ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「春のイルミネーションスペシャル」その6 日本橋さくら通りで桜咲き乱れ
「春のイルミネーションスペシャル」と題してお送りしているシリーズです。
六本木ヒルズを見て回り、東京ミッドタウンに入ったところでそちらは一旦中断、
所変わって東京駅八重洲口の桜模様をご覧いただいたところまでを載せてきました。
今回は八重洲から日本橋方面に歩いていきます。

「日本橋さくら通り」という、飲食店が並ぶ道があります。
外堀通りからずっと伸びて茅場町まで続くらしいです(私は中央通りまでしか歩いたことがありません)。
その名の通り、見事な桜並木が最大の魅力となっており、この時期は花見の人出も加わってさらに賑やかになります。
EM122202

八重洲口にも桜はけっこうありまして、このような写真を撮るにも被写体として重宝します。
写真でお察しの通り、前回の八重洲から対角魚眼レンズ「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」が登場しています。
六本木に行った時に、六本木駅を出てメトロハットのエスカレーターを上りながら「ああ魚眼かあ、持ってきてないわ考えもしなかったわ」
と後悔したもので、八重洲日本橋編にはキッチリ持ち出してガッツリ使わせてもらいました。
この先の記事で「八重洲日本橋編のベストショット(当社比)」という写真が出てきますが、魚眼で撮ったものになります。
EM122201

日本橋さくら通りに行く前に、八重洲あたりをもうちょっと。
奥のグランルーフにピントを合わせました。
EM122190

こちらは12-35の広角端で思い切り上を見上げて撮りました。
「桜」と「大丸の低層部分」の両方にピントが行くように考えたつもりですが、シャキッと写っていますでしょうか。
EM122197

さて、日本橋さくら通りに入っていきます。
私も含めて見物人が多く、みんなシャドウに出てスマホを構えたりしているものですから、
時々やって来る車がクラクションを鳴らして騒々しい(笑
もちろん私は車が走ってくる気配のない時に出て撮っていますが、子供連れで結構危ないことをしている人達もいました。
週末は歩行者天国になっていたそうですが、賑わっていますからそれぐらいしないといけないでしょうね。
日本橋六之部連合青年部「日八会」公式ホームページ
EM122207

魚眼レンズで、桜の花におもいっきり近寄って撮りました。
一応周囲の状況も計算したつもりですが生かされているかどうか。
私個人的には頑張った写真ですけれど、上でちょっと触れた「ベストショット(当社比)」はこれとは別の写真です。
EM122205

そして見えてきました、日本橋高島屋です。
この組み合わせで撮りたかった、日本橋での目的地のひとつです。
日本橋の桜と重要文化財たる髙島屋本館(別館は現在再開発で建て替え中)とのコラボレーション!
この時期にしか見られない風景のひとつ、と言えます。
EM122219

まさしくここを撮りたかったのだ!というわけで、もちろん縦位置でも押さえています。
街灯の影響をモロに食らったので、この写真についてはリサイズ時に明るさの修正を行っています。
だからというわけではありませんが、上の「横位置」の方が私としては納得の出来ではあります。
EM122222

今回はこの辺で。
丸善でちょっと本を探した後(目的の本はありませんでしたが)、さらに移動していきます。
次回はその日本橋の夜撮りスナップを掲載していこうと思っています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1196-fa131965