ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」その10 東京フロントライン(4)寄る人少き晴海大橋
オリンパスから絶賛発売中の大口径望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」関連エントリとなります。
ここしばらく「東京フロントライン」と銘打って湾岸(とは厳密には違いますが)地域の開発っぷりをスナップしてきました。
今回はその最終回となります。
きらびやかなライトアップがあるわけでもなし、人の営みをスナップできるわけでもなし。今はまだ何もないところを歩きました。
「周囲に何もないゆりかもめ市場前駅」と、半ば揶揄するかのように書きもしましたが、だってほんとに無いんだもん!
EM150972

豊洲新市場は、今はまだ何もない、だけど来年には巨大な施設が運用開始されて築地の賑いが引っ越してくる、
という期待感がどことなく漂うような場所でした。
そこを離れまして、更に歩きます。豊洲から晴海に渡る大きな橋、晴海大橋です。
EM150984

晴海大橋は一般道として人も車も通行することができます。その上に現在首都高晴海線が建設中だそうです。
眺めが良い&銀座へのアクセスが容易ですので(晴海通りですから、銀座四丁目交差点まで一直線です)、
市場が開き、周辺がさらに整備されていくと、ここも夜景スポットとして広く知られる存在になるかもしれません。
EM150994

その晴海大橋から眺めたレインボーブリッジです。
40-150で、ある程度望遠に回して撮りましたので大きく写っていますが、実際はここはレインボーブリッジから距離がありますから、
こんなに大きく見えるわけではありません。晴海ふ頭よりもうちょっと遠い、ぐらいの位置関係です。
手前に暗く写っているのが豊洲大橋と言いまして、じつは今回の目的地のひとつとしていた場所なのですが、
まだ建設中で立ち入ることも出来ませんでした。このあたりは下調べが甘かったとしか(笑
EM150995

晴海大橋に目を戻してみます。
橋は高低差がありまして、橋の両端から中央部まで、坂道をのぼっていくような感覚になります。橋の下に船を通すためでしょうか。
その橋の上から晴海方面を眺めて、ライブコンポジットで撮ってみました。
露出を色々変えて何枚か挑戦したのですが、今回は何となくこれを掲載します。
EM150998

と、そんなこんなで江東区を離れて中央区に戻ります。この後帰路につきました。
晴海大橋は大江戸線勝どき駅、ゆりかもめ新豊洲駅、トリトンスクエアから徒歩で行くことができます。
東京駅~有楽町駅~銀座四丁目~晴海ターミナル(もしくはビッグサイト)を結ぶ都バス「都05系統」に乗りまして、
「晴海三丁目」で降りるのが最寄りとなり、私としてもおすすめです。
1時間に7~8本、比較的遅い時間まで運行しているのもポイントでしょうか。
EM151005

今回はこの辺で。
有明~豊洲~晴海あたりは只今、猛然と開発されている印象でした。
2016年の市場移転、2020年のオリンピックでひとまずの完成を見るのだと思いますが、その前に行けて良かった。
埋立地の「とりあえず土地を作りました」感も満喫できて、良い経験になりました。
行ったところは地図で言うとここです(Google Mapへのリンク)


40-150PROについて集中連載してきましたが、今回でいったんこの流れは終わります。
次回からまた別のネタをご用意する予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM151007

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1165-6b3cdef9