ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > αアンバサダーふたたび + α7IIで行く浜松町世界貿易センタービル「展望台シーサイドトップ」からの夜景 後編
2015/05/14 Thu 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
今回もネタ2本立てでまいります。

●ソニー「αアンバサダー・プログラム」

アンバサ飲んでるかーい!?(もういい
というわけで書き始めましたαアンバサダープログラムについて。
このように記事で書いてはおりますが、私自身は具体的に何をしているわけでもなく。
5月30日に開催されるという「キックオフ・ミーティング」の当選連絡待ち、という状態です。
もっともキックオフミーティングに関する公式ページには、

> ※ご当選者の方にのみ、5月22日(金)までにご連絡をさせていただきます。

との記述はありますが、このページに同時に記載されていて然るべき「応募者多数の場合は抽選」の文言がありません。
また、応募フォームに「ブログやSNSを運営しているなら、URLやアカウントを記入」という項目が用意されています。
抽選の実施を明言せず、応募者の活動内容を把握する。
これらの点から私は「参加者を選抜するのだな」という邪推をするのであります。

そうなると私は不利です。何と言ってもブログタイトルが「某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ」ですから(笑
しかも過去記事を遡ると、機材の感想を書いた記事に対しても機種によってはあまり好意的に書いていないこともあります。
日頃の行いが悪いですとこういうときにしっぺ返しが来る、という良い例になるかどうか(笑

もし仮にこの邪推が当たっていて「抽選ではない」場合でも、その事に別段不満はありません。当然ですよね。
「口コミで宣伝する力のある一般人」を呼びたいはず。ましてや最初のイベントです。大々的に拡散させたいはず。
ですから私が担当であれば、それなりに力のあるユーチューバーやアルファブロガーやコミュニティで名前の知られた人を優先し、
残りの枠で一般ユーザーを混ぜる、という風にしようと思うんじゃないかなあ?
私としてはその一般ユーザー枠に紛れ込むことに望みを託すことになります。当たるといいなあ。

それはそうとして、αアンバサダーの通常時の活動はどんな感じなのでしょうね。
「SNSでソニーα関連の発言をする際には『#αアンバサダー』というハッシュタグをつける」との事ですので見てみますと、
最初の頃は「登録しました」ばかりが続いていますが徐々に写真や記事リンクなども掲載されるようになってきています。
これはヤヴァイ、私も何かしなくては(笑
ただ、むやみに褒めそやすことはしない方が良いのでしょうね。シビアなことも率直に書くべき。
昔「ゲートキーパー」というのが話題になりましたが、それのデジカメ版と思われるのもどうかと思いますし。
ソニーαに限らず評判が立つ過程に作為が入り込むことに対して、私達はネガティブなイメージを持っています。
ですからアンバサダーという名前ではありますがファンクラブ的な付き合い方をしたいと考えています。
αを使いながらαに限らずデジタル写真趣味の楽しさについて書く、というあたりでどうですかお客さん。
   

●α7IIで往く浜松町世界貿易センタービル展望台シーサイドトップ

というわけで前回に続き、浜松町シーサイドトップでの写真を掲載してまいります。
かつて都心随一の眺望を誇ったこの建物の周囲には今では多くの高層ビルが立っています。
この写真では、レインボーブリッジが見通せる位置関係にありながらそれが阻まれているのが見て取れます。
が、逆に周囲に高い建物が何もないとええのか?ええのんか?と言うとそれも微妙でして、
展望台だけがぽつねんと立っていても、景色は寂しいものですよ。
具体的にはサンシャイン60からの風景です。
東京タワーや六本木・丸の内といった高層ビル街はおろか新宿とも距離がある上に周囲に何もないもので、
せっかくの超高層ビルではありますが夜景の迫力については他所に譲ります。
DSC02505

竹芝方面を眺めてみます。向こうには有明の観覧車も何となく見えます(笑
運河や庭園の部分が暗闇になっていて、それがアクセントっちゃあアクセントですね。
DSC02504

以前にも撮った構図です。私は気に入っています。
せっかく上がった展望台から、わざわざ足元を見下ろして撮るのか?とも思うのですがこれはこれで面白い。
DSC02508

このフロアは中央部分がチャペルにもなるもので、何やらセレモニーが行われることもあります。
私がその場面に遭遇したのは一度だけです。
本番では展望台が全部貸切になるのかな?だとしたら私が見たのは準備しているところだったのかも?
DSC02514

南側、品川方面を眺めます。
近い将来この先の広大な土地が再開発され、華やかな夜景を演出することになるのでしょうね。
山手線の新駅は何という駅名になるのでしょうね。「高輪」か「芝浦」か、大穴で「北品川」か(笑
DSC02512

展望台を東西南北と一周しますと、やはりひときわ目を引くのは東京タワーであります。
ここに来たからには撮らずには帰れない、という感じです。
DSC02521

そんなこんなで、世界貿易センタービル展望台シーサイドトップを堪能して、帰ってまいりました。
入場は20時まで、20時30分には閉まるという早寝早起きっぷりが夜景スポットとしてプチ残念ではありますが、
デートコースとしては「レストラン→展望台→バー→ホテル」という一連の流れを考えますとダラダラ長居する場所でもありませんので、
長年のマーケティングの末「これが妥当」と結論づけているのかもしれませんね。
DSC02523

今回はこの辺で。
そういえばこのシーサイドトップが「タイムラプスご遠慮ください」なのを最近知りました。
利用ガイドラインに「自動連続撮影機能は使用しないでください」とあります。
同じ場所に長時間居座られる、という状態を避けようということらしいです。まったくもって正当な理由です。
その話はいいや。次回は別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1230-e19ac6cf