ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「FE 28mm F2」その11 関内から馬車道に至る
2015/05/05 Tue 21:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニーの新型広角単焦点レンズ「FE 28mm F2」関連エントリです。
かなり気に入って使っています。フルサイズEマウントレンズの広角側はこのレンズ(と、専用ワイコン)があれば私はもう充分です。
標準域は「Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8ZA」がありますのでこちらも満たされました。
あとは中望遠、85mmか135mmを、これら28mmや55mmと同じぐらい、もしくはそれに近い大きさ・重さで(これ重要)、
ソニー純正で供給してくれれば、それで私はフルサイズEマウントのレンズは完結ということでいいと思っている、
ということは以前にも書きました。
実際Aマウントを振り返ってみますと、我家の定番「広角・標準・中望遠」が充足された時期を見てみますと、

<広角>
・AF 35mm F1.4G…2008年導入
・Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA…2011年導入

<標準>
・SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM…2010年導入
・Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA…2013年導入

<中望遠>
・Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA…2007年導入
・Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA…2007年導入

現在の主戦力は以上の陣容です。
我が家のAマウント最新の戦力は2013年導入の50mmプラナーであり、そこから約2年経ちますが私の写真ライフに不足感はありません。
私はこのような組み合わせをフルサイズEマウントで「小型軽量なレンズで(これ重要)」揃えたいと思っています。
デカいレンズなら、上に挙げたように、既にありますからね(笑)
Eマウントの持ち味を生かした意欲的な製品を期待するものであります。

レンズ導入計画の話はひとまず置きます。今回はFE28mmの話でした。
行ったのは横浜・関内です。
先日パナソニック42.5mm/F1.7で横浜を撮り歩いた、という記事を書きました。
同じ時にα7II + FE28mmも持ち歩いていましので、それで撮った写真を掲載します。
スタート地点は京浜東北線の関内駅です。京浜東北線ではないですね。根岸線でしたか。
まあどっちゃでもいいです。とにかく駅の改札を出たところからスタートします。
DSC02996

駅に降り立ち、日の強さや色やらを考えて調整しますよね。
主にホワイトバランスをあれこれいじるのですが、こちらはその試し撮りみたいなものです。
DSC02993

アメリカンレストラン、でしょうか。
通りがかりに何となく位置関係を考えて撮ったものですが、見返すともっと寄って撮った方が良かったですね。
寄れるは正義、とはよく言ったものです。
DSC03009

クリエイティブスタイルで「クリア」を選び、コントラスト最大、彩度最小、シャープネス最大。
私なりの「ブリーチバイパスもどき」ですが、この設定は赤がどっしり重たく写すことができるもので、多用しています。
そんなわけで郵便ポストを撮りました。
DSC03012

なんやかんやしている間に、馬車道に出ました。
関内駅からまっすぐ馬車道駅方面に抜ける通りで、私としては雰囲気ある街灯が魅力です。
夜にも来たいんですよねえ。
この建物は神奈川県歴史博物館です。
DSC03022

以前の記事では換算85mmによる切り取りでしたのでどの部分だこれ?みたいな写真でしたが、
ワイコンを使って外観を収めました。
DSC03024

今回はこの辺で。
この先さらにみなとみらいに歩いて行きましたので、次回はその事を書こうと思っています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC03017

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1221-d45d58c1