ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7II」その17 「今年初の浅草出撃」前編 浅草寺
α7II関連エントリも17回目となります。
20ちょっとまでは続けて書くつもりでおりまして、その後少しマイクロフォーサーズに移るかもしれません。
例年1月はネタに苦労する印象があり、今年もα7IIを手に入れていなかったらどうなっていたかと(笑
昨年の積み残しがありますので、私の記憶が薄れてしまわないうちに書いてしまいたい。
そちらもぜひご覧いただければと思います。よろしくお願いします。

さて、今回は記事タイトルに書きましたとおり、浅草です。私としては今年初めての出撃となります。
前後編でお送りいたします今回は前編・浅草寺編です。
毎度毎度訪れていて当ブログ的には定番スポットのひとつではありますが、今回はα7IIで行きましたという点、
そして最近お気に入りの「ピクチャープロファイル」を使用した、という点が特徴となると思います。
こんな感じです。
DSC01379

赤が適度にくすんで風格が増しているかな?と感じます。
テレビドラマなどの映像、特に毎週放送するなどの作品ほど、コントラストも彩度も抑え目ですよね。
先日放送されたフジテレビ系列の「オリエント急行殺人事件」も昭和初期を想起させるような補正が行われていて、
おおこの色合いはピクチャープロファイルでも再現できるのかも?などと思いながら見ていました。
大河ドラマ「花燃ゆ」もそうですね。てか、ビビッド・ハイコントラストな映像ってキャシャーンとか蜷川実花作品とかでしょうかね。
DSC01386

それはともかく。
動画のためのモードですから1/60秒シャッターを維持しようとするなどの「写真を撮る上での制約」がある場合も。
ですが、それを差し引いても「写真に使える」が私の感想です。
DSC01388

紫というと私などはまずは鮮やかな色に撮ろうとしてしまうのですが、
多少枯れた風合いに撮ることができて、これもまた嬉しかったりします。
DSC01387

こちらはピクチャープロファイルをオフにして撮ったものです。
赤が鮮やかに出ていますし、この商店街は新しいものですので実際もこんな感じです。
上のピクチャープロファイルを反映させた写真と比べていただくと、その違いがはっきり出ていますね。
DSC01366

ピクチャープロファイルには、7つのプリセットモード、それぞれについて豊富なカスタマイズ設定が用意されています。
クリエイティブスタイル(スタンダードとかビビッドとかモノクロとか)ですと、カスタマイズするにも限られていまして
「コントラスト・彩度・シャープネス」をそれぞれ+2~-2しかできませんが、ピクチャープロファイルはその比ではありません。
奥が深そうだなと思いました。
DSC01378

今回はこの辺で。
浅草編は次回も続きます。冒頭の書きましたとおり、ピクチャープロファイルを試した、という流れになりそうです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01391

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1130-a31c272d