ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7II」その16 「ぼくの初詣」後編 靖国神社
2015/01/18 Sun 03:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニー評判の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
「ぼくの初詣」編として、前回の続きを書きます。
仕事帰りに初詣、ということで東京駅を出て丸の内~大手町と歩いたあたりの写真を掲載してきました。
さらに歩いていきます。
目指したのはここ、靖国神社です。
DSC01105

東京駅からまったりお堀の近くを、ほぼ東西線の上を歩いて行くようなルートで進みました。
お堀沿いの歩道は雰囲気も良いのですが残念なことに皇居ランナーに占拠されている状態でして、
善良な歩行者は現在、とてもではありませんがゆったり散歩などできません。実際私もヒヤリとすることがあります。
DSC01082

話がそれました。九段会館です。渋いですね。
震災の時の事故で営業停止して、今は中に入ることができません。私はホールに数回入ったことがありますが、随分昔の話です。
戦前からある貴重な建物ではありますが、危険があるのならば閉鎖も仕方がないですね。
DSC01092

昭和館です。主に太平洋戦争中の庶民の生活を再現展示、記録を保存している資料館です。
ここはオススメ、「楽しい」という表現が適切な場所ではありませんが、学ぶことが多い場所です。
このブログでも書いたことがあったような?
DSC01093

そして到着しました靖国神社。
大通りがすぐ横を走るはずなのに、ここに来ると静けさすら感じます、なんでだろ。
DSC01096

大村益次郎像です。用兵の天才、とされる人物です。
靖国神社は明治維新以後の国難にあたって亡くなった方を祀っている神社です。
が、敵方、例えば幕府軍、新選組とか西郷隆盛などは祀られていないそうですね。
知識不足の私の主観で恐縮ですが、靖国神社の成り立ちは一般的な知識程度には存じているつもりですが、
その上でその「線引き」は、今からでも撤廃できないものなのでしょうかね。
現代の感覚に沿わせようというのは傲慢なのかもしれませんが。
鎮霊社はそのために建てられたのだろうか、などとそんなことも考えたり。
DSC01101

私がここに辿り着いたのは19時頃です。まったり撮り歩いていたもので、この時間になってしまいました。
既に閉門されていました。残念。
普段靖国神社は夕方で閉まってしまうことは知っていましたが(以前にも閉門でがっかり、という経験があります)、
年明けのこの時期はまだ初詣需要がおさまりきらないはずで、ある程度は夜間も開いているのでは、という打算がありました。
ところがどっこい完全に通常営業のようで、既に人っ子一人いない状態でした。
写真でも見えますが門の手前の小さな木箱がお賽銭箱でして、ならばということでささやかながら初詣してきました。
DSC01106

帰りに歩道橋の上からパシっと1枚。
今回歩いたあたりはいわゆる「御三卿」ゆかりのエリアだそうで、一ツ橋やら田安やら清水やら、そんな地名を見かけます。
昔は大名屋敷の敷地でした、みたいなお話が楽しいサイト
東京散歩「江戸史跡散歩」(江戸の大名屋敷跡を歩く)
見ていると東京の写真散歩に行きたくなるサイト様です。リアルブラタモリいかがでしょう。
DSC01116

今回はこの辺で。初詣編はおしまいです。
α7IIネタ集中連載はもう少し続きます。次回は別のところへ行った時の写真を掲載する予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01107

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1129-068ebaf1