ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「FE 28mm F2」その1 開封編
本日発売されたソニーのフルサイズ対応Eマウント広角大口径単焦点レンズです。
2月に行われたカメラの祭典「CP+2015」のソニーブースで実機の展示・試写が解禁となったレンズですが、
実は私はその時、このレンズを試すことができませんでした。
「90mmGマクロ」「ディスタゴン35mm」よりもこのレンズがいちばん人を集めていて、
手を出す隙がなかったから、であります。
カメラ女子がワンサカワンサカ集まっていて、
何それそんなに注目集めてるの!?てな状態でした。
当ブログのCP+ソニーブース記事において、このレンズについて言及していないのは、それが理由です。
今回晴れて「実機も見ずに」購入となりました。
危ない橋を渡ったなあ。予約する時までレンズの外観すらロクに見ていませんでしたので(笑
「28mm」「F2」「安いらしい」という情報だけで手を出したようなものです。
EP570682

ともかく開封していきます。
先日Twitterで、
「10万を超える一眼レフを買って、箱を開けると、こんなに大量のCD-ROMと説明書をまず手に取らせる時点で
日本のメーカー本当に終わってるなと感じずにはいられない。」
というのが私のタイムラインにも流れてきまして、そのツイートでは
「ワクワク感ゼロ」と結んでおられましたが、
私は逆張りするわけではありませんがむしろ「箱を開けたらマニュアルどっさり」の方にワクワク感を感じるおっさんでありまして、
そのあたりの感覚は個人差や世代差があるのだろうな、と思いました。
今回はまあ、せいぜいペラの説明書と保証書程度のもので、
私の主観では「大金払ったのに淡白だなおい」みたいな部類ではあります。
レンズですからむしろ当然なんですけどね(笑
EP570687

外観は、Eマウント単焦点レンズのフォーマットに則ったもので、
凹凸の少ない、極めてシンプルなものです。
人によってはこれを面白味のないデザイン、と取る方もおられるかもしれません。
私はすっかり慣れまして、むしろ「単焦点はこれで統一せい」とすら思っています。
EP570685

付属品はこんな感じです。
レンズの他にはフードが入っています。
ケースも欲しいよね、だけどケース代が上乗せされるぐらいなら、必要ないかも?
EP570686

ボディにつけたのを上から見下ろすと、こんな感じです。
私の主観ですが、ボディとレンズの大きさのバランスは「レンズが多少大きい(太い)ぐらい」が格好良いのでは、と思っておりまして、
個人的には「α900+ゾナー」がひとつの到達点というべき存在です。
その感覚で見ますと、Eマウント単焦点は「ちょっと小さい(細い)かな」と思って見ているのですが、
もう慣れました。これでいいです。
私はフルサイズEマウントには「コンパクトなフルサイズシステム」であることを期待していますので、
このぐらいのサイズ感で商品展開を続けていって欲しいと思っています。
EP570688

1枚だけ試し撮りしたものを。三笠です。
後日ゆっくり記事にします。
DSC02793

今回はこの辺で。
次回以降、実写と初陣の様子を掲載していきます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EP570684

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1203-69db21bb