ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」その2 丸の内試し撮り
オリンパスのハイスペックレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」関連エントリです。
このレンズ、とても評判が良いですね。使った人のレビューを見ましたが悪口がありません。
遅ればせながらその仲間に入れていただきましたので、これからどんどん使っていきます。

というわけで毎度おなじみ東京駅から(笑)
好評開催中のウルトラマンスタンプラリー、東京駅はベムスターとの事で、
やはりお腹の五角形が東京駅の八角形を想起させるからなのでしょうか。
EM110049

丸の内駅舎で天井を見上げ、鷲の像を撮ってみます。
普段私が使っている画角ではこんな撮り方はできません。換算300mmというのは私には馴染みが薄いのです。
余談ですが今回私はテレコンバーターは手に入れませんでした。まあいらんだろ、なら安い方でという判断です。
EM110050

国鉄185系電車です。この電車も長生きですね。いつまで見ることができるでしょうか。
私のセンスですとこの手の望遠ズームではボケを活かしながら撮ろうという発想にとどまりがちなのですが、
もちろんぼかさず撮ることもできる、ということで。
EM110048

KITTEから見下ろしてみます。こちらもボケというよりは解像力を味わおうとういう試みになりますね。
余談ながら現在工事中の丸の内駅舎前は、中央を歩道拡幅して広場のように整備し、その南北を交通広場で挟む、というプランだそうです。
2017年完成予定との事。楽しみですね。
EM120187

和田倉門交差点から日比谷方面を眺めます。今回の写真はすべて手持ち、手ぶれ抑制のために絞り開放です。
このような望遠ズームで、しかもF2.8で撮るのにパンフォーカスもくそもないのですが、
私としては全体を撮りたい時はいつも「手前1/3の距離」で撮る癖がついています。
絞らない時も多いですからあまり意味はないんですけどね。まあ、癖です。
EM120133

皇居のお堀に住んでいる白鳥を撮りました。羽ばたきそう!と思った瞬間を狙って連写です。
ピントは適当、中央一点で白鳥のボディを狙いました。暗くてシャッタースピードが遅いので、止めきれていません。
EM120143

和田倉噴水公園の、奥の方の噴水です。
1/60秒だったかな?覚えていませんが、水が細かく写るように?この時は流しきらないぐらいのシャッタースピードを意図しました。
EM120089

今回はこの辺で。
まずは解像力をお手並み拝見、というつもりで行ってきました。
印象としては「パナ35-100が望遠側にのび太、いや、伸びた」という感じでしょうか。そのまんまですが。
そうですね、パナソニック35-100mm F2.8と描写を比較する機会も作れればいいなあと思っています。
あちらは「小さい&レンズ内手ぶれ補正」が魅力ですので、例えばGM1を持ち出す時にはパナの方が良いでしょうね。
現段階の印象では、描写力はいい勝負ではないかと思っています。オリンパス・プロレンズを見くびってるかな?(笑
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM120130

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1156-e5380628