますね。 少なくとも私はα6000をお借りするにあたって約束したのは「最低1回は記事にすること」だけです。 「褒めろ、良いことばかり書け」というような縛りは一切設けられませんでした。 あくまでもユーザーの自発的な参加を促し、それをフォローアップすることで盛り上げていこう、という活動であります。 その目的や良し、と思いました。私の影響力など吹けば飛ぶ程度のものですが、ささやかに盛り上げてまいりましょう。 DSC00002 そんなこんなでイベントも無事終了。参加者は皆モニター機を手渡され、ホクホクしながら帰路についたのでした。 約束していながらグループ分けで別々になってしまいまともに顔も合わせられなかった友人ふぁんとむさんと無事合流、 4人集まって歩きながら軽くお茶でも、ということで高輪口のワイヤードカフェで遅いお昼ごはんとなりました。 私がいただいたのはオムレツカレーだったかな?美味しかったですよ! DSC00024 さすがの面々、カメラ談義も濃かったです。なかなか味わえるものではないですね。 ふと「EYE-FIが…」と口にしただけだったのですが私以外の全員が「ほれ」と出したのは大したものでした(笑)持ってるのね せっかくの初α6000ということで、マナーそっちのけでテーブルに飾られているボトルやグラスを撮りまくりであります。 DSC00019 帰りの電車の中で、カメラのセッティングを行っていました。操作をカスタマイズして我が家の他機種と可能な限り揃えていきます。 私の場合の特徴ですかね、クリエイティブスタイルで「擬似ブリーチバイパス」を設定してすぐ使えるようにします。 具体的には「Clear」にしてコントラスト最大、彩度最小、シャープネス最大にするという。 フォトショで同様の事ができますけれども、うちはカメラでやることに意義を求めるブログなのであります。 DSC00047 今回はこの辺で。αアンバサダーキックオフミーティング関連記事は、今回までです。 次の記事から?いや少し置いて然るべき時に?α6000について短期集中連載することになりますが、 もうちょっと撮り貯めたいなあ(笑)全然撮りに行けてないもんなあ。まあまだ借りてから3日しか経ってないけどな! というわけで、αアンバサダー関連記事もよろしければお付き合いください。 自分で書きながら「これはさすがに提灯記事だろ」と感じた時には正直にそう書きますから(笑 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00013
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1244-60002c65