ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > αアンバサダーについて + α7IIで行く浜松町世界貿易センタービル「展望台シーサイドトップ」からの夜景 前編
2015/05/13 Wed 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
今回はネタ2本立てでまいります。

●ソニー「αアンバサダープログラム」

アンバサ飲んでるかーい!
(写真間に合わず)

というわけでソニーが新たに始めた「αアンバサダープログラム」について冒頭ちょっぴり触れます。
αアンバサダープログラム

ーーーーー公式サイトより抜粋ーーーーー
αアンバサダープログラムとはソニーの一眼カメラαの魅力を
あなたの周りの方にお伝えいただくプログラムです。
αの所有・非所有に関わらず、
「我こそがα伝道師!」「一眼カメラのことなら俺に任せろ!」など、
αや一眼カメラに対して熱い想いがある方を募集します。
ーーーーー  抜粋ここまで  ーーーーー

審査や抽選などはない完全登録制のようでしたので、早速私も登録いたしました。
私は勝手連ながら今まで伝道師とまでの影響力はないもののささやかにその魅力をお伝えしてきたつもりでありまして、
(ダメなものはダメだ、と是々非々ではありますが)
それが「お前は今日からアンバサダー(広報役)だ」とお墨付きをいただくということになります。
わーい!ぼくもきょうからアンバサダーだー!

それ以前に「アンバサダープログラムって何やねん」という疑問が。
アンバサダーとは英語で「大使」、転じてネット上で商品やサービスを紹介し広める役割を担う人を指します。
運営会社って言うんですかね、仕掛け人はこちらの会社らしいです。こういう会社もあるんですね。
アジャイルメディア・ネットワーク
要は「ネットで口コミを仕掛けていくために、発信力のある人に情報を出して拡散を狙う仕組み」ということになりますでしょうか。
上掲の会社サイトを拝見していても、そうそうたる大企業が参入していることが分かります。
口汚い書き方をすると「自分達で仕組んだらステマと呼ばれる、それならば正真正銘の一般人を組織化しよう」ということですかね(笑
まあいいか是々非々でござる、というわけでこのたび私もオルグされたというわけでございます(笑

ではそれに伴って具体的に「私が受けるメリット」と「私が提供する役務」とはどのようなものになるのか。

メリットとしては、公式サイトを受けて列挙しますと、
・製品をお試しいただくイベント
・開発者との座談会
・著名な写真家によるセミナー
・αの無料モニター
への応募と参加

…だそうです。
その第一回のイベントが5月30日に実施される「キックオフミーティング」ということになります。
イベントではカメラのモニターも募集するようです。
まさに上に挙がった「メリット」を提供していこう、という方向性が見えます。

さて、一方で発生する役務とはどんなものになるでしょうか。
公式サイト「キックオフミーティング」応募ページの内容を受けて列挙しますと、
通常の活動としましては
・TwitterやFacebookアカウントなどで、αについて発言する場合には、ハッシュタグ「#αアンバサダー」をつけて発言する
これについては強制でも義務でもありません、あくまでも「お願い」です。
イベント参加については、以下の「参加条件」がつきます。
・イベントやモニターについての率直な感想やレポートを2週間程度で自身のブログに1記事以上発信
・TwitterやFacebookで1投稿以上発信
という「縛り」が発生します。

まとめますと、
・通常は「今まで通りでOK、よかったらハッシュタグつけてね」
・イベント参加(抽選への応募)の権利を得ることができる
・イベントに参加した場合にはその体験談を自身のメディアで発信する
ということになります。
私の場合で言いますと「ブログネタにできるのは望むところであるから、登録したほうがよい」という判断になります。
上に挙げたキックオフミーティングにしても、もしモニター機を貸出されるのであれば、記事を10個ぐらい書きますぜ(笑
1ヶ月間毎日1記事書いたらモニター機は返却不要、とかになりませんかね(爆

というわけで。
今後当ブログで「αアンバサダーの役務として掲載する記事」が出てくることもあり得ます。よろしくお願いいたします。
うちのやり方でそれなりに読み甲斐のある記事を目指します。宣伝の場合にはその旨をきちんと明記します。
特大の提灯を上げてやるぜ!


●α7IIで往く浜松町世界貿易センタービル展望台シーサイドトップ

先日行ってきました浜松町の世界貿易センタービル展望台「シーサイドトップ」で撮った写真を掲載します。
地上150メートル、40階から眺める夜景の美しさよ!
DSC02484

この世界貿易センタービルは昭和45年に「都内随一の高さ」として竣工した高層ビルのパイオニア的存在のひとつであります。
当時あった高層ビルと言いますと、他には霞が関ビルぐらいじゃないかな?
ですのでこのビルだけニョキッと立っていたはずなのですが近年は周辺にそれ以上の高層ビルがバンバン立ちまして、
ビルの高さだけで言うと「並の高さ」になってしまった感があります。
DSC02498

このように撮っていますと、向かいの高層マンションが正面に見えます。
解像度が高いカメラで夜景を撮っていますと、部屋の中までバッチリ写ってしまうのではないでしょうか。
ナニをされる時には高層ビルだからと油断されること無く、くれぐれもカーテンを閉めて勤しまれますよう。
DSC02489

ビルからは360度眺めることができますが、一番人気がある向きは西向き、
東京タワーを眺める方角であります。
DSC02474

東京タワーに面した窓が、このようなデコレーションが施されて「記念写真用スペース」として用意されていました。
私はひとりで行きましたので記念写真も何もありません(笑)東京タワーをぼかして取り入れてみます。
DSC02480

東京の電波塔の新旧コラボレーション!というわけでスカイツリーもこのように見えます。
汐留の高層マンションの間から見えます。浅草の向こうまで遮るものがないというのも奇跡的に思えますね。
DSC02492

展望台の雰囲気は基本的に洒落ていて、ジャズが流れていて、落ち着いた雰囲気です。
近年「三脚使用」が解禁されて撮影目的の人間が大挙して押し寄せるようになりました。私も三脚を使うようになりました。
結果少々落ち着きが無い場所に(特に東京タワーに面した方角ではそれが顕著です)なってしまってちょっと申し訳ない。
DSC02500

今回はこの辺で。
αアンバサダー、うちはどのような距離感で関わっていきましょうかね。
基本は是々非々、相互に利用し利用される関係で良いとは思っておりまして、
その姿勢で書いた記事を通じてそこから何かを還元していければ良いなあと思っています。
次回は浜松町シーサイドトップ後編です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1224-77d4d904