ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7II」その18 「今年初の浅草出撃」後編 地上と地下の商店街
ソニーα7II関連記事第18弾となります。
前回に続き、浅草編となります。
思えば年を明けてからひたすら夜撮りの写真ばかり載せてきました。
この浅草編が、当ブログ2015年はじめての「昼写真」となります。そう振り返ると偏ってますね(笑
でもまあ特色といいますか、これがうちのカラーだから、と言おうと思えば言えるのかな?
どのような形であれ、蓄積と継続は力になり得るのかもしれないなあ、と思いつつやらせていただいています。
今回は昼写真なんですけどね(笑
DSC01410

今回もソニーα7IIの機能「ピクチャープロファイル」の写真への転用、という手法で挑戦しています。
ピクチャープロファイルとはソニーのビデオカメラの色補正機能のひとつで、スチルカメラではα7Sに初搭載、
続けてα7IIに搭載され、動画目的でα7シリーズを考えておられる方には背中を押してくれる要素になるのではないか、
と思えるほど、私個人的には気に入って使っています。
まだ記事に結実していませんが動画でも使用しておりまして、いずれご覧いただける機会もあろうかと思っています。
DSC01432

枕を書きつつ写真をどんどん掲載しています。
ピクチャープロファイル4をカスタマイズして、彩度を-32、最低にして撮りました。
彩度ひとつとっても+32~-32段階と細かく調整できることが驚きですが、彩度最低でもわずかに色は残す、
Photoshopで言うところの「自然な彩度」を思わせる調整も可能です。
DSC01393

逆に彩度を+32、最大にしてみます。
映像の色調整が本来の目的ですので、+32と聞くとものすごくビビッドになるような印象ですよね。
実際はこんな感じです。破綻しないレベルで彩度をコントロールしていきます。
きめ細かい調整ができる、というのが魅力なのですね。
DSC01399

と、ピクチャープロファイルで遊びつつ辿り着いたのが浅草地下街です。
日本最古の地下商店街のひとつ、ということで知られ、今やカルトスポットとしても知られています。
地下鉄銀座線の改札を出てすぐ、東武浅草へ続く地下道から外れたところにひっそりと?いや堂々と営業中です。
DSC01421

私が通りがかったのは平日午後でしたので人通りは少なく営業しているお店も少なめでした。
ちょい飲み屋さんなども多く、夕方以降はそれなり繁盛ぶりを見ることができます。
DSC01415

地上に目を戻します。
浅草に限った話ではありませんが、おせんべい屋さんをちょくちょく見かけることができます。
DSC01405

商店街でよく見かけた様式の喫茶店です。こちらも彩度-32で撮りました。
ドラマ「Mother」のラストシーンで、クリームソーダを飲むシーンがありましたが、
私の脳内ではこのような年季の入った喫茶店だったのだろう、と想像をふくらませておりました。
DSC01404

浅草六区の風景です。
ド派手なドン・キホーテがROXに続くランドマークとして認知されていますが、他にもどんどんビルが建てられています。
楽天地ビル、というと東宝グループなのでしょうか、大きな商業施設も建設されておりまして、
演芸と映画の街もショッピングゾーンとして上書きされていくのかもしれませんね。
DSC01434

今回はこの辺で。浅草編はここまでです。
久し振りに昼撮りをしまして、何だか「いやあ何を撮ったらいいんだか」という気持ちにもなりました。
夜撮りはじつは被写体に選択肢が少ない分、スナップには必要な「気付き」の精神が昼に比べて少なくて済むような気がするのです。
夜撮りが売りだから、と落ち着くことなく、また昼スナップも勉強しようと思いました。
ということで次回はまた夜撮りに戻ります(笑
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01433

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1131-7ab835ac