ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「第17回国際バラとガーデニングショウ」その2 やっぱりガーデニングのブースは最高
2015/05/17 Sun 01:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
今年も大盛況絶賛開催中の「国際バラとガーデニングショウ」、私も満を持して行ってまいりました。
「ここで撮った写真を使ってこんな記事を書こう」とか「あ、ここの写真だけで記事いっこ書けるな」とか、
ウハウハしながら撮り歩いておりました(笑
そんなわけで、この先記事いくつ分になるか正直わかりません。
当ブログのデータとしては同じネタの記事で引っ張れるのはせいぜい4つまで、「その5」以降はアクセスが減っていく傾向があります。
そんな中、空気も読まず今回は果敢に5個以上記事にするつもりで!頑張るぞい。
と言いながら1枚目の写真がバラではないのはこれいかに?
DSC03687

バラの写真も掲載しますよ(笑)品種も多くて撮り甲斐があります。
それはそうとして、この写真は縦で撮ったんだっけか、横だったっけか…
DSC03631

α7II、いわゆるひとつのフルサイズセンサー搭載機を持参しました。
もちろんボケ量にも期待してのことです。
フルサイズセンサー機で明るい単焦点レンズを使っていますから、とにかくよくボケます。
が、トロットロにぼかすのだから背景はどうでもええか?ええのんか?と聞かれますと、それは良くないですね。
この写真なんて、右半分のボケが「人間」であることが何となく分かってしまう。つまり「撮り手の配慮が足りない」のであります。
DSC03626

バラ以外の写真も載せていかねば。
今回はカメラ2台で撮った写真は約700枚でした。そこからピントが合った写真や、文章をつけやすい写真を選んでいくという。
DSC03619

私のお目当てはやはり「ガーデニングのブース」です。
プロやアマチュア、学生などの個人or団体がそれぞれスペースを割り当てられて思い思いに「庭」を作っていきます。
しっかり壁で仕切られますから、そのスペース内は完全にその出展者の世界を演出できます。
私はそれを見るのが楽しみで毎年行っているのです。
DSC03656

ブースには出展者自身が在廊、ではないか、滞在していることもありますのでコミュニケーションをとることも可能です。
が、私は話しかけたことはありませんし、話しかけられたこともありません。
そもそもガーデニングに対しての思い入れが他の来場者に比べて大きくない、話すことがないという。
そんな人のためにあるのでしょうか、このようにノートが用意されていることもあります。
DSC03681

ブースはそれぞれ、実に様々なアイデアにあふれています。素人の私が見ていても楽しいです。
ガーデニングの本場・イギリス風のブースもあれば、このような和風をイメージしたブースもあります。
DSC03651

私が楽しみにしている、というかこれが目的なのだ、というガーデニングブース。
そこに今年はささやかな異変がありました。
いくつかのブースで、花木の脇に、品種名が書かれたタグが置かれるようになったようなのです。
これ、私も含めて「綺麗に写真を撮れるように頑張る」ことを意識している人間には、かなり残念です(笑
自分で実際に自宅の庭をこのように作り込むとして、品種ごとに札を下げますかね?そんなことしませんよね。
とすると、やはりこれは不自然なものです。無い方がいい。
営業上の理由によるものか、それとも「花の名前が分からないのはケシカラン」という低次元なクレームでも入ったか。
いずれにせよ私はこれを「改悪」と捉えます。去年までは無かったor私が気付かない程度にしか存在しなかったのですから。
ただ、私は自分を「写真を撮りたいだけのヤツ」であることを認識しています。マイノリティであろうことも想像しています。
大多数は「花の名前を知りたい」と思ったのでしょう。ならばそれはそれで私は受け入れるしかないのでしょうね。
DSC03684

気を取り直してバラに挑みます。紫のバラ、綺麗です。
が、この場合どこにピントを合わせるべきなのか、中心部分の先端か、手前の花びらか。定見がありません。
大半がMFでのピント合わせですので、ちょっとずつピントリングを回しながらの試行錯誤が続きます。
ただ、今回はこの試行錯誤がアホらしくなるような感覚も味わったので、先の記事でそのことも書いていきます。
DSC03643

今回はこの辺で。
α7IIはボディ内手ぶれ補正を搭載している。効き具合はともかく私にとっては何よりの保険である。
…とは思っていますが、今回はα7Rでも良かったかもしれないなあ。ローパスレスの方が良かったかも。
昨年の写真が私としてはとても手ごたえを感じる出来でしたので、今年もそうすべきだったかもしれません。
まあ、機材関連については先の記事で書くことにします。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC03666

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1232-250e0d0a