ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「FE 28mm F2」その10 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015」滞在時間15分
2015/05/04 Mon 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか。
うるせえよ俺は働きっぱなしだふざけんな、とお思いのあなた、私も10代からずっとそうでした。
私個人の話をするならば、ゴールデンウィークに連休をとることができるようになったのはここ数年の話です。
そういうこともあり、私はゴールデンウィークを堪能させてもらっています。お金が無いので遠出こそできませんけれども(笑

今日は他の用事もありましたので、東京駅~有楽町近辺に行ってきました。またかよ(笑
またかよ、と言うなかれ。一昨日も日比谷に用があったばかりではありますが。
ちょっと寄り道、ぐらいの感覚で行ってみたのが「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015」です。
東京国際フォーラムにて開催、この記事が掲載される時にはイベントは終了していると思います。
DSC03407

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」とは、フランス発祥のクラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ」の日本版、だそうです。
会場で複数のコンサートを同時開催、高価な印象のあるチケットの価格を安価にして多数の集客を獲得するというコンセプトで、
コンサートの中には普段入場はご法度とされる「幼児OK」のものもある、ということから、私としては毎年気にしているイベントです。
クラシックと聞くと堅苦しい印象を、私のような人間は持ちがちですけれども、そのような敷居の高さをこのイベントは、
アルコールの力で下げているようにも見えます。
屋台村併催ですのでちょっと飲みたい人にも行きやすいという。
DSC03410

うちのむしゅめがピアノを学んでいる、ということは以前にも書きました。
そういったこともあり、チャンスがあればテレビの歌だけでなく様々なジャンルの音楽にも触れさせたい、と思っておりまして、
私としても馴染みの東京国際フォーラムで行われる「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」は要チェック!ということでした。
チケットを買わなくてもオープンスペースのステージで演奏が行われますので、行きさえすれば音楽に触れることができます。
DSC03411

東京国際フォーラム全体でクラシックコンサートを多数用意していて、年明けぐらいからかな?現地で前売り券ブースもつくられます。
大半のプログラムがソールドアウト。まあ、祭典ですからね。
DSC03421

東京国際フォーラムへ行くために、今回は東京駅で降りて歩きました。
定番の丸の内駅舎を、何となく押さえています。
こうして見ますとFE28mmF2、周辺落ちがすごいですね。楽しい!
私はボディ側の周辺補正を設定可能なカメラでは全て「オフ」にしておりますので、こうなるのも当然ではあります。
DSC03393

何となく撮った足スナップです。
とは言うものの、私はこのモチーフをしばしば選びます。その意味ではワンパターンなのかもしれません。
DSC03392

これも「何となく」の写真です。ショーウィンドウを撮ったものです。
この写真単体について何かを話すことは難しい(なにせ「何となく」撮っていますから)ですが、
全然関係ないような文章記事に脈絡もなく差し込むカットには使えるかもしれません。
DSC03399

今回はこの辺で。
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」での私の滞在時間は正味15分ぐらいだったと思います。
地上のオープンステージの演奏を聴きつつ、ビールを飲みつつ。ビールがなくなって離脱、という感じでした。
来年もタイミングが合うようであれば立ち寄りたいところです。
次回は別の所の写真を掲載したいと考えています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC03403

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1220-aa9747ad