ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「FE 28mm F2」その12 赤レンガからみなとみらいに至る
2015/05/06 Wed 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニーフルサイズEマウントの最新レンズ「FE 28mm F2」関連エントリです。
このシリーズも結構続いていますね。国際バラとガーデニングショウ開催までには完結させたいと思っておりますがどうなりますやら。
それはそうとして、先日コメント欄にこのような投稿をいただきました。
よしよし さま ありがとうございます。
こちらの記事にいただいたコメントです。

> すみません、てーあい先生に質問です。
>
> 「旧東京中央郵便局局長室」で撮影する時ってガラス越しでしょうか?
> その場合、ガラスの映り込みってどう対処してるのでしょうか。

私のノウハウが何かの参考になることなど無いとは思いますが、
せっかくの機会をいただきましたので書いてみます。
ガラスの写り込みにどう対処するか。
大きく3つの方法があるかと思います。

1:窓を開ける。
→やはりガラスは無いに越したことはない、ということで。
 唯一問題なのは、たいていの場所では窓を開けられない、ということでしょうか。

2:身体で写り込みを隠す。
→女子高の前にいるコート男のように、前をバッと開いてカメラに被さる、ということで。
 唯一問題なのは、通報されてしまう、ということでしょうか。
 オススメは白コートです。嘘です。黒コートです。

3:レンズをガラスに密着させる。
→レンズの先っちょを窓ガラスにくっつけます。すると外部の写り込みを遮断できます。
 ですが、この場合レンズ鏡筒やプロテクターのような固い部分を押し当てるとガラスが内側から傷つき、破損に至るそうです。
 現実的には市販されているラバー製のレンズフードなどを使用することになるでしょうね。

この時は私は「レンズの先端を手のひらでくるんで、レンズに押し当てる」という方法にしました。
他にもできることはあるかもしれませんね。強い光源を遮ればある程度何とかなるということで。
私としてはぜひ2番目の方法を実践していただきたいと思っております、よしよしさま

それはそうとして、FE28横浜編です。
前回の記事で関内駅から馬車道にかけて歩いた、ということを書きました。
今回はその続きで、赤レンガからみなとみらい、まあいつものルートですね。すみません。
DSC03040

先日の記事でも掲載しました、巡視船あきつしまです。
とあるまとめブログの記事で巡視船の建造に関わる内容で「秋津島の次は」という、極めてウィットと文学的情緒に富むタイトルを見ました。
うちも見習いたいものです。
DSC03045

時系列的には前後しますが、みなとみらい線馬車道駅です。
道路を渡るのに地下通路を通ろうとしましたら、巨大な地下空間に出ました。
凝って作られていますね。後世に評価される時が来るのだろうと思います。
DSC03036

夕方からみなとみらいで食事の予定がありまして、クイーンズスクエアに到着しました。
この高い天井を収めるために、ワイコンの出番ですよ(笑
DSC03080

みなとみらいの夜景を見ながらの、ホテルのディナービュッフェです。
色々な意味で実はこの時を楽しみにしておりました。
北海道新幹線建設に関わるお話なども色々伺えて、とても興味深く楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます。
DSC03067

むしゅめも窓の外の景色に見とれています。
遊園地のライトアップを見ながらの夕食も、良いものですね。
DSC03050

帰り道、いつもの光景で定番写真を。
私はどうしても休日になってしまうのですが、ここは平日に訪れたい場所だなあと思います。
DSC03089

今回はこの辺で。横浜編はここまでです。
最近FE28mmばかり使っておりまして、そのネタがかなりの量蓄積してきています。
少しずつでも掲載していきますので、よろしければお付き合いいただければと思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC03081











今回の
撮影機材







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1222-ee4e9ac4