ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「湯けむり温泉撮影」後編 今年最後の雪景色 αについてもう少し
前回に続き、雪の温泉湯けむり撮影関連エントリです。
数日間滞在して宿を貸し切りの上でひたすら撮る、ということをしていました。
平たく言えば仕事なんですけれども私は動画班でしてひたすらムービー、ムービー、ひとつ飛ばして魔貫光殺砲!という感じでした。
写真班と動画版に分かれて撮影していく、と。それぞれシチュエーションを変えて撮っていきます。
打ち合わせは場所の取り合いだけでしたね。より広くて明るい男湯で写真、若干狭めで陰になりやすい女湯で私は動画を回していました。

昼食などをとっている余裕は全くないはずなのに、一瞬空いた時間でブログネタを探すという私にしては珍しい貪欲な動き。
宿のヌシらしきネコにご挨拶です。
DSC01652

雪は降ったりやんだりでした。前回の写真では結構降っていたようなものを載せましたね。
こちらはチラホラ、ぐらいの時に撮ったものです。
DSC01590

宿は和風の雰囲気が素敵でした。
撮影に利用できそうな小物も充実していましたね。
DSC01616

夜になり、仕事の撮影は終わっても合間に雪景色をゲットであります。
南関東在住の身にとっては年に何度も見られない風景ですので、とても新鮮な気持ちで向き合うことができました。
DSC01801

さて。今回はここからが本番、かもしれません。
前回同様、ソニーαについてまたちょっぴり書いてみます。悪口じゃないですからね(笑

●ソニーαは意外な方面からブレイクするかもしれない

私はαを使いました。写真の方はキヤノンです。私の周囲のプロではニコンは完全にいなくなり、キヤノンばかりになりました。
これは想像ですが、動画の仕事も踏まえて5D系を用意しておきたい、ということなのでしょうかね。
ただ、最近はテレビとかの本格機材ではなくウェブ界隈の動画作成にはαが徐々に進出しているらしいです。
movで録画して、それを編集してYouTubeなどにアップロードして企業サイトに貼る、みたいな分野での話ですが。
レンズは一式今までどおりキヤノン、だけどボディは動画用にソニーα7系も用意しておく、みたいな動きがあるそうで。
「EOS70D」なども含めて、低予算組の動画カメラの有力候補、という話なのでしょう。
そうなったきっかけはα7の登場、もっと具体的にはα7Sが決定的だったみたいです。
全体からするとまだまだ小さな動きなのだとは思いますが、
ソニーには写真分野ではなく映像分野ではプロ仕様機材に対する実績も支持もありますから、普及するかもしれません。
プロユース、という思いがけない方向からαがブレイクするのかもしれませんね。

私個人としてもαを気に入って使っています。
結局α7IIの手持ち動画撮影時の手ぶれ補正効果は私が期待したものではありませんでしたが、
それを差し引いても根本的に画質が良いもので、手放せません。
avchdで生成されるmtsファイルはPremiere Proで読み込むと稀に数コマエラーを起こすようですがこれ解消法あるのかな?
でもXAVC Sでの撮影に移行した結果、それもなくなって快適です。
次期α7系モデルはには、ボディ内手ぶれ補正の動画撮影時での効果向上を狙って欲しい!と思っています。

●αの裏ワザ!動画撮影時のフリッカー対策

東日本では動画撮影時、フリッカー対策に「1/50秒、1/100秒」のシャッタースピードを設定することがあります。
ですので、キヤノン、パナソニック等の「映像に強いメーカー」のカメラですと、シャッタースピードを「1/50秒、1/100秒」に設定できます。
最近動画に力を入れているオリンパス機でも可能になりましたね。機能としては必須と言っていいでしょう。

しかし、α7ではそれができないのです!1/30,1/45,1/60,1/90,1/125秒…となっています。
それだと「自分で光を用意できない、会議室の蛍光灯で撮影するしか無い場合とか緊急避難できないのでは?」となります。
でも心配御無用!正確には「本当はできるんだけど、その事がどこにも説明されていない」だけなのです。
ウェブでも見ないな、どこかで説明あるのかな。マニュアルにも書かれていないので裏ワザってことなのでしょうきっと。

で、その方法なのですが。
ボディ上面右端の「露出補正ダイヤル」を、「0」以外に合わせますと、シャッタースピードの選択肢が変わるのです!
1/30,1/40,1/50,1/60,1/80,1/100,1/125秒…と変わります。これにはびびった!裏技もいいところだ!
α7シリーズで1/50秒にして撮りたい方、動画撮影でしか需要はないでしょうが、興味ある方はお試しください(笑

もっとも、後で補正するからどうでもいいよそんなの!って方も多いでしょうね。
私も「 AviUtl 」使わせていただいていますが、それでも現場で対策しておくことは無駄ではないと思っています。
え?ライティングでカバ-しろって?そんな良い現場ばかりじゃないんすよマジデ


今回はこの辺で。温泉編はここまでです。
久し振りにαについてじっくり書けた記事でした。また機会があれば。
次回はまた別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1179-6eef4208