ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「久々に私的撮影で歩きました」その5 大手町を見上げながら
前回に続き、神田から大手町を歩いたというエントリとなります。今回で一区切りです。
ゴールはいつものあそこ、なのですがそれは記事を順に追っていただくとして、
大手町から丸の内にかけては、超高層ビルが林立する日本有数のビル街です。今もガンガン開発中。その勢いはものすごいですね。

前回後半で触れた大手町の遊歩道は完成していますが周辺はまだ開発されきっておらず、
ニューヨークの金融街を思わせる高層ビル群がある一方で、スコンと抜けたような風景も見ることができます。
EM141499

高層ビルを見上げています。
平日で明かりも多いとはいえ、それでもカメラはISO1600という私が設定したISO感度オートの上限に張り付きっぱなし、
その上で、ビルの輪郭の直線や、壁面のタイル、天井の模様などを見るに「解像感あるねえ」と感嘆します。
画像はブログ掲載用に縮小していますからノイズ感は若干抑えられますがそれを踏まえても私には充分な写りです。
EM141500

大手町のランドマーク、サンケイビルのマカロニオブジェです。
こういうシーンこそ「パートカラー」の出番だったか。不覚を取った(笑
広場では何やら音楽ライブイベントをやっていました。スタッフの数がすごくてこれは撮影禁止っぽいなということで次行こう次。
EM141501

大手町駅前交差点です。この界隈が私が勝手に想像する大手町のイメージに近いですね。
一時ここらに通うことがありましたが今は時々しか行かなくなりました。
EM141506

大手町を後にして丸の内エリアに。新丸ビル前です。
色々行って結局このあたりに出てくることになるのです(笑
EM141519

上の写真とほぼ同じ場所で、向きだけ変えて撮った感じです。毎度おなじみ東京駅です。
今回は「OM-D E-M1」と「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」の組み合わせで一貫して撮っていました。換算50mmです。
最近は特に、街スナップはもっと広角側の「換算30~35mm」あたり、日によっては「換算16~24mm」を使っていたもので、
いわゆるひとつの標準画角と言われている換算50mmの感覚が薄れていました。
広く撮ろうと思うと「狭いなこれ」、特定の被写体を狙うと「広いなこれ」という、新たにレンズを買った直後の感覚みたいな。
それでも徐々に馴染んでくるらしく、前々回前回と順に比べていただきますと、
「何となく慣れてきてるな」感が出ているのではないでしょうか。出てませんか。うそ~ん
最近は「標準画角の広角化」が言われていますよね。以前なら50mmが標準とされていたのが今では35mmとか28mmとか。
要するにキットレンズも含めて広角側の画角を手に入れやすくなった、ということのようですが、
だとすると人間の欲求というのは「より広角に」目が向いているということなのでしょうか。
CP+でどなたかが語っていましたと思うのですが「人間の欲求は望遠に向かう」というお話にも納得できることがありました。
まあ人それぞれなのでしょう。私に関しては標準画角は70mmっぽいです(しっくり来る感が)。
EM141517

丸の内ドーム駅舎は何度も撮っていますが、
写真を見て北口か南口か当てられる人は東京駅通か丸の内ビジネスマンかのどちらかですね!
EM141528

今回はこの辺で。最近「以前にも書いたネタだけど知らん顔してまた書く」ということが多くなってきました。
基本的に時系列での閲覧に最適化されているメディアですから、それもまた良し!だと思ってやっています。
オリ25mmを私は久々に外で使いました。最近は我が家でキューポッシュ専用になっていました(笑
そう言えばキューポッシュ新製品出なくなりましたね。まあ春香さんがいるからいいんですけど。
次回はまた別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM141526

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1184-778e951a