ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.」その4 KITTEでシャッターKITTE
パナソニックの新作単焦点レンズ「LUMIX G 42.5mm F1.7」関連エントリです。
このレンズ、世間的には多少の注目を集めているのですね。当ブログにも多少その影響が来ていますですよ。
端的に言いますとアクセス数です。
合計の数字でしか見ることは出来ませんが、少なくともFE28mmの記事よりはパナ42.5/1.7の記事の方が好調に推移しています。
記事数的にFE28mmの扱いが不完全燃焼気味に見えなくもないですね。
でもそんなことないですよ。現在パナ42.5と同時にFE28mmも持ち出しています。
私としては珍しい「αとマイクロフォーサーズを同時に持ち歩く」ということをしています。重いぞ(笑

前回このレンズを持って銀座から有楽町にかけてを歩きました。
期せずして、寄り気味の「被写体が写真全体に広がるような、思い切って切り取った写真」が多くなってしまいました。
そんなつもりはなかったんですけどね。
「大きく撮らねば」と過剰に意識したかも。パナソニック42.5mm F1.7が持つ「接写性」に気を取られていたのかもしれません。
今回はもう少し、当ブログ本来のと言いますか通常営業に近い写真にしていきたいですね。

というわけで「KITTE」で撮った写真を掲載します。
東京中央郵便局の建物にオープンした商業施設です。カメラ好きには6階の屋上庭園が有名ですね。
P9990209

KITTE庭園から眺める高層ビル群です。
42.5mmとは言え、こうやって撮りますと何となく圧縮効果が中望遠並にあるような気もしてきます。
P9990201

線路の方を見下ろしつつ、スローシャッターで狙いました。1/10秒ぐらいだったはずです。
この時は私はこのパナソニック42.5mm F1.7を「手ぶれ補正が無い」と勘違いしていて、えらく気張って撮った記憶があります。
自宅に帰って、春香さんと写真を撮っていた時に「あれ、O.I.S.(手ぶれ補正機構)搭載じゃーん」と気付いた、
という話は開封編で書きました。
手ぶれは効いているようです。シャッタースピード優先で遅くして撮っても、何とかなっています。
P9990193

新幹線ホームを眺めて撮ってみます。
向こう側に停まっているのは東海道新幹線、手前は東北・上越新幹線ですね。
そろそろどこか旅行に行きたいなあ。お金ないけど。
P9990189

KITTE屋上庭園にはこのようにムーディーな「光るベンチ」があります。
アベック御用達です。平日は完全に人出が落ち着いていますから、ゆったりできるスペースとなっています。
余談ですがこのKITTE屋上庭園、行くなら断然平日です。土日はオフィスビルの照明が少なくて撮りがいがイマイチ、
これはみなとみらいなどをはじめとする都市夜景に共通して言えることではありますが。
P9990202

地上を見下ろしています。モノクロで撮ってみました。
何となくメッセージが込められているように見えませんか?モノクロだから(笑
正直あまり考えてません。歩行者の位置は多少タイミングを測りましたけれども。
P9990203

見下ろして撮ったシリーズその2です。
普段の撮り方とはちょっと異なる雰囲気で、私としては気に入っています。
カメラに見上げさせて撮ることが多いですから、作風が固定されつつあるのかもしれませんね。
作風の話についてはいずれまた。
P9990218

今回はこの辺で。
これでパナソニック42.5mm F1.7での初日行脚は終わり、電車に乗って帰りました。
この日はボディに「GM1」を使いました。が、このレンズは私は「E-P5」でもぜひ使ってみたい。
次のパナソニック42.5mm F1.7記事は、E-P5で撮ったものを載せようかと考えています。
またぜひお越しください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P9990179

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1212-5b7ec072