ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」その12 小石川後楽園で梅三昧 後編 日陰も撮りやすい
前回に続き「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」を持って小石川後楽園に梅を撮りに行ってきました、というエントリとなります。
実はこの日、私はなぜか最短撮影距離(70cm)は大いに意識して積極的に寄って行って撮っていましたが、
せっかくのチャンスなのに望遠端をほとんどまったく使っておらず、やたら120mm(換算240mm)あたりを使っていたようです。
望遠端まで回して撮った写真がほとんどありませんでした。
私の感覚はせいぜい換算200mmまでしか養われていなかったのだ、それ以上の望遠域は使いドコロを把握できていないのだ、
という風に理解しました。これは今後の課題ですね。積極的に持ちだして学んでいこうと思います。

EM181088

前回は逆光下で撮った写真ばかり掲載しました。今回はその他に「日陰で撮った写真」も併せて掲載していきます。
私のセンスですと日陰などでは「ホワイトバランス・日陰(曇天)」などを活用して、とにかく黄色く撮ろうとしてしまいます(笑
今回は心を鬼にして「ホワイトバランス・太陽光」で撮ってみました。
私のセンスではないですが、この方が良いかも。
EM181086

結果として上手くいっているかは分かりませんが、一応背景のボケの配置も気を使っているのですよ!ほんとです!
ちょっとずつ上下左右にずれながら、ボケの具合を見定めつつ何枚も撮ったりすることもありますね。これ勉強ネー
EM181072

これはEXIF見てみないと何とも言えませんがたぶん「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4」を使ったはずです。
15mmだとこの位置関係では背景があんなにボケないように思います。
いやノクチクロンだったかな?まあいいや、忘れたということで(笑
EM181080

寄ったり引いたり、構図は色々と変えて撮って、それを一応考えながら並べて記事にしていますが、
それでもひたすら梅ばかり載せているとやっぱりブログ記事としては飽きられてしまいます。
ですので、箸休めといっては失礼か、別の草花を載せるというのは大いにアリなんですよね。
特に今回のように人を入れた写真をほとんど撮っていない時は、こういう写真がブログ的に重宝します。
EM181109

逆光で撮った写真ですので流れ的には前回向けの写真と言えばそのとおりですね。
小石川後楽園の写真を、前後編2回分と定めて振り分ける際に、多少毛並みの違う写真を互いに交ぜ込んでいく感覚です。
私個人としては今回の逆光写真の中ではこれがいちばんお気に入りかもしれません。
枝を光で溶かせるようにと、エグザイルのように動いてポジションを探った気がします。
EM181076

そんなわけで、滞在時間は1時間そこそこでしたが楽しく撮ることができました。
これから梅→桜みたいな、春ならではの写真を撮ろうという時ですから、良いタイミングで40-150を手に入れることができました。
40-150ももちろん良いですが、ノクチクロンもパナ25もパナ15も良いですよね。バリバリ使いました。
レンズ4本、うち1本は大口径望遠ズーム、それでもバッグが軽い!これはとてもありがたいことです。
EM181111

今回はこの辺で。
そう言えば前回ちょっぴり書いたオフ会の件ですが、
●開催地:横浜駅近辺(駅から徒歩圏)
●開催日時:3月下旬~4月中旬の土曜日いずれか、18~21時ぐらい
●内容:食事会
●予算:コース料理でひとり5000円程度の参加者実費負担
●募集:若干名先着順
で考えていますが、まだちょっぴり流動的です。
もし興味を持ってくださる方がいらっしゃいましたら、あらためて正式告知した時にはぜひご検討お願いします。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1171-e825c552