">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > α900@世界貿易センタービル
2009/03/08 Sun 22:34 ソニーα
浜松町の世界貿易センタービルへ行ってきました。
もちろん、夜景のリベンジが目的です。
先月行った「サンシャイン60」の夜景撮りが不完全燃焼気味に終わったので、練習がてら気分転換がてら場所を変えて…と考えました。

RFNDMDQ1NzPe_w_enlargement.jpg

RFNDMDQ2MDPY9A_enlargement.jpg

私は世界貿易センタービルの展望台へは初めてあがりました。
ここは良いですね。
高層ビルの展望台は数ありますが、ここはいくつかの理由で他の場所よりも良いスポットかもしれません。
第一の理由は、あまり人がいないことです(笑
が、
最大の理由は、
「窓ガラスに接近できる」ことにあると思います。
窓ガラスに接近できることが何故「良い」のか。
カメラのレンズの先端を窓にくっつけて撮れるからです。
では、カメラのレンズの先端をくっつけて撮れることがなぜ「良い」のか。
私的には理由がふたつあって、
①手ブレを防ぐことができる
②窓ガラスに背後の光が写り込むのを防ぐことができる
というものです。
①については言わずもがな、三脚を広げることがはばかられる場所においてはかなり大きな手ブレ防止手段になります。
カメラを傾けるのに多少制約がかかりますが、それを差し引いてもメリットは大きい。
また、②についてもこれ以上の対策は無いのではなかろうかというほど効果があります。
余計な光の写り込みを防ぐという一点に関して言えば、偏光フィルターより確かな効果があると言えるでしょう。
そして、この①②の恩恵を受けることができる程度に窓ガラスに接近できるこの世界貿易センタービルは、とても良い夜景撮影スポットだということになります。少なくとも私にとっては。超今更ですが;
厳密に言うと、レンズを窓ガラスにくっつける際には、窓ガラスを傷つけないよう充分に注意を払う必要があります。今回はレンズ先端に輪ゴムをつける、という対策をたてました。

RFNDMDQ2Mzff_g_enlargement.jpg

というわけで三脚は無し、すべて手持ちで撮っています。ISO感度は400を基本に、800でも多少撮りました、といった感じです。
レンズは大三元を持参しました。

RFNDMDQ2NDLb-w_enlargement.jpg

余談ですが、この建物は浜松町にあるものの、対岸のお台場を狙うには場所が微妙です。
ちょうどお台場を遮るようにビルが立っているので、レインボーブリッジに関しては他の場所から撮りましょう。

RFNDMDQ2NTLc_Q_enlargement.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/119-983e81c8