ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」その6 秋葉原中央通りでちょっぴり
オリンパス人気の大口径望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」関連エントリです。
前々回から続いている「やっぱ夜撮りでしょ」と題したシリーズは、今回までとなります。
上野不忍池からスタートし、湯島天神を経由して、御茶ノ水に行こうと思ったのですが事情で秋葉原に。
というわけで今回は秋葉原編となります。しかも中央通りをささやかに撮っただけで恐縮です。
EM190755

ちょっと時計の針を戻しまして、湯島天神を出るところから。
湯島天神は上野~御徒町~秋葉原から見ると、丘の上にあるような位置関係にあります。
ですからこのあたりは坂道や階段がそこかしこにあって、それもまたスナップとしては嬉しいですね。
タモリが「高低差マニア」を自称するのも分かる気がします。
そういえばブラタモリ最新作、いよいよ来月からですね。
どれだけ続くのか分かりませんが、年末ぐらいまで続いてもらって、来年の大河ドラマとかけて大阪城南部地域を歩いて欲しいなあ、
というかそうなるだろ、と密かに楽しみにしています。これ予言ということで(笑
EM190739

私はこの構図が好きでして、一つ覚えのようにこればかり試す時があります。この日がそうでした。
ボケ重視で歩行者の顔も露骨に写りませんから、これはこれで街撮りの攻略法のひとつではあります。
EM190744

中央通りを撮ってみます。こちらは40mm、換算80mmです。
通りの雰囲気を広く押さえるにはこれぐらいは欲しいですね。当ブログとしては必要な画角です。
EM190749

同じく中央通りを撮ってみます。こちらは70mmぐらいだったと思います。換算140mmぐらいということです。
看板を周辺の状況を踏まえてあらわすには、これぐらいの画角が嬉しいかもしれません。
EM190751

さらに中央通りです。こちらは望遠端150mm、換算300mmですね。
これぐらい大きく撮ることができれば私としては充分、活かし方も思い浮かばない、テレコンまではいらないな、という気分になります。
余談ですがこの写真をご覧になって「ああこれ知ってますよ」とか「第二期決定しましたね」てな話になるかというと、なりません。
ネタにしている割には大したリアクションとれませんのでご承知おきいただければ。ちのちゃん!
EM190756

中央通りに停まっていたパトカーです。向こう側に横断歩道待ちの人たちを入れてみました。
路駐かな?トラックをとめて何かしていたようですが、どういう形であれ警戒をすること自体は良いことだと思います。
EM190754

今回はこの辺で。
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PROでの夜撮り初出撃は、私としても手探りしながらのものとなりました。
私は中望遠、具体的には85mmと135mmという画角は好んで使いますが、それ以上の長さとなると夜撮りでは不慣れです。
Aマウントで70-300mmもあるにはありますが、そちらは望遠端でF5.6ですから明らかに夜撮りには不適切だと思い使いませんでした。
また、私としてはF2..8通しは「暗いレンズ」という認識ですので、手ぶれを恐れて被写体を選んでしまっています。
ISOオートの上限も従来の1600から3200に上げました。結果盛大にノイズが…
やはり私にはISO1600が限界のようです。
もっともα7IIでもISO1600までにとどめていますから、とりたてて「高感度ダメだね」というつもりはありません。
今回私が試したエリア、特に湯島天神などは「暗闇で撮っている」と言っていいぐらい暗い場所でしたから、
実はかなりの大健闘!なのです!

次回はまた別のネタを掲載していきます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1161-5410c636